長寿にも関連? 日本人の腸内環境は独特だった

メタゲノム解析に便移植も、注目される細菌たちの働き

2018.06.01(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要

 腸壁の細胞は寿命が短く、わずか1日ほどで剥がれ落ち、新しい細胞に入れ替わる。腸壁の細胞は有害物を排除しつつ、生きていくために必要な栄養素を吸収するという重要な役割を担っているために、常にフレッシュな細胞でなければならないのである。

 食べ物の栄養素と水分の約8割は小腸で吸収され、残りかすは大腸に送られる。大腸は、その残りかすを一時的に蓄え、余分な水分をさらに吸収してほどよい固さの便をつくる。便は、消化しきれなかった残りかすでできているというイメージがあるが、便の約60%は水分、約20~25%は腸壁細胞、約10~15%が腸内細菌の死骸などで、残りかすはわずか5%にすぎない。

人体にはヒトの細胞数より多くの腸内細菌がいる

 消化管には約1000種類、数百兆個にものぼる細菌叢(さいきんそう:細菌の集団)が存在する。私たちの体をつくる細胞は約37兆個だが、それをはるかに上回る数の細菌が消化管の中にすんでいることになる。中でも大腸には、圧倒的に多くの数や種類の腸内細菌が存在し、小腸で消化、吸収されなかった残りかすを利用している。たとえば、ヒトは食物繊維を分解する酵素を持っていないが、大腸で腸内細菌がせっせと分解しているのだ。

 分解の過程では、さまざまな物質がつくり出される。腸内細菌には、生体に必要なビタミンなど有用物質をつくり、感染防御や免疫などにも関わるものもいれば、毒素や発がん物質など有害物質をつくるものもいる。これらの代謝物質が体内に吸収され、ヒトの健康に影響を与えていることが明らかになっている。

細菌のバランスが重要、「便移植」の試みも

 腸内細菌にはヒトにとって有用な細菌もいれば、有害な細菌もいる。さらに、日和見菌といってふだんは何もしないが、体が弱ったときには悪さをする細菌もいる。腸内の環境を保つには、このような多様な菌が存在し、まわりの細菌と相互作用することが必要だ。たとえば、有害な細菌を排除し、有用な細菌だけを残したとしても、私たちにとって有益な状態にはならない。健康でいるためには、多様な細菌が存在し、そのバランスが保たれていることが重要なのだ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

サイエンスライター、明治学院大学非常勤講師(生物学)、農学博士。食品会社の研究員、大学の研究員、教員などを経て現在に至る。研究所の広報誌やサイトなどにも原稿を執筆している。著書に『「おいしさ」の科学』(講談社ブルーバックス)『お酒の科学』(日刊工業新聞社)など多数。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。