2019.5.20
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

The Economist

金融危機が世界を揺るがし、国際政治、安全保障の枠組みも大きく変わりつつある。そんな激動の時代にあって識者からも頼りにされるのが英エコノミスト誌の見識。このコラムでは、最新号から、当面、毎週2本お届けする。

ノスタルジーに襲われた世界 国際

ノスタルジーに襲われた世界
先進国から新興国までが過去に執着、政治を形作る力強い作用に

国際 政治家は常々、過去を利用してきた。だが今では、裕福な国々でも新興国でもノスタルジーが大流行している。… 2018.12.26
思った以上にソ連と似ている中国経済 国際

思った以上にソ連と似ている中国経済
建国69年で崩壊したソ連、今年69周年を迎えた中国は今・・・

国際 今日の中国経済はかつてのソビエト連邦のそれに似ている――。そんな指摘をされたら、いくら中国が名目上は… 2018.12.21
世界で揺らぐ英国観、「どうしちゃったの英国人?」 国際

世界で揺らぐ英国観、「どうしちゃったの英国人?」
好きな国が不可解な国に、ブレグジット迷走に首をひねるばかり

国際 英国民が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めてから30か月たった今、この国の文化的な分断はますます… 2018.12.19
PR
PR
ロシアと中国はお互いをどう見ているのか? 国際

ロシアと中国はお互いをどう見ているのか?
友情など二の次、冷笑的な世界観で結びつく2大国

国際 中国の長春(チャンチュン)からロシアのウラジオストクに至る高速鉄道は、中ロ友好の素晴らしいシンボルに… 2018.12.13
フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢 国際

フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢
結局はただの人間、問題は政策の内容よりも提示の仕方にある

国際 神々が住んでいたとされるオリュンポス山とは雲泥の差だ。昨年、エマニュエル・マクロン氏は改革を任されて… 2018.12.11
PR
PR
PR
ノスタルジーに襲われた世界
先進国から新興国までが過去に執着、政治を形作る力強い作用に
2018.12.26
思った以上にソ連と似ている中国経済
建国69年で崩壊したソ連、今年69周年を迎えた中国は今・・・
2018.12.21
世界で揺らぐ英国観、「どうしちゃったの英国人?」
好きな国が不可解な国に、ブレグジット迷走に首をひねるばかり
2018.12.19
PR
ロシアと中国はお互いをどう見ているのか?
友情など二の次、冷笑的な世界観で結びつく2大国
2018.12.13
フランスの政治、マクロン大統領を襲った悪夢
結局はただの人間、問題は政策の内容よりも提示の仕方にある
2018.12.11
黒海は波高し、ロシアとウクライナが海上で衝突
海峡封鎖のもくろみと大統領選挙をにらんだ思惑が交錯
2018.12.6
PR
半導体戦争、中国と米国とシリコン覇権
超大国とテクノロジー、21世紀の戦いの行方
2018.12.4
超大国のライバル関係に粉砕されたAPEC首脳会議
パプアニューギニアに見る米中対立と巻き込まれる国々の悩み
2018.11.29
日産だけじゃない、カリスマ経営者に潜む危険
多くのグローバル企業でキーパーソンリスクが露呈
2018.11.27
PR
中国vs米国、大物2人が浮き彫りにする超大国の断絶
ヘンリー・ポールソンと王岐山、「経済の鉄のカーテン」に警鐘も
2018.11.22
英国とEU、いよいよ大詰め迎えたブレグジット
何年も消えない傷跡を残す重大な決断、今度こそは「跳ぶ前に見よ」
2018.11.20
いよいよ正念場、イタリアとEUが真っ向から衝突
予算をめぐるバトル、ユーロ圏改革の必要性が浮き彫りに
2018.11.15
選挙後の米国、分断された国家の分断された政府
次はどこへ向かうのか、民主党の双肩にかかる大きな責任
2018.11.13
米国経済、力強い統計に隠れた減速の兆し
減税効果から貿易戦争まで多くの不確実性、過度な利上げに要注意
2018.11.8
分断された米国、中間選挙が重要な理由
国民を不幸にする政治、民主党の下院奪還が打破への第一歩に
2018.11.6
米中貿易戦争、漁夫の利を狙う国・企業
巨大な「アジア・ファクトリー」、結局は失うものの方が大きい?
2018.11.1
世界がオーストラリアから学べること
27年間も不況知らずの経済国、天然資源に恵まれただけじゃない
2018.10.30
企業がサウジアラビアとの関わりを避けるべき理由
砂漠の蜃気楼か? 記者殺害に抗議しても失うものは大きくない
2018.10.25
中国vs米国、関与政策の終わり
世界の二大超大国はいかにしてライバルとなったのか
2018.10.23
領事館で消えた記者、サウジアラビアが殺したのか?
王族とも近かったカショギ氏、反体制派への残忍なメッセージに
2018.10.17
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR