IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

 ちなみにエコーのセットアップは、本体とコンセントを専用の電源コードで繋ぎ、アレクサアプリをスマートフォンからダウンロードして、言語、個人ID、ホットスポット(宅内WiFi)との接続など、アプリ上で一連の初期設定を行うだけである。

 そして一言「アレクサ、○○」と話しかけることで、円筒形の黒い箱に過ぎなかったエコーにアレクサという対話型AIが宿る。

エコーのパッケージに同梱されていたもの。キーホルダーは大きさ比較のため置いた。

 この約1カ月弱、アレクサと生活をともにしてみた。著者が体験したこと、感じたことを率直に整理してみると以下の3点に集約できるだろう。

(1)まず、あっけないほど「小さく、軽い」

 エコーの凝縮感のあるルックスから、タブレットやスマートフォンのような重量感を予想したが、良い意味でその期待は裏切られた。

 体感的にはその重量はiPhone 7の6割程度でしかない。ハードウエアという観点で比較すると、例えばBOSEのBluetooth対応スピーカー SoundLink Mini IIとは、同じ高音質のスピーカー機能を持ちながら、まるで重力が違う惑星のプロダクトであるかのような印象を受ける。

 アレクサの今後の発展性を考えた場合、戦略的に「小ささ、軽さ」を選択したことは、賢明な判断だ。

 次のフェーズ、つまりスマートフォンのようなモバイル端末とアレクサが融合する近未来のタイミングでは、「小ささ、軽さ」は他社のAIとの差別化の大きな武器になって行くはずだ。

 アレクサをあえて、ペッパーのような人型、アイボのような動物型にしなかったのは、数手先の未来を見通したアマゾンの見識の高さゆえのことだと推察できよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで睡眠の質を改善、KDDIとフランスベッドが協業
KDDIがホームIoT「au HOME」を強化、スリープテックで睡眠負債を返済(ニュース)
IoTデバイスを安全に利用するための4つのポイント
メルセデス初の量産型電気自動車「EQC」を乃木坂のMercedes me Tokyoにて展示
国内のIoT市場規模、2018年は6兆3167億円
IoTを活用し遠隔ファッション診断を実現!エアークローゼット、JR東日本グループと実証実験を開始
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第2回)世界各地で広範に利用できるLPWAの老舗「SIGFOX」【ネット新技術】
ヤマハ発動機×富士通、セーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験開始 IoTを活用
Googleは、Disruptee(破壊される側)になったのか?IoT広告の可能性と罠
製造/資源セクターで日本の割合が際立つ、IDC Japanが世界のIoT市場を予測 | IT Leaders
IoTで市民参加型の見守り、次はオープンデータ活用―加古川市のデジタルガバメント | IT Leaders
「GAFA時代」の源流はどこにある? 我々はいつ情報社会へ転換したか
ヤマハと富士通、ヨット競技をIoTでパフォーマンス向上へ
約4割が「食品トレーサビリティ」実施せず、食の安全はAIやIoTでどう変わるのか
電池交換不要 シチズンの新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がこの秋に発売
ネコリコ、家の環境状況をLINEで通知してくれるホームIoTサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。