IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.12

アマゾンの「ゼロクリック」は壮大な社会実験だ
IoT時代、<ショッピング体験>が変わる

BY

2017年9月に発表された、第2世代のアマゾン・エコー。音声AIアシスタントの競争が過熱している。(写真:The New York Times/アフロ )
「クリックからゼロクリックへ」
(ニューヨーク大学スターンスクール<経営大学院>のスコット・ギャロウェイ教授)。

 人間とコンピュータの次世代インターフェースは「音声」になる可能性が高い。「ゼロクリック」とは、物理的なクリックを伴わない、音声だけでのショッピング体験のことだ。

 アマゾン・ドット・コム(以下アマゾン)が音声アシスタントAI「Alexa(アレクサ)」を搭載した対話型音声スピーカー「echo dot(エコー・ドット)」を発売したのは2014年。

 今や、その価格もアマゾンプライム会員なら49.99ドルからと極めてお手軽だ。米国内だけでエコー・シリーズ全体の普及台数はすでに1100万台を超えた、と推計されている。

(参考)Amazon echo & Alexa Devicesのページ(https://www.amazon.com/Amazon-Echo-And-Alexa-Devices/b?node=9818047011

 また、直近のホットニュースとして、アマゾンジャパンは10月2日、日本でも年内に日本語対応のエコーを発売すると発表した。

 音声アシスタントAIのアレクサは、お客さま(話し手)の音声を認識しテキストに変換する技術と、そのテキストの意味を読み取って端末を制御するアプリケーションに伝達する技術の集合体だ。

 アレクサを搭載したアプリはすでに2万以上と言われており、アマゾン・エコーのサービスの範囲は、好きな音楽をかける、ピザを注文する、自宅の鍵や家電をコントロールする、ウーバーを呼ぶ、自宅の近くのお店を探すなど、まさに人間の生活全般に及ぶ。

(参照)Amazon echo.dotのプロモーションビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=hPXS7rC1PWo

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

ライフスタイル

LINEが放つAIプラットフォーム戦略

ガス機器や複数家電が連携、シャープAIoTが他社と組んで実現する新たな一歩

ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始

マクニカと損保ジャパン、製造業向けにIoT監視データを活用した保険サービスを提供 | IT Leaders

トレンドマイクロが考えるリモートマネジメント時代のセキュリティ

クラウド、SaaS、IoTを国内事業の3本柱に--トレンドマイクロが掲げる2020年の事業戦略

三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も

ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

ライフスタイル

LINEが放つAIプラットフォーム戦略

ガス機器や複数家電が連携、シャープAIoTが他社と組んで実現する新たな一歩

ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始

マクニカと損保ジャパン、製造業向けにIoT監視データを活用した保険サービスを提供 | IT Leaders

トレンドマイクロが考えるリモートマネジメント時代のセキュリティ

クラウド、SaaS、IoTを国内事業の3本柱に--トレンドマイクロが掲げる2020年の事業戦略

三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)

トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も

ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoT人気記事ランキング|FAがわかれば製造現場がわかる、IoTゲートウェイ「PUSHLOG」―アスコ・杉村氏インタビューなど[5/18-5/24]

NTTドコモなど、医療機関・患者向けの ICT・IoT 活用における協業検討を開始 VR・ARによるバーチャル外出支援に取り組む

サイバーリンク、アドバンテック社と提携し、AI 顔認識エンジン「FaceMe(R)」をリテール、ホスピタリティ、セキュリティの AI/IoT アプリケーションに統合

IoTの重要性がさらに高まるコロナ後の世界

IoTニュース

ガス機器や複数家電が連携、シャープAIoTが他社と組んで実現する新たな一歩
ウフル、IoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて3密をセンサーで検知し可視化するシステムを提供開始
マクニカと損保ジャパン、製造業向けにIoT監視データを活用した保険サービスを提供 | IT Leaders
トレンドマイクロが考えるリモートマネジメント時代のセキュリティ
クラウド、SaaS、IoTを国内事業の3本柱に--トレンドマイクロが掲げる2020年の事業戦略
三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始
[製造業: 5/28]DXを活用した製造業の未来 製造現場のデジタルツイン構築からDXの活用事例(無料/ウェビナー)
トレンドマイクロが2020年の事業方針を発表、“新たな時代”に対応したセキュリティソリューションを提供へ
マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供
トレンドマイクロ、クラウドを保護する新製品ブランド「Trend Micro Cloud One」を発表 | IT Leaders
OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始
マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク、IoT製品のデータを活用した保険サービスを提供
京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発
CTCら、体温検知デバイスを発売--AIによる顔認識機能も
ロボット活用で安心・安全と生産性向上へ--QBIT、コロナ対策ソリューション
オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。