2017.2.23

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

Financial Times

世界の金融市場が混迷を極め、経済の先行きに不透明感が増している。このコラムでは、金融、経済報道で突出した信頼性を誇る英フィナンシャル・タイムズ紙の記事をタイムリーに翻訳し、毎日1本お届けする。

最新の記事(英文)はこちら » FINANCIAL TIMES

オペルの雇用不安で揺らぐドイツの誇り 国際

オペルの雇用不安で揺らぐドイツの誇り
PSAによる買収提案、選挙イヤーに独仏関係の緊張が高まる恐れ

国際 フランスの自動車大手グループPSAが、米ゼネラル・モーターズ(GM)の赤字の欧州事業を買収する交渉を進め… 2017.2.23
「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増 国際

「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増
トランプ現象やブレグジットが追い風、広告モデルからの転換も

国際 新聞業界にとって2016年は極端な好不調が併存する年だった。紙の新聞への広告出稿が減少する一方で、北米と… 2017.2.21
ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機 国際

ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機
IMFとドイツの事情で、お決まりの綱渡りに異変か?

国際 IMFはギリシャ経済の最新調査で、「公的債務は2015年末に(国内総生産=GDP=比)179%に達し、持続不能だ… 2017.2.16
PR PR
格差拡大を助長するブレグジットの愚 国際

格差拡大を助長するブレグジットの愚
高所得者と高齢者を優遇、メイ首相の言動不一致は明らか

国際 英国のテリーザ・メイ首相が昨年、保守党の大会での演説で約束したことに、曖昧なところはなかった。しかし… 2017.2.14
ニュージーランドに世界の富豪が殺到 国際

ニュージーランドに世界の富豪が殺到
資本主義体制の崩壊に備え、自給自足できる逃げ場を模索?

国際 近年、ニュージーランドの不動産を購入する海外の富裕層が増えている。一部の評論家によれば、資本主義体制… 2017.2.9
PR オペルの雇用不安で揺らぐドイツの誇り
PSAによる買収提案、選挙イヤーに独仏関係の緊張が高まる恐れ
2017.2.23
「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増
トランプ現象やブレグジットが追い風、広告モデルからの転換も
2017.2.21
ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機
IMFとドイツの事情で、お決まりの綱渡りに異変か?
2017.2.16
PR 格差拡大を助長するブレグジットの愚
高所得者と高齢者を優遇、メイ首相の言動不一致は明らか
2017.2.14
ニュージーランドに世界の富豪が殺到
資本主義体制の崩壊に備え、自給自足できる逃げ場を模索?
2017.2.9
フランスがポピュリストの流れを変える
春に迫った注目の大統領選挙、国民の間で高まる改革機運
2017.2.7
PR トランプ大統領との対立に賭ける方法
メキシコや中国と違い、投資家には賭けを分散する選択肢がある
2017.2.2
真実と嘘とトランプ政権
虚偽は米国の外交政策の基礎になり得ない
2017.1.31
南極圏でプレゼンスを強化するアルゼンチン
気候変動で商業的関心に火、ロシアや中国が資源を欲しがったら・・・
2017.1.26
PR ナショナリズムがもたらす経済的な危険性
グローバル化の勝者が敗者をないがしろにしたツケ
2017.1.24
中国はいかにして海洋超大国を築いたのか
FT調査報道、世界に張り巡らされた港湾網でシーレーン確保
2017.1.19
プーチン氏が本当にトランプ氏から得たいもの
狭い国益が国際的なルールに取って代わる世界
2017.1.17
ダウ平均2万ドルが試す投資家の忍耐力
大台突破に意味はあるのか? 目先は心理的にプラス
2017.1.12
懐古趣味ナショナリズムの台頭
トランプ、プーチン、習近平・・・過去の栄光に浸る指導者たち
2017.1.10
2017年に世界を形作る9つの出来事
トランプ大統領就任、ブレグジットから中国共産党大会まで
2017.1.5
ロボットが雇用を奪う時、労働者に補償を与えよ
中世の渡し船の船頭たちの運命から学ぶ教訓
2017.1.3
扇動家の年:2016年はいかに民主主義を変えたか
ブレグジットからドナルド・トランプまで、FT編集長が振り返る1年
2016.12.29
トランプ政権を牛耳る通商タカ派
米国の対中国政策を批判してきたナバロ氏起用、過激な見解に注目
2016.12.27
オーストラリア経済、25年の不況知らずも終わり?
成長鈍化で財政赤字拡大、トリプルA格付けを失う懸念
2016.12.22
習近平主席の改革が成功し得ない理由
中国危機は時間の問題、レーニン主義が強すぎる一党制国家の宿命
2016.12.20
次へ