IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2019.06.12

中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦
IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる

BY

マイケル・ピルズベリー(著)、野中 香方子(訳)『China 2049 秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』(日経BP社)

 2049年、アメリカと中国の覇権争いの舞台は「宇宙空間とサイバー環境」へ。

「米中貿易戦争」「米中新冷戦」・・・センセーショナルなキーワードが蜂の巣を突いたように新聞やウェブ記事にあふれ出した令和最初の5月。

 ほぼ5年ぶりに『China 2049 秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』(日経BP社、2015年9月)*1を読み返してみた。

 本書はCIA職員で「パンダハガー(親中派)」のひとりだったマイケル・ピルズベリー氏(以下、ピルズベリー)が親中派と袂を分かち、世界の覇権を狙う中国の長期的国家戦略に警鐘を鳴らすようになるまでの、約40年以上にもわたる実に興味深いドキュメンタリーである。

 冒頭で引き合いに出されるのが「瞞天過海」(まんてんかかい:天をあざむきて海をわたる)という古代中国『兵法三十六計』にある格言である。

 これは「ありふれた風景に隠れ、敵の油断を誘う」という意味だ。自分より強い敵を、相手の力を利用し、戦いに巻き込まれていることさえ気づかせないまま打倒することを意味している。

 中国は孫武の兵法書『兵法』などから策略を学び、毛沢東による1949年の建国当時から100年をかけてアメリカを「瞞天過海」して世界を征服する計画を立てていた、とピルズベリーは主張する。そして、「中国100年マラソン」のゴールが中国の野望が達成される年『China 2049』に当たる。

 1979年の米中国交正常化の当時、中国側の立役者だった鄧小平は経済発展にとって「技術は第一の生産力」だと考え、中国が経済力でアメリカを凌ぐ唯一の方法は、科学と技術を大々的に発展させることだと確信していた。

 そんな鄧小平の対外政策を端的に表す言葉が「韜光養晦」(とうこうようかい:光をつつみ、養いかくす。才能や野心を隠して周囲を油断させて力を蓄えて行く、という意味)であったことは日本でも広く知られている。

 なるほど、「韜光養晦」は「瞞天過海」と見事に符合する考え方だ。

 ニクソン以降の歴代大統領をはじめとする多くのアメリカ人は中国共産党の巧みな調略に目を眩まされ、資本主義的な経済に移行した移行した中国はいずれ自由民主主義も採用するはず、という集団的な認知バイアスに陥って、気前よく資金や科学技術の供与を続け、(トランプ大統領が鉄槌を下すまで)多額の貿易赤字さえ甘受してきた。

『China 2049』を帰結すべきゴールと考え、そこから現在までの道のりをバックキャストで考えると、米中の間で今起きている経済面での激しい応酬や安全保障上の諸問題は必然であると同時に、中国が仕掛ける長いマラソンレースのほんの「通過点」に過ぎない(つまり早期の幕引きはありえない)と解釈できる。

*1:原題『The Hundred-Year Marathon: China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower』 Michael Pillsbury

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”

日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは

エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders

【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加

マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

日立がIoTプラットフォームLumadaを使って2年で2兆円を目指す

ビジネスプロセス変革の最前線に「変貌するBPM」─iBPM、そしてケースマネジメントへ | IT Leaders

テクノロジー

中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦

今さら聞けないIoTの裏の“裏”

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTは誰のため

東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 

エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント

「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く

台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める

Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス

米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入

東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース

UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も

全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”

日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは

エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders

【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加

マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

日立がIoTプラットフォームLumadaを使って2年で2兆円を目指す

ビジネスプロセス変革の最前線に「変貌するBPM」─iBPM、そしてケースマネジメントへ | IT Leaders

テクノロジー

中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦

今さら聞けないIoTの裏の“裏”

IoTニュース

IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。