IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2019.08.14

大船渡・佐々木が故障予防ITデバイスを使っていたら
IoT時代、<スポーツ選手の故障の予防法>が変わる

BY

 カタパルト社のGPSデバイスの導入が最も進んでいる分野と言われるのが、日本のJリーグを含むプロサッカーの世界である。

 その背景として、2015年にFIFA(国際サッカー連盟)がGPSデバイスの試合での着用を認めたことが挙げられる。日本のJリーグも翌年この方針に追随した。

 データ解析により故障のリスクを未然に回避することで、クラブは高額な年棒を払って獲得したスター選手が年間を通じて試合に出場できないという経営上の機会損失を防ぐことができる。

 読者のみなさんは、テレビのスポーツニュースなどで、欧州のトップクラブのプロサッカー選手たちが上半身に(ユニフォームの上から)黒いブラジャーのようなものを身につけて練習する風景を目にしたことがあるかもしれない。「デジタルブラジャー」と呼ばれるこの装置の背中の部分には、ちょうどミントタブレットの「フリスク」(FRISK)の箱くらいの大きさのGPSデバイスを固定するポケットがついている。このGPSデバイスには加速度/角速度センサーや地磁気センサーも内蔵されていて、選手の走行距離・スピードだけではなく、加速や減速、身体の傾き、方向転換など選手の様々なパフォーマンスを高い精度で記録できる(カタパルト社のGPSデバイス「OptimEye S5」の後継で、主力製品の「VECTOR」の場合)。

カタパルト社のホームページより
拡大画像表示

 そして選手の運動に関するあらゆる角度からのデータを一定の期間蓄積していくことで、1日の練習や試合で平均値に対してどれだけ多くの負荷が選手にかかっているのかを、PCの専用ソフトやスマートフォンのアプリ画面を見ながらチェックすることが可能になる。

 短期的な過大負荷(オーバーロード)は選手の疲労につながるだけでなく、怪我や故障の直接的な原因にもなる。そのため、チームのマネジメント層だけでなくプレイヤー本人もそのアラートを的確に把握し、的確なケアを心がけることが必要だ。

 仮に、ある選手が突発的に故障してしまった場合、ある程度のデータの蓄積があれば、その直前のデータを解析することで、その選手の特定の運動の身体への負荷と故障リスクについての相関を探ることができるだけでなく、再発の防止(さらなる予兆の発見)につなげることもできる。

怪我や故障に関与する2つの指標

 カタパルト社のGPSデバイスはさまざまなデータを取得しているが、そのなかで怪我や故障に関与するのは、運動量を示す「ボリューム」(Volume)と運動強度を示す「インテンシティ」(Intensity)という2つの指標だという。

 サッカーの場合、ボリュームは選手のトータルの走行距離、インテンシティは得点に絡むシーンなどハイスピードで走行した距離やその割合、つまり急激な加速・減速という強度を示すデータになり、その分析手法も確立されてきている。

 野球おける本格的な導入はこれからだが、佐々木選手のような主戦投手の場合、試合中に足がつる、肩が重くなるというのはボリュームに関係するアウターマッスル系への負荷、肘や肩の内側が痛くなるというのはインテンシティに関係するインナーマッスル系への負荷ということになるだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

インテック、データ処理基盤サービス「ARQLID」にETL機能を追加、データクレンジングに利用可能 | IT Leaders

JSSEC、企業がIoT導入時に検討すべきことをまとめた「セキュリティチェックシート」第2.1版を公開

トイレの空き状況などを確認できるオフィス向けIoTサービス

元パソコン誌編集長らが取り組む農業IoT--約2万円の「田んぼカメラ」や除草ロボット

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

スーパーセンターTRIAL長沼店がAI/IoT基盤を4月に導入、商品棚をAIカメラで監視して欠品を補填 | IT Leaders

センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始

スマートディスプレイでYouTubeとかAmazon Prime Videoとかを再生する方法まとめ

新規事業の創出を加速するISID--急ぐユーザーのDX化対応

マイクロソフト、IoT向けソリューション「Azure Sphere」を一般提供

TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステムモノとヒトの作業のすべてをつなぐIoT工具シリーズを発表

「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始

ミネベアミツミと岩崎電気が開発した「IoT街路灯」の実証実験を杉並区で実施

ソルネット、酒造現場のIoT活用を支援--発酵温度の計測を効率化

収穫前に収入予測する農業目指す--ビビッドガーデン、Agri Paletteと連携

国際標準ベースのIoTセキュリティ実装評価、セキュアIoTプラットフォーム協議会が検証開始

「データ駆動型で農業を元気に」、NTTと農研機構が連携協定

STマイクロエレクトロニクス、インダストリアルIoTと車載アプリケーション向けにセキュアなeSIMを発表

エフセキュアが強みを持つクラウドやIoTのセキュリティ対策

NTT Com、IoTプラットフォームサービスに専有型プランを追加

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

インテック、データ処理基盤サービス「ARQLID」にETL機能を追加、データクレンジングに利用可能 | IT Leaders

JSSEC、企業がIoT導入時に検討すべきことをまとめた「セキュリティチェックシート」第2.1版を公開

トイレの空き状況などを確認できるオフィス向けIoTサービス

元パソコン誌編集長らが取り組む農業IoT--約2万円の「田んぼカメラ」や除草ロボット

IoT人気記事ランキング|ソラコムの通信するエッジAIカメラなど[2/17-2/23]

スーパーセンターTRIAL長沼店がAI/IoT基盤を4月に導入、商品棚をAIカメラで監視して欠品を補填 | IT Leaders

センスウェイ、オフィス向けのトイレIoTサービス「ToiletMaster」を本日より提供開始

スマートディスプレイでYouTubeとかAmazon Prime Videoとかを再生する方法まとめ

新規事業の創出を加速するISID--急ぐユーザーのDX化対応

マイクロソフト、IoT向けソリューション「Azure Sphere」を一般提供

TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステムモノとヒトの作業のすべてをつなぐIoT工具シリーズを発表

「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始

ミネベアミツミと岩崎電気が開発した「IoT街路灯」の実証実験を杉並区で実施

ソルネット、酒造現場のIoT活用を支援--発酵温度の計測を効率化

収穫前に収入予測する農業目指す--ビビッドガーデン、Agri Paletteと連携

国際標準ベースのIoTセキュリティ実装評価、セキュアIoTプラットフォーム協議会が検証開始

「データ駆動型で農業を元気に」、NTTと農研機構が連携協定

STマイクロエレクトロニクス、インダストリアルIoTと車載アプリケーション向けにセキュアなeSIMを発表

エフセキュアが強みを持つクラウドやIoTのセキュリティ対策

NTT Com、IoTプラットフォームサービスに専有型プランを追加

IoTニュース

エッジコンピューティングのプラットフォーマーを目指すIoTベンチャー
2019年もサイバー攻撃関連の通信が活発化、ウェブカメラやルーターなどIoT機器を狙った攻撃が多数、NICTER観測レポート2019 
保育園IoTの「ハピクロ」が、北九州ものづくり現場でのIoT活用による生産性向上に関する共同研究に参画
むつ市・NTT Com・NTTレゾナント、IoT電球を活用した高齢者向け見守りサービスで連携
5GとIoTは医療分野で多数のユースケース--課題はインフラの整備
ソラコム、LTE-M内蔵で4種類のセンシングが可能なIoTデバイス「GPSマルチユニット SORACOM Edition」提供開始
LPWA通信を利用したフジクラ社の「市民参加型スマートシティIoT実証実験」にIoTCanvasを提供
マイクロソフトのIoTイベント「IoT in Action」開催、オカムラがオフィス什器のIoT化の取り組みを説明
導入までいかないPoCをやる意味って? 「日本的ファクトリーIoT」のススメ
IoTで赤ちゃんと両親を笑顔に、育児の不安と負担を減らす「ベビーテック」最前線(「ベビーテック」で赤ちゃん笑顔)
IoT人気記事ランキング|経産省が「DX銘柄2020」の選定でアンケート開始など[2/3-2/9]
オフィス家具のオカムラ「IoTでオフィスと社員の関係を進化させる」
NECとインド・ビハール州、IoTを活用した予防医療分野で協業
「入れっぱなし」で健康管理--日本MS「IoT in Action」展示会レポート
プラススタイルのスマート家電はなぜ「サブスクなし」にこだわるのか
エフセキュア、IoT関連セキュリティテスト向けの次世代製品「USB Armory Mk II」発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。