2019.5.22
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
谷本 哲也

Tetsuya Tanimoto 内科医

ナビタスクリニック/ときわ会常磐病院 内科医師
東京大学医科学研究所/がん研究会がん研究所 客員研究員

平成9年九州大学医学部卒
日本内科学会認定総合内科専門医
日本血液学会認定血液専門医
注:本稿は筆者個人の文責によるものであり、所属団体を代表するものではない。

問題だらけの医薬品開発、ついに武田薬品まで 国内

問題だらけの医薬品開発、ついに武田薬品まで
徒然薬(第7回)~医薬品の臨床研究を取り巻く状況

国内 またしても高血圧治療薬が問題になっている。3月3日、武田薬品工業(以下、武田薬品)の長谷川閑史社長らが… 2014.3.14
世界中から白眼視され始めた日本の臨床研究 国内

世界中から白眼視され始めた日本の臨床研究
徒然薬(第6回)~ノバルティス問題で暗雲漂う日本版NIH

国内 世界の先進的な医療を牽引する、米国の国立衛生研究所(NIH: National Institute of Health)をモデルにし… 2014.2.13
子宮頸がんワクチンの現状と未来 国内

子宮頸がんワクチンの現状と未来
徒然薬(第5回)~子宮頸がんワクチンは有効か

国内 前回に引き続き、子宮頸がん予防ワクチン(以下、HPV[ヒトパピローマウイルス]ワクチン)を取り上げる 2013.11.5
PR
PR
暗礁に乗り上げた子宮頸がん予防ワクチンの普及 国内

暗礁に乗り上げた子宮頸がん予防ワクチンの普及
徒然薬(第4回)~ワクチンの危険性はどこまで許容されるか

国内 2013年4月1日から予防接種法の一部改正により、子宮頸がん予防ワクチン(以下、HPV[ヒトパピローマウイル… 2013.7.24
起こるべくして起きた高血圧治療薬バルサルタン事件 国内

起こるべくして起きた高血圧治療薬バルサルタン事件
徒然薬(第3回)~地に堕ちた日本発臨床研究への信頼

国内 近年、日本の臨床研究に関する不祥事が相次いで明るみに出ている。2012年10月、東京大学の研究者によるiPS… 2013.6.10
PR
PR
PR
問題だらけの医薬品開発、ついに武田薬品まで
徒然薬(第7回)~医薬品の臨床研究を取り巻く状況
[谷本 哲也] 2014.3.14
世界中から白眼視され始めた日本の臨床研究
徒然薬(第6回)~ノバルティス問題で暗雲漂う日本版NIH
[谷本 哲也] 2014.2.13
子宮頸がんワクチンの現状と未来
徒然薬(第5回)~子宮頸がんワクチンは有効か
[谷本 哲也] 2013.11.5
PR
暗礁に乗り上げた子宮頸がん予防ワクチンの普及
徒然薬(第4回)~ワクチンの危険性はどこまで許容されるか
[谷本 哲也] 2013.7.24
起こるべくして起きた高血圧治療薬バルサルタン事件
徒然薬(第3回)~地に堕ちた日本発臨床研究への信頼
[谷本 哲也] 2013.6.10
イレッサ問題に見る医薬品の副作用
徒然薬(第2回)~裁判によらない解決ができるか
[谷本 哲也] 2013.5.15
PR
厚労省が虎視眈々と狙う「再生医療ムラ」の権益拡大
徒然薬(第1回):最先端医療と規制のあり方
[谷本 哲也] 2013.2.25
原発ルポの鈴木智彦氏が採取第1号に
後編:原発作業員の自己末梢血幹細胞採取は正当化されるか?
[谷本 哲也] 2011.6.10
政府が認めない原発作業員の末梢血幹細胞保存
前編:作業員の自己末梢血幹細胞採取は正当化されるか?
[谷本 哲也] 2011.6.8
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR