毛布利用に1400円要求され乗客逆上、米航空機が行き先変更

空港に着陸する着陸する航空機(本文と関係はありません)。(c)AFP/RINGO CHIU〔AFPBB News

 「他の乗客が吐いたり気絶したりするほどの臭いで飛行機は緊急着陸、人々は不潔だと思ったが、男性は恐ろしい病魔に侵されていた・・・」

 先週のニューズウィーク記事(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10496.php)をご覧になった方も多いかと思います。

 要するに、飛行機に「凄まじく臭い」乗客が乗ってきて、あまりの臭気に飛行機が不時着するというなかなかない事態が5月にスペイン領カナリア諸島発アムステルダム行きのオランダのエアライン上で発生したというのです。

 不幸なことに、この臭気の元となった男性、ロシア人のロックギタリストだったそうですが、6月25日に死亡したとなると、笑い話ではすまなくなります。

 さらに「壊死性感染症」のために死亡となると、「2次感染は?」とシリアスに心配せざるを得ません。

なぜ2次感染の心配がないのか?

 この不幸な男性は、アンドレイ・スチリン氏(享年58)、かつては世界的に活躍したミュージシャンだったそうです。

 5月29日に彼が一歩飛行機に足を踏み入れると、機内はざわつき始め、やがて叫び声が上がり、乗客たちは口や鼻を押さえるハンカチ類を探し始め、やがて嘔吐したり、失神までする乗客まで出始めたそうです。

 

 文字通りパニック状態となって、急遽ポルトガルのファロ空港に緊急着陸、準備されていた救急車で搬送されたそうです。

 着陸までの間はトイレに押し込められ、香水を振りまいたりして対処したものの、そんなことではどうにも収まらなかったらしい。

 そこまでの臭気とは、いったい何なのでしょう?

 スペイン領カナリア諸島というと分かりにくいですが、その実モロッコの南端を西に進んだ大西洋上に浮かぶ列島です。

 ジブラルタルと「パリ・ダカール・ラリー」で有名なセネガルの首都ダカールを結んだ真ん中あたり、要するにアフリカで、北緯で言うと台北の少し北、トロピカルな常夏の島に遊んだギタリストが、何らかの怪我をしたらしく、現地の医者に受診したらしい。