IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.08.14

大船渡・佐々木が故障予防ITデバイスを使っていたら
IoT時代、<スポーツ選手の故障の予防法>が変わる

BY

 スポーツの場合、それがプロかアマチュアかということにかかわらず、競技団体が率先して、アスリートファーストの観点から選手を守る立場を明確にし、怪我や故障の予防を目的にデータ活用を推進する方向に舵を切るべきではないか。

 例えば、日本高等学校野球連盟(以下、高野連)は佐々木投手の「事件」を奇貨(貴重なきっかけ)として捉え、U18や都道府県選抜にノミネートされるようなトップクラスの選手(特に投手)には、たとえばカタパルト社のGPSデバイス「VECTOR」(今後リリースされる野球版)を無償で貸与する、そして選手の運動データを一元管理することで、高野連の権限と責任で登板過多による怪我や故障のリスクから選手を守る、というルールを公的に確立するというアイデアはどうだろう。

 このルールを導入・定着させることで恩恵を受けるのは、佐々木選手のようなトップアスリート自身だけではない。チーム内でもトップ選手に寄り添い、コンディションを管理する「コンディショニングディレクター」という魅力的な役割(役職)が新たに生まれるはずだ。主にチームの財務や雑用全般を担当するマネージャー、自チームや対戦相手チームの戦力を分析するデータ班に加えて、コンディショニング分野で控え選手層の部員が活躍できる戦略的な機会が増えることだろう。そして、結果として、チーム全体が活性化するという副次的なメリットも期待できる。

 また、同時に、佐々木選手のように身体の成長過程にある高校生アスリートの運動負荷や蓄積疲労と怪我や故障の相関について、スポーツ医学の側面からの研究についても目配りが必要になると思われる。カタパルトに代表される最先端のスポーツテック企業と協働を視野に入れながら、研究の助成だけでなく研究者の育成も含めて、競技主催団体である高野連の責任とイニシアティブで推進していかなければならないことは言うまでもない。

 もちろん、そのための財源の確保も喫緊の課題である。これに関しては、科学的なコンディション管理によって選手を守ることを名目に、企業や民間からの寄付や県予選を含む全国高等学校野球選手権大会の入場料の値上げ(たとえば現状500円を700円程度に値上げする)によって基金づくり(公益財団法人化)を行えば、高校野球ファンや選手の父母・後援団体からも幅広く賛同を得やすいのではないかと推察される。

 IoT時代、スポーツ選手の故障の予防法が変わる。いや、待ったなしで変えていかなくてはならない。

 データの力で、この夏に起きた熱い論争に終止符を打つことを、学生時代に肩の故障で選手生命を全うできなかった元野球選手の端くれとしては、切に願うばかりである。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

インテック、データ処理基盤サービス「ARQLID」にETL機能を追加、データクレンジングに利用可能 | IT Leaders

JSSEC、企業がIoT導入時に検討すべきことをまとめた「セキュリティチェックシート」第2.1版を公開

トイレの空き状況などを確認できるオフィス向けIoTサービス

元パソコン誌編集長らが取り組む農業IoT--約2万円の「田んぼカメラ」や除草ロボット

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

スーパーセンターTRIAL長沼店がAI/IoT基盤を4月に導入、商品棚をAIカメラで監視して欠品を補填 | IT Leaders

センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始

スマートディスプレイでYouTubeとかAmazon Prime Videoとかを再生する方法まとめ

新規事業の創出を加速するISID--急ぐユーザーのDX化対応

マイクロソフト、IoT向けソリューション「Azure Sphere」を一般提供

TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステムモノとヒトの作業のすべてをつなぐIoT工具シリーズを発表

「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始

ミネベアミツミと岩崎電気が開発した「IoT街路灯」の実証実験を杉並区で実施

ソルネット、酒造現場のIoT活用を支援--発酵温度の計測を効率化

収穫前に収入予測する農業目指す--ビビッドガーデン、Agri Paletteと連携

国際標準ベースのIoTセキュリティ実装評価、セキュアIoTプラットフォーム協議会が検証開始

「データ駆動型で農業を元気に」、NTTと農研機構が連携協定

STマイクロエレクトロニクス、インダストリアルIoTと車載アプリケーション向けにセキュアなeSIMを発表

エフセキュアが強みを持つクラウドやIoTのセキュリティ対策

NTT Com、IoTプラットフォームサービスに専有型プランを追加

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

インテック、データ処理基盤サービス「ARQLID」にETL機能を追加、データクレンジングに利用可能 | IT Leaders

JSSEC、企業がIoT導入時に検討すべきことをまとめた「セキュリティチェックシート」第2.1版を公開

トイレの空き状況などを確認できるオフィス向けIoTサービス

元パソコン誌編集長らが取り組む農業IoT--約2万円の「田んぼカメラ」や除草ロボット

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

スーパーセンターTRIAL長沼店がAI/IoT基盤を4月に導入、商品棚をAIカメラで監視して欠品を補填 | IT Leaders

センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始

スマートディスプレイでYouTubeとかAmazon Prime Videoとかを再生する方法まとめ

新規事業の創出を加速するISID--急ぐユーザーのDX化対応

マイクロソフト、IoT向けソリューション「Azure Sphere」を一般提供

TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステムモノとヒトの作業のすべてをつなぐIoT工具シリーズを発表

「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始

ミネベアミツミと岩崎電気が開発した「IoT街路灯」の実証実験を杉並区で実施

ソルネット、酒造現場のIoT活用を支援--発酵温度の計測を効率化

収穫前に収入予測する農業目指す--ビビッドガーデン、Agri Paletteと連携

国際標準ベースのIoTセキュリティ実装評価、セキュアIoTプラットフォーム協議会が検証開始

「データ駆動型で農業を元気に」、NTTと農研機構が連携協定

STマイクロエレクトロニクス、インダストリアルIoTと車載アプリケーション向けにセキュアなeSIMを発表

エフセキュアが強みを持つクラウドやIoTのセキュリティ対策

NTT Com、IoTプラットフォームサービスに専有型プランを追加

IoTニュース

オカムラ、IoT技術でオフィス家具の設置場所・使用頻度をデータ化するサービスモデルの開発を発表
システムフォレスト、石垣島製糖株式会社へIoTを導入 電源のないサトウキビ畑で雨量を可視化し、最適な収穫タイミングの予測が可能に
“ハブ不要”“サブスクなし”でスマートホーム普及を目指す「+Style」の取り組み
ソニーの電気自動車「VISION-S」に見る、フィンテックの未来予想図
IoTの普及でペイメントシステムが激変、決済伴う新サービスのゆくえ
工場における産業機械の故障状況の把握
NTTレゾナントのIoTサービス「goo of things」、IoT電球に対応
警察庁、「Mirai」亜種の感染狙うアクセス増加を観測、複数のIoT機器の脆弱性が標的に 
サイバートラストとパナソニックが協業を検討、IoT機器のライフサイクル全体の安全性向上を目指す
IoT人気記事ランキング| 三菱電機のAIで曖昧な命令を理解する技術など[1/27-2/2]
NEC、SDNを月額制で使える新メニューを用意、IoT/OTへの領域拡大に向けた製品強化も実施 | IT Leaders
センスウェイ、NTTPCとの協業により閉域型LoRaWANサービスを提供
IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと
山梨県とNEC、ローカル5GやAI・IoTなどの社会実装に向けて包括連携協定を締結
トヨタやソニー、サムスンの動向に見る、「家電・自動車・街」がつながる世界とは
ドコモが取り組むIoT/AIの最新技術やソリューション DOCOMO OpenHouseレポート2

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。