肥満成人の脂肪細胞は増えたのか増えていないのか

2つの説が並存する細胞レベルの“太る仕組み”

2017.08.25(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要
肥満は目に見える体の変化だ。では、体の中ではどんなことが起きているのだろう。

 エネルギーを余分に摂取すると太る。逆に、必要未満しか摂取しないと痩せる。太る・痩せるの仕組みは“収支計算”を基本に考えられている。

 では、過食を続けていると、体ではどんな現象が起きて、太るのだろう。近年、脂肪を蓄積する細胞が肥大化するだけでなく、増殖もするという研究結果が報告されている。だが実際は、対立的な説が並存している状況だ。

“余った分”は脂肪に変わる

 パンやライスなどの主成分は糖質(炭水化物)だ。糖質を多く摂取すると太る、とよく言われる。どうして糖質を多く摂取すると太るのだろう。

 糖質が体の中に摂り込まれると、分解されてブドウ糖になる。ブドウ糖は体を動かすエネルギー源として使われるほか、肝臓や筋肉でグリコーゲンという物質となり貯えられる。グリコーゲンは簡単にブドウ糖に変わる重要な物質だ。

 ただし、貯えられるグリコーゲンの量には限界がある。限界を超えた分が、肥満をもたらす中性脂肪となるのだ。

パンケーキなどに含まれる糖質は、脂質、タンパク質と並ぶ三大栄養素の1つ。だが、余剰摂取した糖質は体内で中性脂肪に変わる。

 なお、中性脂肪を作るのにもエネルギーが必要となる。体内でのエネルギーのやり取りの担い手であるアデノシン3リン酸(ATP)という物質も、元を正せば余剰な糖質が主要な原資だ。バターなどの脂質や、肉などに含まれるタンパク質などからもATPは作られるが、私たちは日々相当量の糖質をパンやライスなどで摂り込んでいるので、糖質からATPが生じるといっても過言ではない。

 こうして作られる中性脂肪は、体のどこに貯蔵されるのかといえば「白色脂肪細胞」という細胞だ。下腹部、でん部、太もも、内蔵まわりなどに多く存在する。いわゆる贅肉の元だ。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。