IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

 ちなみにエコーのセットアップは、本体とコンセントを専用の電源コードで繋ぎ、アレクサアプリをスマートフォンからダウンロードして、言語、個人ID、ホットスポット(宅内WiFi)との接続など、アプリ上で一連の初期設定を行うだけである。

 そして一言「アレクサ、○○」と話しかけることで、円筒形の黒い箱に過ぎなかったエコーにアレクサという対話型AIが宿る。

エコーのパッケージに同梱されていたもの。キーホルダーは大きさ比較のため置いた。

 この約1カ月弱、アレクサと生活をともにしてみた。著者が体験したこと、感じたことを率直に整理してみると以下の3点に集約できるだろう。

(1)まず、あっけないほど「小さく、軽い」

 エコーの凝縮感のあるルックスから、タブレットやスマートフォンのような重量感を予想したが、良い意味でその期待は裏切られた。

 体感的にはその重量はiPhone 7の6割程度でしかない。ハードウエアという観点で比較すると、例えばBOSEのBluetooth対応スピーカー SoundLink Mini IIとは、同じ高音質のスピーカー機能を持ちながら、まるで重力が違う惑星のプロダクトであるかのような印象を受ける。

 アレクサの今後の発展性を考えた場合、戦略的に「小ささ、軽さ」を選択したことは、賢明な判断だ。

 次のフェーズ、つまりスマートフォンのようなモバイル端末とアレクサが融合する近未来のタイミングでは、「小ささ、軽さ」は他社のAIとの差別化の大きな武器になって行くはずだ。

 アレクサをあえて、ペッパーのような人型、アイボのような動物型にしなかったのは、数手先の未来を見通したアマゾンの見識の高さゆえのことだと推察できよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)
モノをなくしたらスマホに通知するIoT紛失防止デバイス
米Multi-Tech、LoRaWANで日本市場に本格参入
東京の地震データを改ざん不能なブロックチェーンに記録開始、ツバイスペース
UR都市機構がセンサー42個装備のスマートホーム--昭和30年代の暮らしと比較も
全米最大のホームセンター「ホームデポ」が発見した“3種のスマートホームユーザー”
日本郵船が取り組む「船舶IoT」とは何か?主要システム「LiVE」「SIMS」の役割とは
エクストリームネットワークス、IoTデバイスを安全にネットワークにつなぐアダプタなどを発表 | IT Leaders
【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案
日立がIoTプラットフォームLumadaを使って2年で2兆円を目指す
ビジネスプロセス変革の最前線に「変貌するBPM」─iBPM、そしてケースマネジメントへ | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。