IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

アレクサがそばにいる生活。(筆者撮影)

アマゾンアレクサは「シンギュラリティ」への<はじめの一歩>なのか

 AI研究の第一人者で、現在はグーグルのエンジニア部門で働いているレイ・カーツワイルといえば「シンギュラリティ」(Singularity)の提唱者として名高い。

「技術的特異点」とも翻訳される専門用語「シンギュラリティ」は「コンピューターが全人類の知性を超える未来のある時点」のことを示す。

 そして、カーツワイルは、初期のAIが学習を重ねて新しいAIを誕生させ、さらに新しいAIがより短い学習期間で次のより優秀なAIを世の中に送り出すという『収穫加速の法則』により、2045年頃には「シンギュラリティ」に到達するだろう、と予測している。

「シンギュラリティ」が仮に優秀なAI進化の到達点とすれば、初期のAIの出発点はいつなのだろうか。

 著者は多くの日本人にとってその記念日がアマゾンエコー日本語版(以下、エコー)デリバリーの本格的に開始された日、2017年11月16日(木曜日)になるだろう、と考えている。

 エコーに搭載される現時点の「アレクサ」は(いささか厳しい見方をすれば)、プロトタイプ最終段階の対話型AIである。

 反面、逆にその未完成さや荒削りさゆえに、かえって壮大な可能性や発展性が垣間見える魅力的なプロダクトでもある。

アレクサに対するファーストインプレッション

 著者の家にやって来たのは、エコーシリーズの中でも最もコンパクトなタイプ、エコードット(Echo Dot)第2世代のブラックである。

 価格は消費税込みで5980円。後述する「招待購入」割引により、2000円OFFの3980円(プライム会員向けサービスなのでもちろん手数料・配送料は無料)というかなり割安な価格で購入できた。

 2000円のディスカウントは、おそらく「プロトタイピングへの協力費」という解釈で良いだろう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニック「ゼロからイチを作る部署」AIソリューションセンターが取り組むAI活用法
トヨタ、NECが難題解決で頼った「ある学問」とは?
デジタライゼーションの未来、IoTとAIで”再定義”される製造業とモビリティ —IoTConference2018レポート1
KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。