これでは隊員の士気が低下するのは目に見えているし、どんなに小さかろうと、ホーク・ミサイルの機能を阻害していたという認識が零であったのだ。

 兵器や装備品の多くがエレクトロニクス化され、また指揮中枢も情報網によってエレクトロニクス化される状況下にあって、師団長などの各級指揮官にも科学技術の理解が不可欠となってきた。

 ましてやイージス・アショアは12人の3交代、計36人で運用されるエレクトロニクスの集合体のようなシステムである。

 周辺の警備要員などもいるであろうが、兵站職種の指揮官が望ましいように思えてならない。

重要パーツは国産が不可欠

 新聞報道で「イージス・アショア2基で6000億円」などと報道され、多くの人が驚いたに違いない。センセーショナルな報道は効果的であるが、国民に誤解を与えかねない。

 兵器・装備は30年間くらい運用されるので、その間に必要な整備(また、このための補給)なども含めたライフ・サイクル・コスト(LCC)と呼ばれるもので評価される。

 イージス・アショアのLCCは現在運用しているイージス艦と対比して論じるべきであろう。

 渡部悦和氏のJBpress論文『中国やロシアも恐れるイージス・アショア 日本に配備される最高性能装備は高いか安いか』(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53796)を参照すると、イージス・アショア(2基、30年間運用)のLCCは約4664億円、他方、最新イージス艦「まや」型(2隻、同運用)は約7000億円となり、イージス・アショアが費用対効果上は優位にあるとしている。

 ちなみに、日本全体をカバーするという視点からはイージス艦3隻との比較が妥当であり、一段と優位性が明確になろう。いずれの場合にも、消耗品であるミサイルの取得経費は含まれていない。

 かつてホーク・ミサイルの補給整備に関わっていた折、最重要のマグネトロン(その後クライストロン)が入手できずに困惑したことがある。