2019.5.20
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録
荒井 幸康

Yukiyasu Arai

 

1994年大阪外国語大学外国語学部モンゴル語科卒業、2004年一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程修了、博士(学術)、1995~1997年国立イルクーツク外国語教育大学講師(ロシア連邦)、2004年~2005年モンゴル発展調査センター客員研究員(モンゴル国) 。現在、北海道大学スラブ研究センター共同研究員。

 

一橋大学、亜細亜大学、芝浦工業大学、青山学院大学非常勤講師。

専門:社会言語学(言語政策)、モンゴル学(20世紀以降の知識人層の形成史及び社会史)

モンゴル国とモンゴル系諸族の動向に関心あり。

単著●『「言語」の統合と分離 1920-1940年代のモンゴル・ブリヤート・カルムイクの言語政策の相関関係を中心に』三元社(2006年)

編著●“Internal and external factors on economic cooperation and development in Mongolia and Northeast Asia

論文●アジア経済研究所 『アジア動向年報2009、2010』 「モンゴル」担当

 

 

再生可能エネルギーの宝庫として急浮上のモンゴル 国際

再生可能エネルギーの宝庫として急浮上のモンゴル
電力自由化でエネルギー産業に進出した日本企業が熱視線

国際 日本企業のエネルギー業界での起業は、日本国内だけとは限らないようだ。未来をにらんだ自然エネルギー、あ… 2016.4.6
シベリア抑留後、カルムイクに住み着いた日本人 国際

シベリア抑留後、カルムイクに住み着いた日本人
殺されるとの偽情報で帰国できなかった男の一生とは

国際 今回お話しするのは、ロシア連邦構成主体の1つであるカルムイク共和国に住む、抑留後、帰国せず留まり、ロ… 2015.5.14
モスクワで初めての仏教寺院建立、その狙いは? 国際

モスクワで初めての仏教寺院建立、その狙いは?
ロシアの用心棒的存在だった仏教徒であるカルムイク人

国際 2015年2月19日、旧暦で言うところの元日に、モスクワ市オトラドノエ地区でモスクワ市初の仏教寺院建設の開… 2015.3.9
PR
PR
モンゴルに秋波を送る中国とロシア 国際

モンゴルに秋波を送る中国とロシア
大国間にあって苦しい選択を迫られる親日国に日本はどう対応すべきか

国際 9月11日、中央アジアにあるタジキスタンの首都ドゥシャンベで行われた上海協力機構の第14回会合で、モンゴ… 2014.10.15
ソ連の宣戦布告から69年、日本と戦ったモンゴル 国際

ソ連の宣戦布告から69年、日本と戦ったモンゴル
シベリア抑留とは別の悲惨なストーリーと新たなる交流

国際 1945年8月9日、ソ連が突如として日本に宣戦布告し、満州、樺太、千島列島などに攻め入ってから69年目の夏で… 2014.8.4
PR
PR
PR
再生可能エネルギーの宝庫として急浮上のモンゴル
電力自由化でエネルギー産業に進出した日本企業が熱視線
[荒井 幸康] 2016.4.6
シベリア抑留後、カルムイクに住み着いた日本人
殺されるとの偽情報で帰国できなかった男の一生とは
[荒井 幸康] 2015.5.14
モスクワで初めての仏教寺院建立、その狙いは?
ロシアの用心棒的存在だった仏教徒であるカルムイク人
[荒井 幸康] 2015.3.9
PR
モンゴルに秋波を送る中国とロシア
大国間にあって苦しい選択を迫られる親日国に日本はどう対応すべきか
[荒井 幸康] 2014.10.15
ソ連の宣戦布告から69年、日本と戦ったモンゴル
シベリア抑留とは別の悲惨なストーリーと新たなる交流
[荒井 幸康] 2014.8.4
クリミア編入後、ロシアが目指す連邦制とは
ソ連時代からの連邦制、共和国、自治共和国の歴史的推移
[荒井 幸康] 2014.6.10
PR
モンゴルで日本式教育が大ブームに
高等専門学校(コーセン)に託す国家の将来
[荒井 幸康] 2014.3.28
ロシアに弾圧されたカルムイク人の悲鳴に学ぶ
他民族を迫害しても後で謝りさえすればいいのか
[荒井 幸康] 2014.2.6
20世紀に分断されたモンゴル文学の行方
国境を越えてお互いが刺激し合えるようになれるか
[荒井 幸康] 2013.11.25
モンゴル人を悩まし続けている「文字」の変遷
政治勢力に翻弄され、縦書きと横書きを行ったり来たり
[荒井 幸康] 2013.9.19
大西洋を越え米国へ渡ったチンギスハーンの子孫たち
アジア人ではなく欧州人として移民、安息の地へたどり着く
[荒井 幸康] 2013.7.11
ついに明らかにされたモンゴル・チベット相互承認条約
締結からなんと100年、封印されてきた理由とは?
[荒井 幸康] 2013.5.8
中国語を話す者は信用できない、に変化の兆し
いがみ合うモンゴル人と内モンゴル人、日本が仲介役に
[荒井 幸康] 2013.2.28
チンギス・ハンがロシアに遺したものと日本人
ユーラシア主義と大アジア主義の接点となった、ある本の物語
[荒井 幸康] 2012.12.11
覇権拡大のために宗教すら取り込む中国
モンゴルとインドをつなぐ仏教に触手伸ばす
[荒井 幸康] 2012.10.22
民主党が躍進したモンゴル、政治腐敗一掃へ前進
鉱山の利権が生み出す貧富の差拡大は大きな課題
[荒井 幸康] 2012.7.31
チンギスハン崇拝は日本が作った?
21世紀のグローバル社会から見たモンゴル帝国
[荒井 幸康] 2012.6.6
英語や中国語より人生に役立つ言語を学ぼう
マイナーだからこそ人と人の触れ合いが濃密になる
[荒井 幸康] 2012.4.11
もっと大切にすべきモンゴルと日本の絆
レアアースで日本に協力してくれたのは偶然ではない
[荒井 幸康] 2012.3.15
モンゴルを核のゴミ捨て場にするな!
目の前の電力供給より、永遠に続く放射能被害を見据えよ
[荒井 幸康] 2012.2.8
次へ
1 2
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR