Koboパークは厳格! 野球場の飲食持ち込み禁止

ペットボトルやアイスボックスは球場ごとに対応はさまざま

2017.09.08(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

 逆に、他球場に比べると緩すぎる印象もあるのが明治神宮野球場だ。ここもビン、カン類を持ち込み禁止としているが、客席で缶ビールを飲んでいる客が散見され、球場内には「カン・ビン」のくずかごも置かれている。

明治神宮野球場。飲食持ち込みルールが緩いほうとされる。

Jリーグは飲食物持ち込み基本オーケー

 プロ野球とよく比較されるJリーグでの飲食関連品持ち込みルールはどうか。

 Jリーグにも、全クラブチームに共通する観戦マナーとルールがある。そこには「スタジアムに持ち込めないもの」として「ビン、缶類」とある。これを受け、どのクラブチームのホームページもビンとカンの持ち込み禁止を明記している。

 ただし、「食べもの」の持ち込み禁止を明記しているクラブチームは見られない。この点は、球団によって方針の分かれるプロ野球と大きく異なるところだ。

適度なマナーを守れれば・・・

 野球場の観戦ルールの文面通りだと、飲食物の持ち込みはかなり厳しく禁止されているという印象もある。だが、カンやビンはともかく、食べものの持ち込み禁止をルール通りに厳しく行っているのは、Koboパーク宮城ぐらいに限られている。ここでも、プロ野球にありがちな「暗黙のルール」のようなものがあるということか。

 野球場の営業権を持っている球団や、野球場の運営会社からすれば、試合の安全性確保のほか、収入源として飲食代を確保したいという狙いが、飲食物に関する禁止事項の裏側にはあるのだろう。

 客側からすれば、カンやビンは別として、その他の持ち込み禁止事項がより厳密に適用されてしまうと、野球観戦そのものが遠のいてしまうかもしれない。「野球を楽しむ」という言葉に「試合を観ながら飲んだり食べたりしてよい時間を過ごす」といった意味を込めている人もいるはずだ。適度なマナーを守ることが、今の緩めの状況が維持されることにつながるのではないか。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。