2019.5.24
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

Financial Times

世界の金融市場が混迷を極め、経済の先行きに不透明感が増している。このコラムでは、金融、経済報道で突出した信頼性を誇る英フィナンシャル・タイムズ紙の記事をタイムリーに翻訳し、毎日1本お届けする。

最新の記事(英文)はこちら » FINANCIAL TIMES

米ドルの支配はしばらく揺るがない 国際

米ドルの支配はしばらく揺るがない
資本・通貨戦争を恐れる市場、中国の米国債売りにヒヤリ

国際 5月半ば、中国が米国債を売っていたことが明らかになった時、米国債市場に戦慄が走った。売却額は3月の1か… 2019.5.21
ドイツの成長モデルを変えるのは容易ではない 国際

ドイツの成長モデルを変えるのは容易ではない
アナログ時代の世界王者の苦悩、ユーロ圏の不均衡の原因にも

国際 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は先月、独ベルリンで開かれた西バルカンサミット(首脳会議)の場… 2019.5.16
トランプの怒りの単独行動主義は「苦痛の叫び」 国際

トランプの怒りの単独行動主義は「苦痛の叫び」
疾風のように過ぎ去った米国一極支配、神話化された過去の呪縛

国際 覇権国にとって最もつらいのは、自らの権勢の衰えを目の当たりにすることだ。米国のドナルド・トランプ大統… 2019.5.14
PR
PR
選挙で選ばれた独裁者、恐怖と怒りを糧に台頭 国際

選挙で選ばれた独裁者、恐怖と怒りを糧に台頭
民主主義国を襲う脅威を封じ込められるか――マーティン・ウルフ

国際 我々は、カリスマ性を備えた独裁者志望の人物が選挙に勝って権力を握る時代を生きている。彼は――そうした… 2019.5.8
再び「欧州の病人」になった英国 国際

再び「欧州の病人」になった英国
6つの危機が同時進行、回復には長い時間――マーティン・ウルフ

国際 筆者が若かった1960年代に、英国は長引く景気低迷のために「欧州の病人」として知られていた。だが、マーガ… 2019.4.25
PR
PR
PR
米ドルの支配はしばらく揺るがない
資本・通貨戦争を恐れる市場、中国の米国債売りにヒヤリ
2019.5.21
ドイツの成長モデルを変えるのは容易ではない
アナログ時代の世界王者の苦悩、ユーロ圏の不均衡の原因にも
2019.5.16
トランプの怒りの単独行動主義は「苦痛の叫び」
疾風のように過ぎ去った米国一極支配、神話化された過去の呪縛
2019.5.14
PR
選挙で選ばれた独裁者、恐怖と怒りを糧に台頭
民主主義国を襲う脅威を封じ込められるか――マーティン・ウルフ
2019.5.8
再び「欧州の病人」になった英国
6つの危機が同時進行、回復には長い時間――マーティン・ウルフ
2019.4.25
米中が繰り広げるAI軍拡競争
肝心な技術応用では中国に大きな優位性――マーティン・ウルフ
2019.4.23
PR
ポピュリストの時代を生き抜くエリートメディア
NYTやワシントン・ポスト、FT、都市部リベラル派の「クラブ」に
2019.4.18
英国のEU離脱、今なら考えを変えられる
期日延期でチャンス到来、1960年代以降初めて親欧州の動きが台頭
2019.4.16
市場に押し寄せる赤字ユニコーン企業に要注意
リフトやウーバーが相次ぎ上場、行き過ぎた長期主義のツケは?
2019.4.10
PR
さよなら欧州連合、さよなら連合王国
「英国人らしさ」という作られたアイデンティティーの崩壊
2019.4.8
「変化」は唐突、トランプ現象やブレグジットを見よ
何も変わらないという停滞感、ダムが決壊したらあっという間
2019.4.3
「支配権を取り戻す」ブレグジットの妄想
大きな世界の中の小さな島国の現実――マーティン・ウルフ
2019.4.1
トランプ大統領の法的危機はまだ終わらない
連邦・州検察が続々捜査、一番怖いのはニューヨーク州南部地区?
2019.3.27
ブレグジット:メイ首相の忌まわしき賭け
合意なき離脱となれば許されない罪――マーティン・ウルフ
2019.3.25
ブレグジット迷走の根っこにある疑心と誤解の歴史
ぶつかり合う伝統、偏見、無知、嘘――英国とEUの厄介な関係
2019.3.20
米サブプライム危機、今度は自動車ローンか?
好景気の米国で不可解な統計、若い借り手の間でデフォルト急増
2019.3.18
国民国家の次のモデル? 台頭する「文明国家」
普遍的価値観を暗に否定、中国やインドだけでなく米国右派も関心
2019.3.11
せっかちな米大統領、中国に屈服したくてウズウズ?
米中貿易交渉、目先の成果で手を打つことで米国が失うメンツ
2019.3.6
ブレグジット騒動、EUは英国をカオスから救えない
メイ首相の「負託」は無価値、もはや放り出されてもやむなし
2019.2.4
迫りくるハイテクバブルの崩壊
一角獣かチェシャ猫か、2000年との大きな違いは資本市場の変化
2019.1.30
次へ
1 2 3 4 5
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR