2016.12.8

JBpress「プレミアム会員」初月無料をお試しください。
IoTの今が分かる新サイト「IoT Today」 オープンしました!

Financial Times

世界の金融市場が混迷を極め、経済の先行きに不透明感が増している。このコラムでは、金融、経済報道で突出した信頼性を誇る英フィナンシャル・タイムズ紙の記事をタイムリーに翻訳し、毎日1本お届けする。

最新の記事(英文)はこちら » FINANCIAL TIMES

揺れるイタリア、不振銀行の支援は誰の責任か 国際

揺れるイタリア、不振銀行の支援は誰の責任か
頓挫する資本増強計画、EU金融システムの命運も左右

国際 イタリア第3位の大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナのために、50億ユーロ規模の資本増強プログラ… 2016.12.8
中国、金の輸入と人民元の流出を制限 国際

中国、金の輸入と人民元の流出を制限
外貨準備高がピークから約25%減少、資本流出に警戒感強める当局

国際 中国が人民元流出の抑制と金(ゴールド)の輸入制限を同時に実施し、世界第2位の経済大国からの資本逃避を… 2016.12.6
ジンバブエ、ハイパーインフレの悪夢再来か 国際

ジンバブエ、ハイパーインフレの悪夢再来か
深刻なドル不足で並行通貨導入、怒れる市民のデモも

国際 ジンバブエ準備銀行(中央銀行)は、11月28日から1000万米ドル相当の「ボンドノート」を輸出業者向けに発行… 2016.12.1
PR PR
サウジアラビア副皇太子の蜜月終わる 国際

サウジアラビア副皇太子の蜜月終わる
改革の痛みが表面化、非石油セクターが30年ぶりの景気後退寸前

国際 多大な権力を誇るサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子は、原油安を受けて政府が取り組んで… 2016.11.29
中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ 国際

中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ
香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・・・

国際 何年もの歳月と莫大な資金をかけた環境浄化の取り組みは、太湖の水質を大幅に改善させた。だが、莫大なコス… 2016.11.24
PR 揺れるイタリア、不振銀行の支援は誰の責任か
頓挫する資本増強計画、EU金融システムの命運も左右
2016.12.8
中国、金の輸入と人民元の流出を制限
外貨準備高がピークから約25%減少、資本流出に警戒感強める当局
2016.12.6
ジンバブエ、ハイパーインフレの悪夢再来か
深刻なドル不足で並行通貨導入、怒れる市民のデモも
2016.12.1
PR サウジアラビア副皇太子の蜜月終わる
改革の痛みが表面化、非石油セクターが30年ぶりの景気後退寸前
2016.11.29
中国の毛ガニが浮き彫りにする汚染危機の根深さ
香港当局が発がん性物質を検出、浄化作戦のモデルの湖が・・・
2016.11.24
怒れる有権者は工場で作られた
英米もどこも似た構図、それでも答えは壁の建設ではない
2016.11.22
PR 大混乱するインドの日常生活
突然の「高額」紙幣廃止、思わぬショック療法に消費者が悲鳴
2016.11.17
トランプが成し遂げた米国版ブレグジット
国民心理も選挙の展開も瓜二つ、相違点は波紋の大きさ
2016.11.15
62万ドルの駐車スペースに見る香港不動産事情
増税が株価直撃、それでもしぶといバブルは弾けない
2016.11.10
PR トランプ氏を応援する怪しいロシア移民
冷戦時代のスパイゲームの亡霊を呼び覚ます米大統領選
2016.11.8
国際舞台で派手に転ぶ中国人投資家
驕りにかけては欧米並み、買収計画が相次ぎ頓挫
2016.11.3
原油価格競争の勝者と敗者
嵐をしのいだ米シェール業者、シェア拡大を手放しで喜べないOPEC
2016.11.1
EU分裂期の到来を告げる手痛い失敗
暗礁に乗り上げたカナダとの自由貿易協定、欧州の弱さを露呈
2016.10.27
ソフトバンク孫氏とサウジ副皇太子の「電撃結婚」
1000億ドルの巨大ファンド、2つの世界を塗り替えられるか
2016.10.25
まひ状態に陥るナイジェリア
和らぐ兆しもない経済危機、身内からも大統領批判の声
2016.10.20
「ドナルド・トランプの米国」の生と死
寿命が短くなる白人ブルーカラー男性、ソ連崩壊後のロシアに共通
2016.10.18
米大統領選、出血を止めたトランプ氏だが・・・
ファンを喜ばせ、中道派の嫌悪を買う言語道断の脅し
2016.10.13
未来の電子社会に影を落とす過去の冷戦
米大統領選の電子投票システムもハッキングされる?
2016.10.11
世界一不機嫌なCEOから学ぶ教訓
これぞ簡潔かつ明瞭なメッセージの極み
2016.10.6
シリアについては、我々は皆スターリン主義者だ
移ろいやすい国民感情、極右の台頭を促しかねないリスク
2016.10.4
次へ