IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

生体センサーとIoTで登山はより楽しく安全になる
IoT時代、<登山の体験>が変わる

BY

日本百名山のひとつ、北関東の皇海山。(筆者撮影)

「百の頂に百の喜びあり」。

日本百名山』(新潮社)を世に送り出した深田久弥さんのこの言葉に魅せられて、著者が山登りを始めてから随分と時間が経つ。

 コンサルティングの仕事の合間、まとまった時間ができると、60リットルのザックに寝袋、テント、着替えと3日分の食料を詰めて、ひとり山へと向かう。

 著者の登山スタイルにユニークな点があるとすれば、仕事柄、デジタルの登山ギアに人一倍強く反応して、それらを“実戦投入”していることだろう。

 最近の一押しは、iPhone7に入れている登山アプリ「ジオグラフィカ」(Geographica、デベロッパー:Keiji Matsumoto)である。

「ジオグラフィカ」の地図表示画面。

「ジオグラフィカ」はその名が示すとおり、本格的なナビゲーション機能を持った“使える”登山用GPSアプリ(キャッシュ型オフラインGPSアプリ)である。

 クルマのカーナビ同様、たとえ携帯電話の電波の届かない山奥であっても、自分が今いる位置と歩いた軌跡が地図上に正確に表示される。

 しかし、このアプリの潜在的な魅力はそれだけではない。

IoT Today』 の読者の方であれば、気付くだろう。このアプリの今後の機能拡張の技術的な方向性としてIoT導入を想定すると、登山者にとって、さらにワクワクするような登山体験を提供してくれる可能性が大きいことに。

 IoT時代、<登山の体験>も変わる。

 実際に「ジオグラフィカ」を連れ、日本百名山のひとつ、北関東の皇海山(すかいさん、標高2144m)の山頂へと続く変化に富んだ尾根道を歩きながら、いろいろと楽しい想像を巡らしてみた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

UQ mobile、家庭向けのIoTサービス「UQ×with HOME」を開始
KDDI、ヒトやモノの現在位置・移動経路を見える化する「KDDI IoTクラウド ~Pocket GPS~」
富士フイルムと日本マイクロソフト、医療現場支援の実現に向けた協業を開始
416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測
スマホの通知を伝えるスマートボールペン「INFO+」を衝動買い
IoTプラットフォーム「SORACOM」のIoT契約回線が100万を突破
「CES Asia 2019」レポート ~IoT家電が目白押し! ファーウェイのスマートホーム規格も
中部電力が取り組む「コト売り」とIoTやクラウドの使い方
これが製造業DXのすべてだ!生産ライフサイクル管理からVRまで、全方位で提供
IoTは誰のため
東芝デジタルソリューションズ、ビッグデータ・IoT向けスケールアウト型分散DB「GridDB」機能強化版を提供開始
マルウェア感染済みのIoT機器ユーザーに注意喚起、総務省などが「NOTICE」に加えて新たな取り組み 
エッジ・コンピューティングはなぜ重要か? ガートナーが解説する4つのポイント
「IoTセキュリティに新技術基準」、総務省 竹内サイバーセキュリティ統括官に聞く
台湾AppWorks(之初創投)、AI・IoT・ブロックチェーン・仮想通貨に特化した第18期のデモデイを開催——25組中18組を海外勢が占める
Huawei独自OS登場の真実味と虚構。Androidベースならば可能性はあるかもしれない(本田雅一)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。