2019.2.22
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

中東・アフリカ

民主化運動、テロとの戦い、市場の拡大・・・、世界が注目する中東・アフリカ情勢を独自の情報網で伝えます。
どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ 国際

どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ
イスラエルの米国大使館「移転」問題の意味を考える

国際 残念ながら日本ではテルアビブが報道で取り上げられることがきわめて少ない。そこで今回は、テルアビブとエ… 2017.12.19
トランプ「エルサレム首都宣言」を歓迎する米国政界 国際

トランプ「エルサレム首都宣言」を歓迎する米国政界
クリントン政権時代に成立した法律をようやく執行

国際 米国のトランプ大統領が「イスラエルの首都はエルサレムであり、米国大使館はそこに移す」と宣言した。なぜ… 2017.12.13
エルサレムをイスラエルの首都と認めるのは無謀 国際

エルサレムをイスラエルの首都と認めるのは無謀
大使館を開設するなら、いっそのこと2つ作っては?

国際 エルサレムは神聖であると同時に世俗的で、清らかであると同時に罪作りな都市である。ユダヤ教の宗教的な典… 2017.12.13
PR
PR
OPEC・非OPEC「協調減産」延長にロシアは従うか 国際

OPEC・非OPEC「協調減産」延長にロシアは従うか
11月のOPEC総会での「協力宣言」を読み解く

国際 先物市場は、ブレント原油もWTI(ニューヨーク原油先物)もバクワデーション(先安)に構造変化し、リバラ… 2017.12.7
トランプ大統領と泥沼状態の中東 国際

トランプ大統領と泥沼状態の中東
米国の無視と混乱のために悪化するアラブ世界の諸問題

国際 レバノンに新しくできる米国大使館は堂々たる建物で、完成の暁には世界で2番目に大きな米国大使館になる。… 2017.12.6
PR
PR
PR
どんな都市? よく分かるエルサレムとテルアビブ
イスラエルの米国大使館「移転」問題の意味を考える
[佐藤 けんいち] 2017.12.19
トランプ「エルサレム首都宣言」を歓迎する米国政界
クリントン政権時代に成立した法律をようやく執行
[古森 義久] 2017.12.13
エルサレムをイスラエルの首都と認めるのは無謀
大使館を開設するなら、いっそのこと2つ作っては?
[The Economist] 2017.12.13
PR
OPEC・非OPEC「協調減産」延長にロシアは従うか
11月のOPEC総会での「協力宣言」を読み解く
[新潮社フォーサイト] 2017.12.7
トランプ大統領と泥沼状態の中東
米国の無視と混乱のために悪化するアラブ世界の諸問題
[The Economist] 2017.12.6
ジンバブエ国軍「無血クーデター」の真意
アフリカ諸国が望んだ独裁大統領辞任の道筋
[新潮社フォーサイト] 2017.11.30
PR
中国とジンバブエの蜜月は続くのか?
政権の座を追われた「中国人民の古い友人」ムガベ氏
[姫田 小夏] 2017.11.28
サウジアラビアの大粛清、若き皇太子が政敵一掃
王族から財界エリートまで一斉に拘束、中東全体に大きな余波
[The Economist] 2017.11.15
「ビジョン2030」を自ら台無しにするサウジ皇太子
強権的な汚職摘発が内戦勃発の予兆か
[藤 和彦] 2017.11.10
深刻化するジンバブエの危機
ムガベ時代を生き延びる国民、ハイパーインフレの懸念が再燃
[The Economist] 2017.11.10
クルド人の賢い選択? 投票結果をあえて封印
93%が独立に賛成するも、世界をみて独立保留
[佐藤 真紀] 2017.10.30
トランプ大統領が北朝鮮の核保有を断固認めない理由
「原則ある現実主義」を掲げ、イランに対しても強硬姿勢崩さず
[樋口 譲次] 2017.10.26
現地ルポ:軍事衝突を回避したクルドとイラク
クルド2大政党の内紛が結果的に無血開城を実現
[加藤 丈典] 2017.10.25
アルカイダ復活、ついに表舞台に登場したウサマの息子
ISからも支持集め西側にテロを呼びかけるハムザ・ビン・ラディン
[堀田 佳男] 2017.9.29
アフガンで米中が衝突する気配が濃厚に
米兵増派を決めたトランプの狙いは地中に眠る豊かな天然資源
[堀田 佳男] 2017.8.31
北朝鮮のICBM保有で見落とされている大問題
イラン、パキスタン、シリアなどとの連携で欧州も核の脅威下に
[矢野 義昭] 2017.8.22
米国を沸騰させる英国から来た右翼の新貴公子
ロリコン常習者擁護、同性愛、そしてトランプ信奉、イアノポウロスの言い分
[高濱 賛] 2017.8.2
現地リポ:ISが消えたイラクで何が起きているか
廃墟と化した第2の都市モスルに住民は戻りつつあるが・・・
[佐藤 真紀] 2017.7.26
OPECとシェール企業の果てしなき戦いの行方
米国産原油の輸出が急拡大、そして誰もいなくなる?
[藤 和彦] 2017.7.21
カリフ制国家の落日:近づくISの最期 [The Economist] 2017.7.14
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR