安全保障を考える

日米安保条約が締結されてから50年以上が経ち、いつしか日米安保は空気のような存在となった。だが中国が軍事力、なかんずく海軍力を大幅に増強、北朝鮮からは核ミサイル発射の危険性も現実のものとなり、国を守ることを国民一人ひとりが真剣に考えなければならない時代を迎えている。

インドネシア大統領、中国の横暴に毅然と抵抗宣言 国際

インドネシア大統領、中国の横暴に毅然と抵抗宣言
南シナ海でインドネシアにも及び始めた中国の海洋拡張政策

国際 ジョコ大統領はじめインドネシア政府・軍首脳は、中国の横やりに対して毅然として領土領海そして海洋権益を… 2016.6.30
東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動 政治経済

東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動
中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動

政治経済 まだ報道されていないが、東シナ海で中国が本格的軍事行動に踏み切った。領空侵犯を防ぐための自衛隊のスク… 2016.6.28
中国「三戦」に対抗する米海軍の頭脳戦 国際

中国「三戦」に対抗する米海軍の頭脳戦
戦わずして勝つ~米海軍大学が進める3つのシーパワーとは

国際 現在のアジア太平洋地域は、地域秩序を揺るがす挑戦がなされ、これはまさに「火が立たない戦争」と形容する… 2016.6.28
PR PR
日本の接続水域と領海を航行した中国海軍の狙い 国際

日本の接続水域と領海を航行した中国海軍の狙い
日米の失策が招いてしまった中国の対日「FONOP」

国際 アメリカは、中国海軍の日本接続水域内航行や領海内航行に対して、日本政府の肩を持って中国海軍や中国政府… 2016.6.23
米国の悪意に加担した日本人が守り通した日本国憲法 政治経済

米国の悪意に加担した日本人が守り通した日本国憲法
マッカーサー元帥は東京裁判や憲法押しつけを深く反省したが・・・

政治経済 日本国憲法は、米国製憲法や擬制憲法などとも揶揄される。評論家の江藤淳は日本国憲法などと呼べる代物では… 2016.6.17
PR インドネシア大統領、中国の横暴に毅然と抵抗宣言
南シナ海でインドネシアにも及び始めた中国の海洋拡張政策
[北村 淳] 2016.6.30
東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動
中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動
[織田 邦男] 2016.6.28
中国「三戦」に対抗する米海軍の頭脳戦
戦わずして勝つ~米海軍大学が進める3つのシーパワーとは
[下平 拓哉] 2016.6.28
PR 日本の接続水域と領海を航行した中国海軍の狙い
日米の失策が招いてしまった中国の対日「FONOP」
[北村 淳] 2016.6.23
米国の悪意に加担した日本人が守り通した日本国憲法
マッカーサー元帥は東京裁判や憲法押しつけを深く反省したが・・・
[森 清勇] 2016.6.17
「接続水域」航行への抗議は中国の思うつぼだった
ロシアも航行したのに中国にだけ抗議、中国は作戦開始?
[北村 淳] 2016.6.16
PR 自衛隊幹部はもっと寝よう 寝不足では中国に勝てない
元米海軍提督が提言「軍隊は睡眠こそが重要な戦力」
[部谷 直亮] 2016.6.15
中国を震え上がらせる秘密兵器、レールガンの実力
飽和ミサイル攻撃に対処でき、南西諸島防衛にも最適
[渡部 悦和] 2016.6.13
大迷惑な中国海軍、またもリムパックに堂々参加
前回はスパイ艦で情報収集、それでも招待する米国
[北村 淳] 2016.6.9
PR ひた隠す爪をむき出しにされる日本共産党 
顔では分からない暴力革命政党の裏側
[森 清勇] 2016.6.8
中国の「不戦而勝」戦略に勝つための処方箋
米国を中心とした対中連合でサラミスライスを許さない姿勢を
[渡部 悦和] 2016.6.3
中国の戦略原潜が太平洋に乗り出す日は近い
むなしく響くオバマ大統領の核廃絶アピール
[北村 淳] 2016.6.2
原爆投下を日米の報道機関はどのように伝えたか
オバマ大統領広島訪問、ジャーナリズム魂の原点を徹底比較
[森 清勇] 2016.5.31
今年の「中国軍事レポート」はどこが不十分なのか
最新鋭の対艦弾道ミサイルとA2/AD戦力への言及は?
[北村 淳] 2016.5.26
米軍の南シナ海航行で中国がますます優位になる理由
中国に防衛力増強の口実を与えてしまっているFONOP
[北村 淳] 2016.5.19
ことごとく独裁に向かう共産党政権、日本にも兆候
国の消滅につながりかねない共産党の躍進
[森 清勇] 2016.5.17
米国内の反応は?日米同盟を揺るがすトランプ発言
これを機に脱却すべき「日米同盟ありき」という思考回路
[北村 淳] 2016.5.12
熊本地震で活躍中の自衛隊、もっとできるはず!
特性を生かして「孤立した被災者の発見と支援」に注力を
[森 清勇] 2016.5.9
素人には歯が立たなかった国際武器取引マーケット
「そうりゅう」落選、政府主導方式では同じことの繰り返しに
[北村 淳] 2016.5.5
軍艦を次々海上警備船に衣替えする姑息な中国
南シナ海は2000年以上前から中国の領海と説明、呆れる国際社会
[森 清勇] 2016.5.2
次へ