The Economist

金融危機が世界を揺るがし、国際政治、安全保障の枠組みも大きく変わりつつある。そんな激動の時代にあって識者からも頼りにされるのが英エコノミスト誌の見識。このコラムでは、最新号から、当面、毎週2本お届けする。

米オーランド銃乱射事件:悲劇の余波 国際

米オーランド銃乱射事件:悲劇の余波

国際 銃を厳しく規制する法律のある国でも、乱射事件は時折起こる。しかし、米国ではその頻度がずばぬけて高い。… 2016.6.24
EU加盟を問う英国の国民投票:分裂すれば共倒れ 国際

EU加盟を問う英国の国民投票:分裂すれば共倒れ

国際 6月23日の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が選択されれば、英国の政治と経済にはなかなか消えない深刻… 2016.6.22
中国経済:再起に奮闘する温州商人 国際

中国経済:再起に奮闘する温州商人

国際 温州は中国経済の中で飛び抜けてひどい状況にある例外的な都市だが、痛みを伴う景気下降から足取りの重い回… 2016.6.17
PR PR
ドル帝国主義:FRBの属国 国際

ドル帝国主義:FRBの属国

国際 多くの新興国は6月初めまで、FRBの政策金利引き上げが近い、早ければ今月中にもあるかもしれないと心の準備… 2016.6.15
ブレグジットと連合王国:勢力争いの行方 国際

ブレグジットと連合王国:勢力争いの行方

国際 欧州連合(EU)からの独立を熱望するブレグジット(英国のEU離脱)支持派がしばしば、英国(グレートブリテ… 2016.6.10
次へ