IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2019.06.12

中国を宇宙から監視、米国の総力戦にアマゾンも参戦
IoT時代、<宇宙開発における官民の関係>が変わる

BY

 江西省瑞金は毛沢東が共産党における指導権を確立することとなった『長征』の出発地である。

 1934年、蒋介石の国民党軍と戦っていた中国共産党軍10万人は瑞金の地を追われ、壮絶な行軍(撤退戦)を始めた。2年後、1万2500キロを移動して陝西省延安にたどり着いた時、兵力は2万〜3万人まで減っていたと言われる。

 中国では『長征』は決して惨めな敗残戦ではなく、持久戦に耐えて反転攻勢を仕掛け、1949年の建国のきっかけになった「歴史的な大偉業」と位置付けられている。

 つまり、米中貿易戦争は中国共産党にとっても「100年マラソン」を戦い抜くための『新・長征』であり、アメリカとの冷たい持久戦を戦い抜く覚悟を示したということだ。

国家安全保障の主戦場は「宇宙空間」と「サイバー環境」へ

 2049年は、取りも直さず、米中の国家間の覇権争いのゴールでもあり、国家安全保障上の結節点ともなるはずだ。

 戦いは、今後、宇宙空間やサイバー環境を主戦場に繰り広げられるようになる。

中国の街角でよく見かける中国共産党の標語。2018年夏、上海の新天地にて。(筆者撮影)

 まず「サイバー環境」で敵のシステムを攻撃し、敵の情報システムを混乱させる。同時に「宇宙空間」では敵の最新兵器システムを破壊し、敵の兵站システムを無力化し、敵の技術的優位から生じるシナジー効果を否定する戦い方を展開する。

 これがまさにアメリカの国防総省が想定する対中国の安全保障戦略、近未来の持久戦争の本質なのだ。

 片やアメリカがファーウェイをはじめとする中国のハイテク企業に厳しい制裁を課すことで、中国が早晩、経済的にも技術的にも追い詰められ、戦いの趨勢がアメリカの優位で進むと考えるのはあまりにも早計だ。

 中国のハイテク技術の現在地とポテンシャルを甘く見過ぎてはいけない。

 中国が、民主主義国家なら当然クリアしなければならないプライバシーの問題に全く躊躇することなく、国家規模でビッグデータやAI活用を急ピッチで進めている現実、ファーウェイ1社が保有する5Gの標準必須特許数が(それがたとえ仮に技術移転の強要や知的財産の盗用でアメリカから盗られたたものだったとしても)アメリカのクアルコムやインテルを凌駕する現実*3を直視すれば、アメリカの技術的優位は多くの日本人が期待するほど盤石ではない。

【参考】 顔認証システム「天網」に見る中国の深謀遠慮
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53116

*3https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45231420U9A520C1TCR000/

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

NEC、IoT機器の改竄を検知可能な軽量・高速ソフトウェアを提供 | IT Leaders

シャープ、COCORO VISIONの機能強化、音声認識でレコメンド登録

富士通SSL、IoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

河川水位監視や路線バス運行管理も、オートバックスセブンの見守りIoT…CEATEC 2019

アクセルラボ、スマートホーム向けIoT機器の展示やコンセプトルームを展開【CEATEC 2019】

「CEATEC 2019」レポート。ANAが初出展でアバター技術を披露

日立ソリューションズ東日本、製造業向けの生産性向上IoT/データ分析ソリューション「WellLine」

「5Gで何が変わる?」ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのトップが激論 #CEATEC

大成建設、建物の運用・保守業務をAIとIoTで効率化、日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders

【CEATEC】AI+IoTプラットフォームを提供するTuyaが、多彩なIoT製品を展示

マイクロソフト、大成建設、NXPジャパンが協業--IoTデータ活用体制を拡大

AIロボにひとめぼれ オートバックスセブン発IoTプラットフォーム構想の本気度

企業のデジタルシフトはIoT、5G、サブスクリプションが牽引。マインドセットを転換せよ──ITRのアナリストが提言

ウーバーの無責任な「ドライバー雇用」は許されない

“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅

アルプスアルパインはCASEやインターフェイス技術を訴求へ…CEATEC 2019

シャープ、AIoT活用しスマートライフのプラットフォーマーに−−2つの子会社設立

家庭向けにIoT社会で息を吹き返す、パナの「IoT-PLC」

インフォマート、IoTを活用した在庫管理ソリューションサービス

「いまはベンチャーが大手を選択する時代」超先端分野で東芝がNextremerと組んだ理由

NEC、IoT機器の改竄を検知可能な軽量・高速ソフトウェアを提供 | IT Leaders

シャープ、COCORO VISIONの機能強化、音声認識でレコメンド登録

富士通SSL、IoT機器のセキュリティ対策をトータルに支援する「IoTセキュリティサービス」を提供開始

IoTニュース

IoTBASE、「ELTRES」対応のIoTサービスを提供開始
KDDIら、“IoTボール”でアスリートの育成支援--球の軌道や正しい姿勢をAIで解析
IoT家電を使うとギフトカードがもらえる?経産省主導の「LIFE UP プロモーション」とは 
NTTのIoTシステム向けメッセージ認証技術「LightMAC」 ISO/IEC 29192-6に採択
ルネサス、Armマイコン「RAファミリー」を発表
自動で衣類を折り畳んで収納するタンス「INDONE」、CEATEC 2019でアップデートモデルを発表
IoT、Mobility、Wellnessなど7分野の製品展示、TDK
富士通と名古屋市、地下鉄駅構内の混雑状況をIoTで可視化する実証実験
Gunosy、フラーの「App Ape」を導入 スマホユーザーの分析にライフログデータを活用へ
セニアカーの状態をリアルタイムで検知、スズキとNTT Comが実証実験へ
住友ゴム、AI/IoT基盤を活用したタイヤ生産システムを構築 | IT Leaders
安価なIoT機器でも安全なライフライクル管理を実現、サイバートラストがLinux用にSDKを提供 | IT Leaders
規制緩和で実現なるか 日本発都市型スマートシティの現在
5Gのオフロード用としても存在感を高める「Wi-Fi 6」の最新動向
ITシステム戦略で遅れた企業は売上増の機会を大きく逃す可能性--アクセンチュア調査
サイバートラスト、IoT機器のセキュアなライフサイクル管理を実現する「セキュアIoTプラットフォーム」をLinuxに対応

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。