Koboパークは厳格! 野球場の飲食持ち込み禁止

ペットボトルやアイスボックスは球場ごとに対応はさまざま

2017.09.08(Fri) 漆原 次郎
筆者プロフィール&コラム概要

ペットボトル、ハマスタは「大量は禁止」

 球場により、持ち込み可能か不可能かが分かれるもののひとつが、ペットボトルだ。

 ペットボトルについては持ち込み禁止としていないのが、明治神宮野球場、阪神甲子園球場、福岡ヤフオク!ドーム。一方、東京ドームやZOZOマリンスタジアムでは、容量が一定以上を超えたり凍らせたりしているペットボトルのみ、持ち込み禁止としている。

 横浜スタジアムには「少量は除く」という、他に例のない断り書きがある。ペットボトル飲料を持ち込み禁止にして、熱中症で倒れられることのリスクを考慮してのことだろう。常識の範囲で持っていって構わないと考えてよさそうだ。

 その他の球場では、ペットボトルも持ち込み禁止となっている。

飲食物持ち込み禁止も、Koboは厳格、マリンやナゴドは緩やか

 食べものについても、実は持ち込み禁止かどうかで二分しているのだ。

「飲食物」を持ち込み禁止と明記しているのは、札幌ドーム、Koboパーク宮城、横浜スタジアム、ZOZOマリンスタジアム、ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、福岡ヤフオク!ドームの7球場。理由は何か。横浜スタジアムは「衛生面上禁止させていただいております」と理由を述べる。ZOZOマリンスタジアムも「衛生上の理由からご遠慮ください」としている。

 しかし、食べものの持ち込みを禁止としている球場の間でも、厳しさには差がある。特に厳しいと不評なのは、Koboパーク宮城だ。飲食の持ち込みがないか厳密にチェックされる。

 その一方、ZOZOマリンスタジアムはさほど厳格ではないようだ。海浜幕張駅の食品店などで惣菜を買い込み、入場時に何も言われずスタンドでいつもそれを食べていると証言する客もいる。ナゴヤドームも、同じ市内にあるレゴランドとは違って、そう厳しいものではないという。

 筆者は、Koboパーク宮城の厳しさを知らずに、近くのコンビニエンスストアで食べものを買い込み、やむなく球場外の広場でそれらを食べてから入場した経験がある。郷に入りては従うしかない。ただし、Koboパーク宮城の座席の価格設定は安めで、例えば外野のビジター応援エリアは大人1000円、子供400円で入れる(開催日により変動する)。チケットの価格は良心的と見れば、少しは納得できるだろうか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

1975年生まれ。神奈川県出身。出版社で8年にわたり理工書の編集をしたあと、フリーランス記者に。科学誌や経済誌などに、医学・医療分野を含む科学技術関連の記事を寄稿。日本科学技術ジャーナリスト会議理事。著書に『日産 驚異の会議』(東洋経済新報社)、『原発と次世代エネルギーの未来がわかる本』(洋泉社)、『模倣品対策の新時代』(発明協会)など。


食の万華鏡

食の安全に対して国民の関心が高まっている。今後、安全で美味しい食の供給国としての日本を考えた時にもこの問題は重要になる。食の安全の話題を中心に、食トレンド、食品マーケットなど、食にまつわる様々なテーマを取り上げる。