2017.10.24

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

政治を読む

報道機関の政治記者、フリージャーナリストらが永田町・霞が関に構築した人脈の海を泳ぎ回り、政局の底流にメスを入れる。政策論、権力抗争など、様々な角度から政治の裏舞台を論じ、日本がとるべき針路と現実のギャップを浮き彫りにする。

若者が割を食う摩訶不思議な「被選挙権」ルール 政治経済

若者が割を食う摩訶不思議な「被選挙権」ルール
日本の若年層はこうして政治から締め出されている

政治経済 今年は選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法等改正案が6月17日に成立、同19日に公布された。選挙権… 2015.8.13
憲法学者という不思議な存在 政治経済

憲法学者という不思議な存在
こんなに影響力があるとは知らなかった

政治経済 安保法制の審議で俄然注目を集めているのが憲法学者の存在である。「憲法学者がこうまで世論に影響があると… 2015.8.4
新国立競技場問題、下村氏と森氏は退場を 政治経済

新国立競技場問題、下村氏と森氏は退場を
世界に赤っ恥、あきれ果てる迷走の行方は?

政治経済 何らの痛痒も感じていないばかりか、失言、放言が止まない森喜朗東京五輪組織委員会会長は会長職にふさわし… 2015.7.21
PR
PR
シルバーデモクラシーで日本はギリシャの二の舞に 政治経済

シルバーデモクラシーで日本はギリシャの二の舞に
若者が危機意識を持たないと財政破綻は免れない

政治経済 日本の政治は、日本人の過去に蓄積した膨大な金融資産に依存して政府が借金を積み重ねることで、人口構造が… 2015.7.9
河野談話も村山談話も日韓関係を改善しなかった 政治経済

河野談話も村山談話も日韓関係を改善しなかった
2人の「上から目線」に強い違和感

政治経済 このところ河野洋平元官房長官や村山富市元首相の「上から目線」の発言が止まらない。村山氏は、「河野談話… 2015.7.7
PR
PR
PR
若者が割を食う摩訶不思議な「被選挙権」ルール
日本の若年層はこうして政治から締め出されている
[鷲尾 香一] 2015.8.13
憲法学者という不思議な存在
こんなに影響力があるとは知らなかった
[筆坂 秀世] 2015.8.4
新国立競技場問題、下村氏と森氏は退場を
世界に赤っ恥、あきれ果てる迷走の行方は?
[筆坂 秀世] 2015.7.21
PR
シルバーデモクラシーで日本はギリシャの二の舞に
若者が危機意識を持たないと財政破綻は免れない
[宇佐美 典也] 2015.7.9
河野談話も村山談話も日韓関係を改善しなかった
2人の「上から目線」に強い違和感
[筆坂 秀世] 2015.7.7
日米安保と自衛隊の撲滅は叫ばない安保法案反対派
「違憲か合憲か」に集中する矛盾だらけの国会論戦
[筆坂 秀世] 2015.6.23
PR
結局、日本の安全保障をどうするのか?
安全保障の課題は議論されない安保法制論議
[筆坂 秀世] 2015.6.9
不毛で最悪だったポツダム宣言をめぐるやり取り
ポツダム宣言は、しょせんは勝者による敗者への宣言
[筆坂 秀世] 2015.5.26
こんな議論で大丈夫か?憲法改正論議の浅すぎる中身
自分たちで憲法をつくる機会を無駄にしてはいけない
[筆坂 秀世] 2015.5.12
PR
戦後70年談話の核心にすべきはお詫びではない
謝罪を繰り返すよりも未来に向けたメッセージを
[筆坂 秀世] 2015.4.28
統一地方選、こんなのが選挙と言えるのか?
今こそ公職選挙法の抜本的な見直しを
[筆坂 秀世] 2015.4.14
靖国は日本のアーリントンではないのか
戦場で亡くなった人々を慰霊するのは当然
[筆坂 秀世] 2015.3.23
献金問題の追撃が空回り、政治とカネの馬鹿騒ぎにはもううんざり
拙速な法改正をしてはならない
[筆坂 秀世] 2015.3.6
近現代史を語れない日本はまともな国なのか?
孫娘に戦争のことを教えた故中條高徳氏
[筆坂 秀世] 2015.2.23
いよいよ憲法改正が現実的な政治課題に
今こそ戦後の日本のあり方を根本から考えよう
[筆坂 秀世] 2015.2.9
“体制派”政党になった日本共産党
我田引水のロジックで総選挙の「勝因」を分析
[筆坂 秀世] 2015.1.26
“迷走”民主の明日なき代表選
「改革」の雄たけびは勇ましくも中身はなし
[筆坂 秀世] 2015.1.13
事実に「角度」をつける特殊なフィルター、朝日イズムは一体どこからやって来たのか
2015年に考えたい戦後日本のあり方
[筆坂 秀世] 2014.12.29
自民党はなぜこれほど圧勝したのか
それでも決して順風満帆とは言えない安倍内閣の前途
[筆坂 秀世] 2014.12.15
「解散理由」うやむやのまま選挙に突入、安倍長期政権の目論見は実現できるのか?
野党は「当たって砕けろ」で論戦を
[筆坂 秀世] 2014.12.1
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR