IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.12.15

アマゾンアレクサが家に来て分かったこと驚いたこと
IoT時代、<人間とAIの付き合い方>が変わる

BY

 ちなみにエコーのセットアップは、本体とコンセントを専用の電源コードで繋ぎ、アレクサアプリをスマートフォンからダウンロードして、言語、個人ID、ホットスポット(宅内WiFi)との接続など、アプリ上で一連の初期設定を行うだけである。

 そして一言「アレクサ、○○」と話しかけることで、円筒形の黒い箱に過ぎなかったエコーにアレクサという対話型AIが宿る。

エコーのパッケージに同梱されていたもの。キーホルダーは大きさ比較のため置いた。

 この約1カ月弱、アレクサと生活をともにしてみた。著者が体験したこと、感じたことを率直に整理してみると以下の3点に集約できるだろう。

(1)まず、あっけないほど「小さく、軽い」

 エコーの凝縮感のあるルックスから、タブレットやスマートフォンのような重量感を予想したが、良い意味でその期待は裏切られた。

 体感的にはその重量はiPhone 7の6割程度でしかない。ハードウエアという観点で比較すると、例えばBOSEのBluetooth対応スピーカー SoundLink Mini IIとは、同じ高音質のスピーカー機能を持ちながら、まるで重力が違う惑星のプロダクトであるかのような印象を受ける。

 アレクサの今後の発展性を考えた場合、戦略的に「小ささ、軽さ」を選択したことは、賢明な判断だ。

 次のフェーズ、つまりスマートフォンのようなモバイル端末とアレクサが融合する近未来のタイミングでは、「小ささ、軽さ」は他社のAIとの差別化の大きな武器になって行くはずだ。

 アレクサをあえて、ペッパーのような人型、アイボのような動物型にしなかったのは、数手先の未来を見通したアマゾンの見識の高さゆえのことだと推察できよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。