IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

2018.09.18

日本での視界は良好か?「空飛ぶ自動車」の未来
IoT時代、<モビリティ体験>が変わる

BY

 2017年にボルボの親会社である中国浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディングスグループ)に買収されたことで、関係者の間ではちょっとしたニュースになった。

 トランジッションの動力は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド型だ。

 自動車として走行する際の最高速度は約100km/h程度に過ぎないが、飛行時の最高速度は約160km/hで、航続距離は約640kmとされている。

 テフラージアは、設立と同時にプロトタイプの開発を開始、早くも2009年には米連邦航空局(FAA)の監督下、ニューヨーク州でテストフライトを行っている。

 この「空飛ぶ飛行機」は小型軽量であるがゆえに、ライトスポーツエアクラフトのカテゴリーに分類されていて、取得容易なスポーツ・パイロットのライセンスがあれば操縦できるというのが最大の利点である。

 気になる自動運転(航行)化の取り組みはどうか。

 テラフージアは2023年頃を目標に、自動運転(航行)が前提で、滑走路が不要な垂直離着陸(VTOL:Vertical Take-Off and Landing)タイプのTF-Xを市場投入することを発表、完成度の高いコンセプトCGを公開している。

<参照>The Terrafugia TF-X™ (https://www.youtube.com/watch?v=wHJTZ7k0BXU

「空飛ぶ自動車」をライドシェアで運用するウーバーの野望

 モビリティサービスの風雲児、米ウーバー・テクノロジーズ(以下、ウーバー)。

 シェアリングエコノミーの追い風に乗って、配車アプリを使った「ライドシェア」(乗り合い)というCtoCのユニークなシェアサービスを成功させた。

 そのウーバーが今、ライドシェアのサービスを、地上から空へと一気に拡大しようと積極的な攻勢に出ている。

「スカイポート」と呼ばれる、ビルの屋上の離発着施設を利用し、テラフージアのTF-Xのようなタイプの垂直離着陸機(VTOL)を使って、空のライドシェアサービスを実用化しようとするものだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

自動で衣類を折り畳んで収納するタンス「INDONE」、CEATEC 2019でアップデートモデルを発表
IoT、Mobility、Wellnessなど7分野の製品展示、TDK
富士通と名古屋市、地下鉄駅構内の混雑状況をIoTで可視化する実証実験
Gunosy、フラーの「App Ape」を導入 スマホユーザーの分析にライフログデータを活用へ
セニアカーの状態をリアルタイムで検知、スズキとNTT Comが実証実験へ
住友ゴム、AI/IoT基盤を活用したタイヤ生産システムを構築 | IT Leaders
安価なIoT機器でも安全なライフライクル管理を実現、サイバートラストがLinux用にSDKを提供 | IT Leaders
規制緩和で実現なるか 日本発都市型スマートシティの現在
5Gのオフロード用としても存在感を高める「Wi-Fi 6」の最新動向
ITシステム戦略で遅れた企業は売上増の機会を大きく逃す可能性--アクセンチュア調査
サイバートラスト、IoT機器のセキュアなライフサイクル管理を実現する「セキュアIoTプラットフォーム」をLinuxに対応
OKI、AIエッジコンピューター「AE2100」を発売ーーAIベンチャーやSIerとの共創でAIエッジ領域に注力
保育園の「お昼寝チェック」をIoTで省力化 Hoimin (ホイミン)【CEATEC 2019/東京ビジネスフロンティア注目ブース紹介】
見通し100kmでも通信可能なIoT向けLPWA「ELTRES」、ソニーなどが商用サービス開始
Rust言語のメリットと課題、「Azure IoT Edge」の事例から分かること
NTTコムとスズキ、高齢者見守りサービスで実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。