2018.6.24

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

日本半導体・敗戦から復興へ

1980年代半ばには「産業のコメ」とも言われ、世界市場で5割以上のシェアを誇った日本の半導体産業。だが、その後の20年で一気に凋落し、かつての隆盛は見る影もない状態だ。半導体産業が衰退した原因を踏まえて、「ガラパゴス」化しつつある日本の製造業が生き延びていくための処方箋を考える。

燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか? 産業

燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか?
「Well to Wheel」から見たCO2排出量の違い

産業 走行中に水しか排出しない燃料電池車(FCV)と、マスクが人類滅亡を防ぐために開発している電気自動車(EV… 2015.1.7
スマホの心臓を握る者は誰だ? 産業

スマホの心臓を握る者は誰だ?
アプリケーションプロセッサを巡る終わりなきバトルロイヤル

産業 シャオミは、2015年には1億台以上のスマホを出荷する。APの内製化が実現すれば、1億個以上のシャオミ製APが… 2014.12.4
運はコントロールできる?ビッグデータが明らかにした「できる人」の秘密 産業

運はコントロールできる?ビッグデータが明らかにした「できる人」の秘密
日立製作所、矢野氏の「運」モデルに学ぶ組織強化術

産業 ビジネスの運の良さは、知り合いの知り合いの数、すなわち到達度を指標として測ることができる。また、リー… 2014.11.6
PR
PR
スマホへの勝算なき執着、インテルも「UFOが来る」と信じているのか 産業

スマホへの勝算なき執着、インテルも「UFOが来る」と信じているのか

産業 インテルは、15年以上も前から携帯電話(今はスマホ)事業に参入しようと、莫大な資金を投じて企業買収など… 2014.10.7
100ドルスマホで急成長、台湾メディアテックの「逆行」戦略とは 産業

100ドルスマホで急成長、台湾メディアテックの「逆行」戦略とは
分かっていてもできなかった日本DRAM産業

産業 日本の半導体や電機メーカーは、高付加価値のハイエンドばかりを攻める傾向がある。そして、営業利益率は10… 2014.9.2
PR
PR
PR
燃料電池車と電気自動車、どちらが「真のエコカー」なのか?
「Well to Wheel」から見たCO2排出量の違い
[湯之上 隆] 2015.1.7
スマホの心臓を握る者は誰だ?
アプリケーションプロセッサを巡る終わりなきバトルロイヤル
[湯之上 隆] 2014.12.4
運はコントロールできる?ビッグデータが明らかにした「できる人」の秘密
日立製作所、矢野氏の「運」モデルに学ぶ組織強化術
[湯之上 隆] 2014.11.6
PR
スマホへの勝算なき執着、インテルも「UFOが来る」と信じているのか [湯之上 隆] 2014.10.7 100ドルスマホで急成長、台湾メディアテックの「逆行」戦略とは
分かっていてもできなかった日本DRAM産業
[湯之上 隆] 2014.9.2
カリスマ経営者がいなくなった「帝国」の行方
アップル、インテル、サムスンは再び輝けるのか
[湯之上 隆] 2014.8.6
PR
真の対等合併は可能か?経営統合が迫る東京エレクトロンと米アプライド [湯之上 隆] 2014.7.2 東芝のNANDフラッシュを生み出したのは「カオス」だった
余白と異分子の活用が成功のカギ
[湯之上 隆] 2014.6.4
安定成熟期に入った世界のDRAM産業
日本半導体をふるい落とした「激動の5年」とは
[湯之上 隆] 2014.5.8
PR
東芝技術漏洩事件は氷山の一角、日本企業の機密管理体制は“ゆるゆる”すぎる [湯之上 隆] 2014.4.3 ルネサスもトヨタもグーグルと手を組むべきだ
長くて暗いトンネルの先に見える明るい兆し
[湯之上 隆] 2014.3.5
燃料電池車の将来に素朴な疑問をぶつけてみる
半導体、テレビの轍を踏まないために
[湯之上 隆] 2014.2.4
残された時間は6年、ソニー、パナ、シャープの現状と東京五輪までの道 [湯之上 隆] 2014.1.7 見ていて不安になる3つの「国家プロジェクト」
今のままで「産業競争力」向上に寄与できるのか?
[湯之上 隆] 2013.12.2
誰も気が付かなかった「日本型ものづくり」敗北の真因 [湯之上 隆] 2013.11.5 米アプライドと東京エレクトロン、驚きの経営統合の行方 [湯之上 隆] 2013.10.2 無駄に多い研究開発費と少なすぎる設備投資
日本半導体は政府に助けを求める前にやるべきことがある
[湯之上 隆] 2013.9.4
世界一、日本一の事業を次々と放出したNEC、玉ねぎの皮を剥いていったら最後に何が残るのか? [湯之上 隆] 2013.8.6 均一性のNECと一点突破の日立
手段と目的を履き違えていた半導体技術文化
[湯之上 隆] 2013.7.8
「次世代露光装置」実現のカギ、日本人の手でEUV光源の実現を! [湯之上 隆] 2013.6.14
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR