2016.12.3

JBpress「プレミアム会員」初月無料をお試しください。
IoTの今が分かる新サイト「IoT Today」 オープンしました!

越智 小枝
Sae Ochi 相馬中央病院内科医、MD、MPH、PhD  1993年桜蔭高校卒、1999年東京医科歯科大学医学部卒業。国保旭中央病院などの研修を終え東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科に入局。東京下町の都立墨東病院での臨床経験を通じて公衆衛生に興味を持ち、2011年10月よりインペリアルカレッジ・ロンドン公衆衛生大学院に進学。留学決定直後に東京で東日本大震災を経験したことから災害公衆衛生に興味を持ち、相馬市の仮設健診などの活動を手伝いつつ世界保健機関(WHO)や英国のPublic Health Englandで研修を積んだ後、2013年11月より相馬中央病院勤務。剣道6段。 
身内を介護してお金をもらう福島生まれの新介護施設 国内

身内を介護してお金をもらう福島生まれの新介護施設
入居者に身内がいることでモラルハザードの歯止めにも

国内 先日、患者さんのご家族に相談を受けました。その患者さんは震災でお子さんを失い、これまで2人の甥ごさん… 2015.12.8
世界最悪の原発事故をビジネスチャンスに! 国内

世界最悪の原発事故をビジネスチャンスに!
福島で始まった世界初の試みの数々

国内 私たちは避難という経験を通じて、一度自然から離れなくてはいけませんでした。そのうえで、やはりここで暮… 2015.10.26
医療費削減で切り捨ても、隠れた難病リウマチ患者 国内

医療費削減で切り捨ても、隠れた難病リウマチ患者
民間基金を設立し、患者と製薬会社両方が受益できる仕組み作りを

国内 経済の再生と財政の健全化を目指す政府の骨太方針では、高齢化に伴い1年ごとに1兆円ずつ増えると言われる社… 2015.9.2
PR PR
大阪の殺人事件前から問題視されていた除染作業 国内

大阪の殺人事件前から問題視されていた除染作業
世界でも珍しい社会的弱者の大量雇用から何を学ぶか

国内 先日、大阪府寝屋川市で起きた男女中学生の殺人事件の容疑者が南相馬市で除染作業を行っていたことが報道さ… 2015.9.1
震災が壊し、そして再生させつつある日本人の美点 国内

震災が壊し、そして再生させつつある日本人の美点
日本が世界に誇れるソーシャルキャピタル、福島で新たな息吹

国内 震災の前は・・・13人家族だったね。息子夫婦も娘夫婦も越しちゃって、仮設に来てからお父さんも亡くなった… 2015.8.25
PR 身内を介護してお金をもらう福島生まれの新介護施設
入居者に身内がいることでモラルハザードの歯止めにも
[越智 小枝] 2015.12.8
世界最悪の原発事故をビジネスチャンスに!
福島で始まった世界初の試みの数々
[越智 小枝] 2015.10.26
医療費削減で切り捨ても、隠れた難病リウマチ患者
民間基金を設立し、患者と製薬会社両方が受益できる仕組み作りを
[越智 小枝] 2015.9.2
PR 大阪の殺人事件前から問題視されていた除染作業
世界でも珍しい社会的弱者の大量雇用から何を学ぶか
[越智 小枝] 2015.9.1
震災が壊し、そして再生させつつある日本人の美点
日本が世界に誇れるソーシャルキャピタル、福島で新たな息吹
[越智 小枝] 2015.8.25
争いを乗り越え、福島に誕生し始めた新しい村
ロンドンから被災地に赴任した内科医は見た~戻ってきた多様性
[越智 小枝] 2015.7.23
PR チャレンジの宝庫福島に、熱く燃える国内留学生たち
「行動する30代」と「衝突する専門家」が新たな道を作り始めた
[越智 小枝] 2015.6.16
被災者の真意はなぜ国と県に正しく伝わらないのか
大きな声に条件反射ではなく、市町村に任せて心のケアを
[越智 小枝] 2015.5.12
除染作業者の過酷さが生んだ医師との懸け橋
ロンドンから被災地へ赴任した内科医は見た~新しいネットワーク
[越智 小枝] 2015.4.14
ついに「復興の垢」を落とした強者の子孫たち
ロンドンから被災地へ赴任した内科医は見た~地域創生へ向かう福島
[越智 小枝] 2015.3.10
世界で最も食文化が進化し始めた福島
美味しさと安全の追求で新しい価値観が被災地から生まれつつある
[越智 小枝] 2015.2.18
「科学への盲信」から脱し自立し始めた被災地
最終判断は個人の価値観で~ロンドンから赴任した内科医は見た
[越智 小枝] 2015.1.15
被災地はグローバル人材になるためのキャリアパス
ウーマノミクスの幻想に目を眩まされるな
[越智 小枝] 2014.12.18
被災地に学ぶ、旺盛な独立心と政府に媚びない逞しさ
ロンドンから被災地に赴任した内科医は見た~愛想笑いをしない人々
[越智 小枝] 2014.12.2
国道6号線が再開通した被災地に起きた劇的変化
生産することに生きがいを求める田舎の逞しさ
[越智 小枝] 2014.11.4
福島で思い知る「打って反省、打たれて感謝」の金言
ロンドンから被災地に赴任した内科医は見た:復興より不幸を訴えざるを得ない人たち
[越智 小枝] 2014.9.30
失敗を許さない文化は人類の進歩を妨げる
ロンドンから被災地に赴任した内科医は見た~原発問題で思考停止する人々
[越智 小枝] 2014.9.5
甲状腺スクリーニングで過剰医療はあったのか
ロンドンから被災地に赴任した内科医は見た~強いコミュニティー力が育まれつつある
[越智 小枝] 2014.8.20
崩壊寸前の日本の医療に「道」を示した被災地
ロンドンから福島に赴任した内科医は見た:地域と病院の新しい関係
[越智 小枝] 2014.7.31
被災した日本だから、世界最高の放射能教育を!
ロンドンから福島に赴任した内科医は見た:放射能と健康に関する曲解の数々
[越智 小枝] 2014.7.8
次へ
1 2