IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.19

いまさら聞けない「VRって、なに?」
あなたの職場、生活に近い将来やってくる「VR」とは結局何なのか

BY

2016年はVR元年と言われた。2017年も残り2ヵ月半程だが、読者の中で実際にVRを体験したことがある方はどれくらいいるだろうか。ふいに「VRという言葉の意味を教えて」と聞かれたとき、あなたはきちんと説明できるだろうか?

ごく一般的なビジネスパーソンの中には、漠然と「何かゴーグルをつける、ゲームのやつでしょう?」という認識に留まる方も、少なからずいるはずだ。

現状、VRがゲームをはじめとしたエンターテインメント分野で目立った活躍を見せているのは事実だが、決してそれだけではない。

本記事ではVR初心者の方向けに、最低限抑えておくべきポイントを解説していく。気軽に、知りたい部分だけ「つまみ食い」して頂ければ幸いだ。

VRってどんな技術なの? HMDって何?

そもそも、VRとは一体何なのか。英和辞典(※1)で「VR」と引くと、「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略であると記載されている。
続いて百科事典(※2)で「バーチャルリアリティ」を引くと「コンピュータ・モデルとシミュレーション技術を用いて、コンピュータでつくられた三次元空間を視覚その他の感覚を通じ疑似体験できるようにしたもの。仮想現実と訳される」とある。

また、VRといえば大きなゴーグル、というイメージの方も多いだろう。そのゴーグルがいわゆる「HMD」と言われる物だ。

ちなみに同辞典(※2)で「HMD」は「スキーのゴーグルのように顔面に装着するディスプレイ。head mounted displayの略称。めがねのレンズ部分に小型の液晶やCRTが取り付けられ、左右それぞれの眼に映像を映し出すことで立体視を可能にしている」とされている。

まとめるとVRとは、HMDなどの専用デバイスを装着することで、コンピュータで作られた仮想空間の中にいるかのような体験ができる技術、というわけだ。

※1 ジーニアス英和辞典
※2 ブリタニカ国際大百科事典

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」--1mm単位の計測にも対応

IIJとKiwitecがLoRaWANで協業ーー独自機能を追加したゲートウェイを展開

日立製作所、小型IoT機器向けのメッセージ認証技術「Chaskey」が国際標準ISO/IEC 29192-6に | IT Leaders

SPRESENSE向けのWi-SUN拡張ボードを発売 ローム

日本の製造業を救う「セキュア生産」を議論──第2回「セキュリティカフェ」を開催

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」--1mm単位の計測にも対応

IIJとKiwitecがLoRaWANで協業ーー独自機能を追加したゲートウェイを展開

日立製作所、小型IoT機器向けのメッセージ認証技術「Chaskey」が国際標準ISO/IEC 29192-6に | IT Leaders

SPRESENSE向けのWi-SUN拡張ボードを発売 ローム

日本の製造業を救う「セキュア生産」を議論──第2回「セキュリティカフェ」を開催

IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業

物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表

2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査

スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント

IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート

IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道

ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション

より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ

AIによる「信用スコア」はメガバンクを駆逐するか

“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには

仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT

自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

除雪車を効率的に配車、IoTを活用する実証実験を実施へ

他社からの侵害から自社の技術とビジネスを守るには 特許を連携・交渉の武器にする方法

荷物の代理受け取りや発送もできるIoT宅配ボックス「PacPort」--Makuakeで先行販売

IoTニュース

富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」--1mm単位の計測にも対応
IIJとKiwitecがLoRaWANで協業ーー独自機能を追加したゲートウェイを展開
日立製作所、小型IoT機器向けのメッセージ認証技術「Chaskey」が国際標準ISO/IEC 29192-6に | IT Leaders
SPRESENSE向けのWi-SUN拡張ボードを発売 ローム
日本の製造業を救う「セキュア生産」を議論──第2回「セキュリティカフェ」を開催
IIJと台湾Kiwitec、LoRaWANソリューション展開で協業
物流クライシスにIoTとデータ活用で立ち向かう--Hacobuが新パートナーシップを発表
2019年上半期はIoTデバイスへの攻撃が急増 ―― エフセキュア調査
スマートホームにもセキュリティリスクあり 気をつけるべきポイント
IotとAIで物作りはどう変わる?IoT H/W BIZ DAY2019レポート
IoTは構成要素が多過ぎ。どう選べばいいですか?――パッケージが成功の近道
ARとIoTサービスを連携した製造現場向けARソリューション
より便利にコインランドリーを活用――、TOSEI、SBT、コンテックの3社がIoTサービス「TOSEIクラウド」を提供へ
“売って終わり”はもうムリ、IoT時代の製造業が「アフターサービス」を成功させるには
仮想通貨だけではない、ブロックチェーンの期待はIoT
自宅の既存照明をスマートスピーカーやスマホ対応にする、IoT壁スイッチ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。