IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.08.14

大船渡・佐々木が故障予防ITデバイスを使っていたら
IoT時代、<スポーツ選手の故障の予防法>が変わる

BY

 そのために必要なのは、決勝戦当日の佐々木投手自身のコンディションは実際のところどうだったかについて、監督を含む第3者の見立てではなく、「サイエンスの観点」から可視化・検証することではないか。

 見識豊かなJBpress読者の方々なら、IoTの技術を活用すればその目的がかなえられるのではないかと思われるかもしれない。実は、すでにその試みは行われており、実用化の段階にある。

 以下では、カタパルト(Catapult)社(オーストラリア)のGPSデバイスを例にとって、IoT時代に、スポーツ選手の故障の予防法がどう変わるのかをみていきたい。

選手の肉体的な負荷を可視化

「X-tech」というキーワードをご存知だろうか?

 X-techにはいくつかの種類があり、Fintech(フィンテック、金融分野)、Health Tech(ヘルステック、健康分野)、Ad Tech(アドテック、広告分野)、Food Tech(フードテック、食品分野)などがよく知られているが、最近、大きな注目を浴びているのが、スポーツ分野の「Sport Tech」(以下、スポーツテック)である。

 スポーツテックとは「スポーツ × テクノロジー」を意味し、IT(情報技術・デジタル技術)を活用することによってスポーツの新たな付加価値を創造したり、従来とは異なるビジネスモデル(例:モノの売り切りではなく、会員型のサービスモデル)を導入したりするデジタルソリューションのことを指す。

(参考記事)「風雲児アンダーアーマーが描く野心的な未来予想図」
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50209

 欧米を中心とする海外では、スポーツテックの導入により新たなイノベーションが起き、スポーツ産業が新たな成長産業として注目され、市場規模が大きく拡大している。一方、ウエアやシューズのモノ売りに固執する日本のスポーツ産業は、少子高齢化の影響もあって縮小均衡に向かっているように見える。

 このスポーツテックの分野において、GPSやセンシングの技術を活用して選手の「怪我や故障のリスクを軽減する」「試合に向けて選手のコンディションを管理する」という先端ソリューションを提供している企業がある。オーストラリア・メルボルンのスポーツテック企業、カタパルト社だ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線
USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」
アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」
遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち
ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ
トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート
仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】
中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑
なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか
IoT・AI技術にまつわるオープンイノベーション最前線を知る【8/26セッション観覧募集中】
本当に使えるビッグデータはどこにあるのか?-倶楽部情報局
IoT機器の見守り駆けつけサービス「IoT Saver」
ロシアNo.1キャリアのビッグデータ活用術「340万人の批判者を原因別に分類」
名機「PC-8001」発売40周年~LAVIE記念モデルよりもミニチュア版に注目?! ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2019/8/1~8/8】
5Gは産業用イーサを代替する――「真のURLLC」へ、さらに進化する5G
アップル子会社のクラリスが“復活”して狙う「新たな市場」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。