2019.5.25
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

研究開発

企業や研究機関などで進められる最先端の研究、イノベーションが生まれる現場をレポートします。
史上最悪の農薬は、史上最強の救世主だった 産業

史上最悪の農薬は、史上最強の救世主だった
リスクとベネフィットの天秤はどちらに傾くのか

産業 殺虫剤の歴史を調べると、必ず出てくるDDT。化学合成された最初の殺虫剤であり、特にマラリア対策において… 2016.4.27
X線天文衛星「ひとみ」に何が起きたのか 国内

X線天文衛星「ひとみ」に何が起きたのか
異常な高速回転で損傷? JAXAの発表を分かりやすく解説

国内 X線天文衛星「ひとみ」は、観測機器が順調に立ち上がり、試験的な天体観測を始めた矢先の3月26日、異常が発… 2016.4.26
ASIMOの歌と手話がなんだか泣ける 国内

ASIMOの歌と手話がなんだか泣ける
常設展リニューアルの日本科学未来館に行ってきた

国内 2016年4月20日、日本を代表する科学館「日本科学未来館」(東京都江東区)が常設展リニューアルを行いまし… 2016.4.21
PR
PR
物理が大好きな学生に脳科学を教えたらこうなった ライフ

物理が大好きな学生に脳科学を教えたらこうなった
HONZ特選本『メカ屋のための脳科学入門』

ライフ 「メカ屋のための」とあるように、本書はエンジニアに向けた脳科学本である。「なぜわざわざ特別にエンジニ… 2016.4.12
4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA 国内

4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA
2ndステージに突入、最大の課題は「ノイズ」と「人手不足」?

国内 時空のわずかなゆがみである重力波をとらえる日本の観測施設「KAGRA(かぐら)」。2015年に施設が完成し、2… 2016.3.24
PR
PR
PR
史上最悪の農薬は、史上最強の救世主だった
リスクとベネフィットの天秤はどちらに傾くのか
[有坪 民雄] 2016.4.27
X線天文衛星「ひとみ」に何が起きたのか
異常な高速回転で損傷? JAXAの発表を分かりやすく解説
[小谷 太郎] 2016.4.26
ASIMOの歌と手話がなんだか泣ける
常設展リニューアルの日本科学未来館に行ってきた
[JBpress] 2016.4.21
PR
物理が大好きな学生に脳科学を教えたらこうなった
HONZ特選本『メカ屋のための脳科学入門』
[HONZ] 2016.4.12
4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA
2ndステージに突入、最大の課題は「ノイズ」と「人手不足」?
[島田 祥輔] 2016.3.24
人工知能は小説家になれるのか?
「星新一賞」に応募したAIの“感性”はいかほどに
[長倉 克枝] 2016.3.23
PR
天文学は新時代へ、なぜ次はKAGRAの出番なのか
知られざる重力波観測の舞台裏
[島田 祥輔] 2016.3.23
宇宙開発を研究中心から防衛・事業中心へと発想転換せよ! ~100の行動56 [GLOBIS知見録] 2016.3.9 HAL開発者、好循環イノベーションの鍵を語る
産学官金で未来産業の創出に挑む
[堀川 晃菜] 2016.3.2
科学技術イノベーション 国家戦略と産官学連携による好循環を産み出せ!~100の行動54 [GLOBIS知見録] 2016.2.24 プリンタブルエレクトロニクスの明日を調べてみた
テキストマイニングで分析、主流になるのはウエアラブルセンサー
[有門 経敏] 2016.2.9
15年後に消えている職業、華やかになる職業
時代の先を読む目を養おう
[伊東 乾] 2016.1.25
知る人ぞ知る本当にうまい牡蠣、津波を機に誕生
牡蠣のイノベーションと大震災(後篇)
[漆原 次郎] 2016.1.22
米国、ロシアを抑えて日本が勝った理由は卓越性
一昨年の大失態を取り返しつつある理化学研究所
[伊東 乾] 2016.1.8
収まりきらないご当地グルメ、チーズを宇宙に大遠投
ご当地宇宙食「スペースチーズ」を作ってしまった北海道大樹町  
[島田 祥輔] 2015.12.15
なぜ総合容器メーカーはライフサイエンス事業に進出したのか東洋製罐グループ100年の蓄積を活用 [JBpress] 2015.11.24 これから始まるイノベーションの大揺籃時代
~「ザ・セカンド・マシン・エイジ」を考える
[武者 陵司] 2015.11.6
魚の油はなぜ体にいいのか? 最新研究で明らかになった「心臓保護」作用 [堀川 晃菜] 2015.10.9 【祝】大村博士受賞!ノーベル生理学・医学賞「ゴルフ場と中国の古文書から見つかった回虫・マラリア感染症治療薬」 [島田 祥輔] 2015.10.6 STAP騒動、Nature誌がつけるべき落とし前
科学的には決着も、自身の問題点に触れず
[詫摩 雅子] 2015.10.5
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR