IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.08.09

本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ
IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる

BY

ルンバ980とアマゾンアレクサ(Echo Dot)。ルンバの筐体の真ん中にあるカメラと複数のレーザー/赤外線センサーによって、部屋の「マッピング」が可能になった。(著者撮影)

 2017年11月16日(木)。

 アマゾンアレクサ(Echo Dot)日本語版のデリバリーが開始された、この記念すべき日と相前後して、著者の家にやってきたIoT機器がもうひとつある。

【参照】アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51827

 それは、米アイロボット社のロボット掃除機、「ルンバ」シリーズの最上位機種、ルンバ980である。

 実はこれもアマゾンでの買い物だ。

 因みに、昨年11月時点のルンバ980のお値段は消費税込みで約11万円超。決して安い買い物ではないが、あえてこのタイミングで購入に踏み切ったのには明確な理由があった。

「ルンバ」シリーズのハイエンド機種のいくつかが、アレクサ日本語版の最初にリリースする「スキル」に対応するらしい・・・。複数のウェブ記事が、ほぼ確実な情報としてこのニュースを伝えていたからだ。

 ルンバ980を専用アプリでコントロールするだけでなく、アレクサとの音声対話によって意のままに操るという未知の体験。

 ルンバとアレクサのマリアージュは、著者の期待や想像をはるかに超えた、「ディライト体験」となることが予想された。

アレクサのスキルとは、たった5秒以内で連繋

 ルンバとアレクサの連繋は、『IoT Today』の読者の皆さまのようにデジタルリテラシーの高い方々であれば、お手の物だろう。

 まず、宅内のインターネットルーターの管理ソフトにMACアドレスを打ち込む方法で、ルンバとアレクサのそれぞれをWi-Fi接続する。

 次に、アレクサ導入時にスマートフォンにダウンロード済みのアレクサアプリの「スキル」(アレクサの機能を拡張する専用ソフトウエア)のメニューから、ルンバの「スキル」を探す。

 そして、ルンバの「スキル」が見つかったら、ルンバの「スキルを有効にする」ための設定ボタンをワンクリックするだけだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。