IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.09.28

ホロレンズと複合現実による「体験の共有」で何ができるのか
innovators 情熱のカラクリ 第8回:ホロラボ 中村 薫氏

BY

Microsoft HoloLens(以下、ホロレンズ)をご存知だろうか。

透過型のヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)の形をしていて、頭にかぶると複合現実(Mixed Reality、以下MR)の世界を体験することができる。

Microsoft HoloLens: Development Overview

こう聞いて、VRデバイスをイメージする読者も多いだろうが、実は似ているようで全く違う。デバイス自体にWindows10が搭載されているため、ケーブルでPCを繋いだりする必要もない。電源を入れてかぶるだけで使用可能なのだ。

中村氏所有のMicrosoft HoloLens

この画期的なデバイスやMRについて、ホロレンズにいち早く注目し、ホロレンズやWindows Mixed Realityを使ったアプリケーションやシステムの受託開発やコンサルティング、講演、ハンズオンなどを行っている株式会社ホロラボのCEO、中村薫氏(以下、中村氏)にお話を伺った。

複合現実は一体何が革新的なのか

「今までは、三次元のものを二次元のディスプレイでしか設計できなかった。三次元で見ようとすると、実際に物に起こさなくちゃいけなかったんですよね。データのまま、三次元で見る、ってことができなかった。これをホロレンズやVRを使うことによって、設計データの状態のまま三次元で見ることができる。MRは、さらにそれが現実とリンクしてくるので、より実物に近い状態の物を三次元で見られるのが、今までにないところです」と中村氏は語る。

確かに、実際に物に起こしてからイメージと違う、という事態は往々にして起こりうるだろう。そういった場合、新たに作り直す手間やコストが発生する可能性が大幅に減ると考えると、特に製造業において重宝されそうな技術であることが分かる。現実とリンクしているMRなら、サイズ感も一目で分かる。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)
NTT Com、IoT基盤「Things Cloud」がマルチLPWA接続に、LoRaWANとSigfoxに対応 | IT Leaders
長期利用すが必要なIoT機器の信頼性確保を支援、サイバートラストが新サービス「EM+PLS」
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発
ぷらっとホーム、データ連携・利活用を自由に行えるクロスドメインIoTデータ流通基盤「DEXPF」を提供
NTT Com、IoTプラットフォーム「Things Cloud」でSigfoxとの接続に対応
サイバートラスト、IoT機器向け脆弱性対策製品を提供、大日本印刷と提携 | IT Leaders
ATコマンドで動作可能な小型IoT通信モジュール、使いやすさを目指しソフトバンクと村田製作所が開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。