スマートスピーカーはインターネットのかたちを変えるのか

画面ありきの情報蓄積から音声での利用を想定したものへ

IoT Today × #老後を変える 特別取材班(中村祐介・小川史晃)/2017.11.21

いいね ツイートする

声で指示するだけでタイマーを起動してくれる、声で指示するだけで明日の天気や気温を教えてくれる。そんな便利なアイテム「スマートスピーカー」。欧米では2014年末ごろから登場し、ユーザーのライフスタイルを変革するものとして話題となっている製品だ。

日本でも各社から続々と発売され、いよいよ日本でもムーブメントが起ころうとしている。

スマートスピーカーが生活に根付いたら、もっと活用方法が増えたら、我々の未来はどう変わっていくのだろうか?

今回はメットライフ生命が運営する「#老後を変える」編集部と共同取材を行い、スマートスピーカーが変える我々の生活について考察した。

なお、「AIスピーカー」という呼び方を目にすることもあるが、現状の製品特徴から一般的には「スマートスピーカー」と呼ばれることが多くなっている。本稿でも「スマートスピーカー」と呼ぶこととする。