2017.6.27

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

Financial Times

世界の金融市場が混迷を極め、経済の先行きに不透明感が増している。このコラムでは、金融、経済報道で突出した信頼性を誇る英フィナンシャル・タイムズ紙の記事をタイムリーに翻訳し、毎日1本お届けする。

最新の記事(英文)はこちら » FINANCIAL TIMES

アルゼンチン100年債に見る投資バブルの兆し 国際

アルゼンチン100年債に見る投資バブルの兆し
デフォルト常習国の国債に応札殺到、指数反転が意味することは?

国際 アルゼンチンが6月19日、満期が100年後に到来する実効利回り8%の国債を27億5000万ドル発行すると、市場で… 2017.6.27
EUの絆を試す「チェコのベルルスコーニ」 国際

EUの絆を試す「チェコのベルルスコーニ」
秋の議会選挙を前に高まる不安、元共産主義国の多くが頭痛の種に

国際 脚本家でチェコ大統領を務めた故バツラフ・ハベル氏が好んで言ったように、チェコスロバキアとその近隣諸国… 2017.6.22
無意識のうちに無秩序なブレグジットに向かう英国 国際

無意識のうちに無秩序なブレグジットに向かう英国
ばかげた迷走、総選挙で「ノー・ディール」の可能性が一気に上昇

国際 テリーザ・メイ首相は議会での過半数と権威を失った。また、EU基本条約(リスボン条約)50条発動後に利用で… 2017.6.20
PR PR
中国とインドと二大文明の衝突 国際

中国とインドと二大文明の衝突
地政学とイデオロギーがからむ新興大国の争い

国際 新しい人口統計調査によれば、世界最大の人口を擁する国は中国ではなく、インドかもしれない。非公式な推計… 2017.6.15
英総選挙後のカオスに一定の救い 国際

英総選挙後のカオスに一定の救い
政治の停滞は必至、極端なブレグジットを阻止するチャンス

国際 決定的な結果とならなかった英国の総選挙は、欧州連合(EU)との将来の関係の条件を考え直すチャンスを同国… 2017.6.13
PR
アクセスランキング
PR
PR アルゼンチン100年債に見る投資バブルの兆し
デフォルト常習国の国債に応札殺到、指数反転が意味することは?
2017.6.27
EUの絆を試す「チェコのベルルスコーニ」
秋の議会選挙を前に高まる不安、元共産主義国の多くが頭痛の種に
2017.6.22
無意識のうちに無秩序なブレグジットに向かう英国
ばかげた迷走、総選挙で「ノー・ディール」の可能性が一気に上昇
2017.6.20
PR 中国とインドと二大文明の衝突
地政学とイデオロギーがからむ新興大国の争い
2017.6.15
英総選挙後のカオスに一定の救い
政治の停滞は必至、極端なブレグジットを阻止するチャンス
2017.6.13
FBI前長官がきょう議会証言
テレビ局はこぞって生放送、全米が注目するイベントの注目点は?
2017.6.8
PR 中国は日本化しつつあるのか?
日本の株式・不動産バブル崩壊と同じ運命をたどる恐れ
2017.6.6
ベネズエラ反政府デモ、米ゴールドマンに飛び火
体制を支える「飢餓債」購入に怒り、マンハッタンの本社前で抗議へ
2017.6.1
欧州のテロを煽るイスラム宗派間の争い
英マンチェスター爆破テロとトランプ米大統領の中東訪問
2017.5.30
PR 独創的になるベネズエラ反政府デモ
糞を投げ、バイオリンを演奏・・・学生や高齢者が交代でデモ主導
2017.5.25
トランプ問題で麻痺する共和党
危険な袋小路に入り込んだ米国、誰も勇気を出せない悲劇
2017.5.23
英国からボスポラスまで、中核に引きこもる欧州
統合強化の夢を脅かすブレグジットと「拡大疲れ」
2017.5.18
マクロンとトランプと楽観論の好機
仏大統領選に見えた光明、理にかなう主張はまだ通じる
2017.5.16
ルペン敗北で極右・国民戦線の亀裂が露呈
支持基盤を広げるために党名変更も、6月の議会選挙に注目
2017.5.11
あらわになる米国の「金権ポピュリズム」
トランプ大統領就任100日、共和党の伝統的な政治を踏襲
2017.5.9
経済的な優越感を抱く英国の見当違い
税負担も公共サービスも中途半端、生産性に至ってはイタリア以下
2017.5.4
習近平主席の壮大な都市建設計画に立ちはだかる壁
深圳や浦東とはワケが違う「雄安新区」構想
2017.5.2
フランス大統領の座に手をかけたマクロン氏
決選投票に左派、右派の2大政党進めず、ほぼ60年ぶりの事態に
2017.4.27
米国の貿易政策の愚行にどう対処するか
トランプ政権の政策で赤字が減らなければ、責められるのは外国
2017.4.25
トランプとキムと核の誤算のリスク
緊迫する半島、米国の先制攻撃はあるのか?
2017.4.20
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
  • 詳細をみる
  • JBpress無料会員のご登録
PR