2017.6.29

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

日本半導体・敗戦から復興へ

1980年代半ばには「産業のコメ」とも言われ、世界市場で5割以上のシェアを誇った日本の半導体産業。だが、その後の20年で一気に凋落し、かつての隆盛は見る影もない状態だ。半導体産業が衰退した原因を踏まえて、「ガラパゴス」化しつつある日本の製造業が生き延びていくための処方箋を考える。

いつまでも「職人芸」では海外メーカーに勝てない 産業

いつまでも「職人芸」では海外メーカーに勝てない
日本の半導体製造装置はなぜスループット、稼働率が劣るのか

産業 2001年以降、アジアでの露光装置の売上高が急拡大している。それと同時期に、露光装置の世界シェアで長らく… 2010.9.24
装置メーカーと「共退化」した日本半導体 産業

装置メーカーと「共退化」した日本半導体

産業 1980~90年代にかけて、日本の半導体産業と製造装置産業は共にシェアを拡大した。両者が密接に協力し合うこ… 2010.8.18
一人勝ちの仕組みをつくってしまった台湾ファンドリーTSMC 産業

一人勝ちの仕組みをつくってしまった台湾ファンドリーTSMC
SoC生産に見る日本メーカーとの大きな違いとは

産業 韓国サムスン電子に敗れた日本半導体メーカーは、エルピーダ1社を残してDRAMから撤退した。そして、日本半… 2010.7.21
PR PR
サムスン電子のエース部署が日本では「左遷」部署?  産業

サムスン電子のエース部署が日本では「左遷」部署? 
日本メーカーを抜き去った「メモリー王国」の秘密

産業 日本経済新聞の記事によれば、台湾TSMCのモリス・チャンCEOは、「20年後に生き残っている垂直統合型半導体… 2010.6.17
日本半導体メーカーとインテルの決定的な違い 産業

日本半導体メーカーとインテルの決定的な違い
これほどの収益力の開きがなぜ生じるのか

産業 金融危機でダメージを受けた半導体業界が回復してきた。エルピーダは、DRAM価格の高値安定を受け、3期ぶり… 2010.5.17
PR いつまでも「職人芸」では海外メーカーに勝てない
日本の半導体製造装置はなぜスループット、稼働率が劣るのか
[湯之上 隆] 2010.9.24
装置メーカーと「共退化」した日本半導体 [湯之上 隆] 2010.8.18 一人勝ちの仕組みをつくってしまった台湾ファンドリーTSMC
SoC生産に見る日本メーカーとの大きな違いとは
[湯之上 隆] 2010.7.21
PR サムスン電子のエース部署が日本では「左遷」部署? 
日本メーカーを抜き去った「メモリー王国」の秘密
[湯之上 隆] 2010.6.17
日本半導体メーカーとインテルの決定的な違い
これほどの収益力の開きがなぜ生じるのか
[湯之上 隆] 2010.5.17
2社統合の混乱を収束させた「外様」の力
エルピーダが急速にシェア回復した要因を探る
[湯之上 隆] 2010.4.14
PR 「1+1」が1にもならなかった日本半導体再編 [湯之上 隆] 2010.3.16 優秀な技術者が「無能化」していく悲劇
日本半導体が陥った「組織のジレンマ」とは
[湯之上 隆] 2010.2.16
「技術で勝って経営で負けた」という言い分の真実
日本半導体の栄枯盛衰(後篇)
[湯之上 隆] 2010.1.25
PR 一気に上りつめ、一気に陥落した日本のDRAM
日本半導体の栄枯盛衰(前篇)
[湯之上 隆] 2010.1.15
日本「半導体」の凋落とともに歩んだ技術者人生
2009年エディターズ・セレクト(5)
[湯之上 隆] 2010.1.1
日本半導体産業が冒されている病気
技術者たちへのインタビューで明らかに
[湯之上 隆] 2009.12.21
日本「半導体」の凋落とともに歩んだ技術者人生
世界シェア50%を誇った日本の半導体はどこへ
[湯之上 隆] 2009.11.30
前へ
1 2 3 4 5
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
  • 詳細をみる
  • JBpress無料会員のご登録
PR