2018.1.20

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

Financial Times

世界の金融市場が混迷を極め、経済の先行きに不透明感が増している。このコラムでは、金融、経済報道で突出した信頼性を誇る英フィナンシャル・タイムズ紙の記事をタイムリーに翻訳し、毎日1本お届けする。

最新の記事(英文)はこちら » FINANCIAL TIMES

米中首脳会談、トランプ大統領の懐柔狙う習主席 国際

米中首脳会談、トランプ大統領の懐柔狙う習主席
トランプ一族との関係構築に見返りはあるか?

国際 4月6~7日に、中国の習近平国家主席が「冬のホワイトハウス」と呼ばれるリゾート施設マール・ア・ラーゴで… 2017.4.6
ブレグジットと「帝国健忘症」 国際

ブレグジットと「帝国健忘症」
帝国時代よりナチスとの戦争に重点を置く歴史教育に問題

国際 英国の一部の政府高官が、英連邦諸国と新しい貿易協定を結ぶ仕事を「大英帝国2.0」と呼び始めたのは、単な… 2017.4.4
「無用」な努力のススメ 国際

「無用」な努力のススメ
今フレクスナーのエッセーを読み返すべき理由

国際 今から80年近く前、米国の教育家のエイブラハム・フレクスナーは、たとえ即座に見返りを生まなくとも、こう… 2017.3.30
PR
PR
ロンドンテロ直後の情けない世相 国際

ロンドンテロ直後の情けない世相
語るべきは、鈍った心に刺さる思いがけない出来事

国際 一時的とはいえ人々を日常から非日常へと追いやったロンドンでの忌まわしい事件の後、日常に戻る過程で見ら… 2017.3.28
トランプ政権vs諜報機関、後戻りできない対立へ 国際

トランプ政権vs諜報機関、後戻りできない対立へ
FBIとNSAの長官が全面否定、トランプ氏にとって最悪の1日

国際 ドナルド・トランプ米大統領が就任して以来、事実上毎日が「こんなことでっち上げられない」という瞬間の連… 2017.3.23
PR
PR
PR
米中首脳会談、トランプ大統領の懐柔狙う習主席
トランプ一族との関係構築に見返りはあるか?
2017.4.6
ブレグジットと「帝国健忘症」
帝国時代よりナチスとの戦争に重点を置く歴史教育に問題
2017.4.4
「無用」な努力のススメ
今フレクスナーのエッセーを読み返すべき理由
2017.3.30
PR
ロンドンテロ直後の情けない世相
語るべきは、鈍った心に刺さる思いがけない出来事
2017.3.28
トランプ政権vs諜報機関、後戻りできない対立へ
FBIとNSAの長官が全面否定、トランプ氏にとって最悪の1日
2017.3.23
死のスパイラルに陥る「トランプケア」
最大の敗者はトランプ大統領に投票した高齢の白人有権者
2017.3.21
PR
スコットランド住民投票、今度こそ独立か?
行政府首相が実施を要請、投票にまつわる13の疑問
2017.3.16
米国市場を狙うアジアのハイテクトップの「連合」
アリババ、鴻海、ソフトバンク、共通の野心と幅広い人脈を活用
2017.3.14
オランダ人の不満、裕福だが怒れる国民
今月の総選挙で極右政党が優勢な理由、政治で重要なのはトレンド
2017.3.9
PR
ルペンとトランプと大西洋の「反」革命
国家主義、ポピュリズム、保護主義・・・2人の指導者に多くの共通点
2017.3.7
米国の温かい歓迎の終わりを恐れるインド
カンザスでのインド人銃撃の波紋、トランプ政権への見方が一変
2017.3.2
G・オーウェルならトランプ大統領をどう見たか
ポピュリストの反乱、生活水準の停滞だけでは説明できない活力
2017.2.28
オペルの雇用不安で揺らぐドイツの誇り
PSAによる買収提案、選挙イヤーに独仏関係の緊張が高まる恐れ
2017.2.23
「偽ニュース」時代の新聞、デジタル購読が急増
トランプ現象やブレグジットが追い風、広告モデルからの転換も
2017.2.21
ギリシャと欧州、真実を語れないことが招く危機
IMFとドイツの事情で、お決まりの綱渡りに異変か?
2017.2.16
格差拡大を助長するブレグジットの愚
高所得者と高齢者を優遇、メイ首相の言動不一致は明らか
2017.2.14
ニュージーランドに世界の富豪が殺到
資本主義体制の崩壊に備え、自給自足できる逃げ場を模索?
2017.2.9
フランスがポピュリストの流れを変える
春に迫った注目の大統領選挙、国民の間で高まる改革機運
2017.2.7
トランプ大統領との対立に賭ける方法
メキシコや中国と違い、投資家には賭けを分散する選択肢がある
2017.2.2
真実と嘘とトランプ政権
虚偽は米国の外交政策の基礎になり得ない
2017.1.31
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR