2017.3.26

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

“迷走”民主の明日なき代表選 政治経済

“迷走”民主の明日なき代表選
「改革」の雄たけびは勇ましくも中身はなし

政治経済 民主党の代表選挙に岡田克也、細野豪志、長妻昭の3氏が立候補しており、18日の臨時党大会で新たな代表が選… 2015.1.13
事実に「角度」をつける特殊なフィルター、朝日イズムは一体どこからやって来たのか 政治経済

事実に「角度」をつける特殊なフィルター、朝日イズムは一体どこからやって来たのか
2015年に考えたい戦後日本のあり方

政治経済 第三者委員会の報告書が触れているわけではないが、朝日のいわば「思想」には、戦後の日本の左翼と同様のポ… 2014.12.29
自民党はなぜこれほど圧勝したのか 政治経済

自民党はなぜこれほど圧勝したのか
それでも決して順風満帆とは言えない安倍内閣の前途

政治経済 今度の選挙は、表面的には自民党の大勝、共産党の倍増以上の躍進が特徴となった選挙である。だがこのどちら… 2014.12.15
PR PR
「解散理由」うやむやのまま選挙に突入、安倍長期政権の目論見は実現できるのか? 政治経済

「解散理由」うやむやのまま選挙に突入、安倍長期政権の目論見は実現できるのか?
野党は「当たって砕けろ」で論戦を

政治経済 安倍首相は、「選挙の勝ちか、負けかは、政権選択。どちらの勢力が過半数を取るか、どちらの勢力が選ばれる… 2014.12.1
吉と出るか凶と出るか?まさか解散総選挙とは 政治経済

吉と出るか凶と出るか?まさか解散総選挙とは

政治経済 成功すれば、政権基盤を強め、安倍政権の長期政権への展望を切り開く可能性を持っている。ここにこそ、解散… 2014.11.14
PR “迷走”民主の明日なき代表選
「改革」の雄たけびは勇ましくも中身はなし
[筆坂 秀世] 2015.1.13
事実に「角度」をつける特殊なフィルター、朝日イズムは一体どこからやって来たのか
2015年に考えたい戦後日本のあり方
[筆坂 秀世] 2014.12.29
自民党はなぜこれほど圧勝したのか
それでも決して順風満帆とは言えない安倍内閣の前途
[筆坂 秀世] 2014.12.15
PR 「解散理由」うやむやのまま選挙に突入、安倍長期政権の目論見は実現できるのか?
野党は「当たって砕けろ」で論戦を
[筆坂 秀世] 2014.12.1
吉と出るか凶と出るか?まさか解散総選挙とは [筆坂 秀世] 2014.11.14 「転落者」「軍国主義復活」「ブラック企業」・・・、思考停止がもたらすレッテル貼り [筆坂 秀世] 2014.11.4 PR 憲法9条にノーベル平和賞なら受賞者はマッカーサーだ
9条は本当に守られてきたのか?
[筆坂 秀世] 2014.10.20
左翼はなぜ力を失ったのか
すがるのは「民主主義」、保守に対抗できる価値観が欠落
[筆坂 秀世] 2014.10.6
戦後「左翼」の罪深き思考停止
朝日新聞の虚報、捏造の背景にあるもの
[筆坂 秀世] 2014.9.22
PR 「独裁体制」築いた第2次安倍改造内閣、アキレス腱は経済動向
決断が求められる消費税10%への引き上げ
[筆坂 秀世] 2014.9.8
「千年恨」に付き合ってはいられない
「日韓関係悪化は韓国のせい」と野田前首相
[筆坂 秀世] 2014.8.25
中国を支える共産党の伝統的「愚民思想」
共産党の本質はどこの国でも変わらない
[筆坂 秀世] 2014.8.11
日本はベトナムの正義の戦いを支持せよ
「ベトナムは中国に屈しない」と断言するグエン博士
[筆坂 秀世] 2014.7.28
白日のもとにさらされた地方議会の品質
号泣県議と出来の悪いヤジ
[筆坂 秀世] 2014.7.14
いよいよ集団的自衛権の行使が可能に、戦場に出向く自衛隊員に心を砕くべし [筆坂 秀世] 2014.6.30 「腐敗した体制」はいつまで持ちこたえられるのか
日本は臆することなく中国の無法ぶりを批判せよ
[筆坂 秀世] 2014.6.16
どろどろの人間模様が見えた「日本維新の会」の分裂
前向きな政界再編は進むのか?
[筆坂 秀世] 2014.6.2
安倍首相が甦らせる祖父、岸信介の憲法解釈
集団的自衛権の行使容認は当然の流れ
[筆坂 秀世] 2014.5.19
日本を「丸腰」にさせたがっている護憲派
抑止力なくして中国の膨張主義に立ち向かえるのか
[筆坂 秀世] 2014.5.7
知恵者、高村氏の「限定容認論」、集団的自衛権論議は迷路から抜け出せるのか? [筆坂 秀世] 2014.4.21
前へ 次へ