本当は恐ろしい? ルンバとアレクサのマリアージュ

IoT時代、<個人情報の種類と収集の仕方>が変わる

朝岡 崇史/2018.8.9

いいね ツイートする
ルンバ980とアマゾンアレクサ(Echo Dot)。ルンバの筐体の真ん中にあるカメラと複数のレーザー/赤外線センサーによって、部屋の「マッピング」が可能になった。(著者撮影)

 2017年11月16日(木)。

 アマゾンアレクサ(Echo Dot)日本語版のデリバリーが開始された、この記念すべき日と相前後して、著者の家にやってきたIoT機器がもうひとつある。

【参照】アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51827

 それは、米アイロボット社のロボット掃除機、「ルンバ」シリーズの最上位機種、ルンバ980である。

 実はこれもアマゾンでの買い物だ。

 因みに、昨年11月時点のルンバ980のお値段は消費税込みで約11万円超。決して安い買い物ではないが、あえてこのタイミングで購入に踏み切ったのには明確な理由があった。

「ルンバ」シリーズのハイエンド機種のいくつかが、アレクサ日本語版の最初にリリースする「スキル」に対応するらしい・・・。複数のウェブ記事が、ほぼ確実な情報としてこのニュースを伝えていたからだ。

 ルンバ980を専用アプリでコントロールするだけでなく、アレクサとの音声対話によって意のままに操るという未知の体験。

 ルンバとアレクサのマリアージュは、著者の期待や想像をはるかに超えた、「ディライト体験」となることが予想された。

アレクサのスキルとは、たった5秒以内で連繋

 ルンバとアレクサの連繋は、『IoT Today』の読者の皆さまのようにデジタルリテラシーの高い方々であれば、お手の物だろう。

 まず、宅内のインターネットルーターの管理ソフトにMACアドレスを打ち込む方法で、ルンバとアレクサのそれぞれをWi-Fi接続する。

 次に、アレクサ導入時にスマートフォンにダウンロード済みのアレクサアプリの「スキル」(アレクサの機能を拡張する専用ソフトウエア)のメニューから、ルンバの「スキル」を探す。

 そして、ルンバの「スキル」が見つかったら、ルンバの「スキルを有効にする」ための設定ボタンをワンクリックするだけだ。