2016.7.30

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円)はこちらから!

烏賀陽 弘道
1963年、京都市生まれ。1986年京都大学経済学部卒業。同年、朝日新聞社に入社。三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部を経て91年から2001年まで『アエラ』編集部記者。92年にコロンビア大学修士課程に自費留学。国際安全保障論(核戦略)で修士課程を修了。2003年に退社しフリーランスに。主な著書に『「朝日」ともあろうものが。』『カラオケ秘史』『Jポップとは何か』『Jポップの心象風景』『報道の脳死』などがある。
インターネット報道の未来はどうなるのか? 国内

インターネット報道の未来はどうなるのか?
「投げ銭方式」で報道を「再起動」しよう

国内 4年2カ月続けてきたJBpressの本欄連載を今回で終えることになった。2週に1回の連載だから全部で100本くらい… 2014.12.25
原発防災を万全にするために消防ができること 国内

原発防災を万全にするために消防ができること
フクシマを予言していた消防士(後篇)

国内 「『避難』とかみんな言葉では言うのですが、真剣に考えてるんでしょうか。豪雨のときに『全市X万人に避難… 2014.12.11
火災も原発事故も、大災害に遭うと人間は動けなくなる 国内

火災も原発事故も、大災害に遭うと人間は動けなくなる
フクシマを予言していた消防士(前篇)

国内 「極端な災害にあった時に人間がまずどう動くかと言うと『フリーズ』(固まったまま動かなくなること)して… 2014.11.27
PR PR
被曝と健康被害の因果関係はなぜ立証するのが難しいのか 国内

被曝と健康被害の因果関係はなぜ立証するのが難しいのか
核問題の専門家、マキジャニ博士に聞く(後編)

国内 被曝によるがんの増加は時間の進行とともにゆっくりと進む。なので医学的なモニタリングが非常に重要なので… 2014.11.13
フクシマの原発事故は収束していない 国内

フクシマの原発事故は収束していない
核問題の専門家、マキジャニ博士に聞く(前篇)

国内 「フクシマは汚染という点ではスリーマイル島(TMI)よりずっとチェルノブイリに近いと思います。その点で… 2014.10.30
PR インターネット報道の未来はどうなるのか?
「投げ銭方式」で報道を「再起動」しよう
[烏賀陽 弘道] 2014.12.25
原発防災を万全にするために消防ができること
フクシマを予言していた消防士(後篇)
[烏賀陽 弘道] 2014.12.11
火災も原発事故も、大災害に遭うと人間は動けなくなる
フクシマを予言していた消防士(前篇)
[烏賀陽 弘道] 2014.11.27
PR 被曝と健康被害の因果関係はなぜ立証するのが難しいのか
核問題の専門家、マキジャニ博士に聞く(後編)
[烏賀陽 弘道] 2014.11.13
フクシマの原発事故は収束していない
核問題の専門家、マキジャニ博士に聞く(前篇)
[烏賀陽 弘道] 2014.10.30
法律や政策を金で動かすアメリカの原子力産業
なぜ住民は健康被害訴訟で勝てないのか(後編)
[烏賀陽 弘道] 2014.10.2
PR 電力会社を訴えてすべてを失ったフロリダの住人
なぜ住民は健康被害訴訟で勝てないのか(前篇)
[烏賀陽 弘道] 2014.9.18
科学者は住民の不安を鎮められない
疫学者ハッチ博士がフクシマを調査したら(その2)
[烏賀陽 弘道] 2014.9.4
スリーマイルとチェルノブイリを調査した疫学者
疫学者ハッチ博士がフクシマを調査したら(その1)
[烏賀陽 弘道] 2014.8.21
除染で破壊される里山の生態系
村民がいなくなった飯舘村の現在
[烏賀陽 弘道] 2014.8.7
飯舘村にモリアオガエルが帰ってきた
田んぼに水が入り甦った産卵場所
[烏賀陽 弘道] 2014.7.24
無人の街で咲き乱れていた花
全町避難の富岡町を訪れる(その3)
[烏賀陽 弘道] 2014.7.10
「夜ノ森」駅で咲き乱れていたツツジ
全町避難の富岡町を訪れる(その2)
[烏賀陽 弘道] 2014.6.26
3年前のまま残されていた破壊の痕跡
全町避難の富岡町を訪れる(その1)
[烏賀陽 弘道] 2014.6.12
高濃度汚染地の農業実験で分かったこと
飯舘村に残って計測を続ける伊藤さん
[烏賀陽 弘道] 2014.5.29
山村に出現した核ごみのピラミッド
いまなお続く除染作業
[烏賀陽 弘道] 2014.5.15
避難先で良縁に恵まれた長女
3年目の原発難民(その4)
[烏賀陽 弘道] 2014.5.1
すでに転居は4回、けれども南相馬には戻れない
3年目の原発難民(その3)
[烏賀陽 弘道] 2014.4.17
友だちと引き離される子どもたちも被害者
3年目の原発難民(その2)
[烏賀陽 弘道] 2014.4.3
心身ともにボロボロになった避難生活
3年目の原発難民(その1)
[烏賀陽 弘道] 2014.3.20
次へ