AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

IoT Today/2017.10.23

いいね ツイートする

本日2017年10月23日(月)、かねてより発表されていたGoogleのAIスピーカー、「Google Home Mini」が日本での発売日を迎えた。

Google Home Mini (Google Japan Blogより引用)

Google Home Miniは今月6日より発売されていた「Google Home」の廉価版と言える製品。両者でできることはほぼ同様だが、スピーカーの性能やデザインが異なる。

どちらもGoogleが開発したAIアシスタント「Googleアシスタント」が搭載されており、音声で操作するAIスピーカーだ。

海外では既にかなり盛り上がっているAIスピーカー市場。この秋、Google HomeやLINEによる「Clova WAVE」の発売を受けて、ようやく日本でも普及し始めたところだ。

今年9月1日から6日までドイツ・ベルリンで行われていた世界屈指の家電見本市「IFA 2017」では、ソニーやパナソニック、オンキヨーなどの国内メーカーからもGoogleアシスタントやAmazon開発のAI「Alexa」に対応したAIスピーカーを発売することが発表され注目を集めた。

とはいえ2017年10月23日現在、国内で購入できる日本語対応のAIスピーカーはGoogleの2機種とLINEのClova WAVEのみ。普通のBluetoothスピーカーと何が違うのかよく知らない、という読者も多いだろう。

本記事ではGoogle Homeを例に挙げ、AIスピーカーでできることや所感をお伝えしていきたい。