2017.10.21

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

武者 陵司
1949年長野県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。73年大和証券入社。企業調査アナリスト、繊維、建設、不動産、自動車、電機・エレクトロニクスなどを担当。大和総研アメリカ・チーフアナリスト、大和総研企業調査第二部長を経て、97年にドイツ証券(旧ドイチェ・モルガン・グレンフェル証券東京支店)入社。2005年、ドイツ証券副会長兼チーフ・インベストメント・アドバイザーに就任。2009年に武者リサーチ設立。ドイツ証券、ドイツ銀行東京支店、ドイチェ・アセット・マネジメントのアドバイザーに就任。2002・2003年の米国インスティテューショナル・インベスターランキング日本株ストラテジスト部門1位。主な著書に『日本株大復活』『新帝国主義論』『「失われた20年」の終わり ─地政学で診る日本経済』などがある。
メイ英国首相訪日の画期的意義 政治経済

メイ英国首相訪日の画期的意義
英国が模索するグローバリゼーションの新潮流

政治経済 EU離脱後の英国にとって、日本は戦略的重要性が大きい。約1000社の日本企業が英国に進出しており、16万人の… 2017.9.5
進化するトランプ政策、トランプラリーはまだ終わらない 政治経済

進化するトランプ政策、トランプラリーはまだ終わらない
世界株高に日本株式も合流か

政治経済 トランプ政権の評価は、移民の入国制限、オバマケアの見直しなど主要な政策の挫折により、地に落ちていた。… 2017.4.11
トランプ政権の本質、保護主義ではなく「帝国主義」 国際

トランプ政権の本質、保護主義ではなく「帝国主義」
誤解されるトランプ政権~孤立・保護・差別主義ではない

国際 アメリカ帝国再構築に乗り出したトランプ政権と日本の安倍政権は、信じがたい蜜月関係を持つことになった。… 2017.2.14
PR
PR
「市場金利を統制下に」、黒田バズーカ第3弾の威力を考える 政治経済

「市場金利を統制下に」、黒田バズーカ第3弾の威力を考える
とうとう日銀が市場金利の直接コントロールに乗り出した

政治経済 本当に日銀は弾を打ち尽くしたのか、金融政策では2%インフレという目標達成は無理なのだろうか。公平に見… 2016.9.24
世界的イールド・ハンティングが日本株に向かう可能性大 政治経済

世界的イールド・ハンティングが日本株に向かう可能性大
中国危機封印なら、アベノミクス相場第2弾入りの公算も

政治経済 来るべき米国利上げは、2016年に入ってからの米ドル安に歯止めをかけ、世界的イールド・ハンティングの向け… 2016.9.3
PR
PR
PR
メイ英国首相訪日の画期的意義
英国が模索するグローバリゼーションの新潮流
[武者 陵司] 2017.9.5
進化するトランプ政策、トランプラリーはまだ終わらない
世界株高に日本株式も合流か
[武者 陵司] 2017.4.11
トランプ政権の本質、保護主義ではなく「帝国主義」
誤解されるトランプ政権~孤立・保護・差別主義ではない
[武者 陵司] 2017.2.14
PR
「市場金利を統制下に」、黒田バズーカ第3弾の威力を考える
とうとう日銀が市場金利の直接コントロールに乗り出した
[武者 陵司] 2016.9.24
世界的イールド・ハンティングが日本株に向かう可能性大
中国危機封印なら、アベノミクス相場第2弾入りの公算も
[武者 陵司] 2016.9.3
分岐点、ブレグジットであく抜けか、中国危機封じ込めがカギを握る
リーマン・ショックの再来はない
[武者 陵司] 2016.6.28
PR
5月米雇用統計がドル高要因である可能性
米国経済の頭抜けた健全性を評価すべき
[武者 陵司] 2016.6.7
世界市場のリスクシナリオ~中国で高まる路線対立、権力闘争のリスク
高まる世界株式警戒論、だがその根拠は薄弱
[武者 陵司] 2016.5.24
中国、石油がリスクオフムードを転換させる時が来た
G20で中国危機封じ込めが見えてきた、人民元維持、資本規制、財政拡大が鍵に
[武者 陵司] 2016.3.1
鍵は中国「毒」の伝染遮断、資本規制だ
世界株安底入れのかすかな曙光が見え始めた
[武者 陵司] 2016.1.30
中国経済のフリーランチ、終わりの始まり
世界連鎖株安は中国の市場封鎖で下げ止まる
[武者 陵司] 2016.1.9
安倍政権のイニシアティブで「消費力」喚起へ、日経平均2万4000円も [武者 陵司] 2016.1.2 9年ぶりの米利上げに見る2つの風景
米国の「明」と中国の「暗」
[武者 陵司] 2015.12.20
これから始まるイノベーションの大揺籃時代
~「ザ・セカンド・マシン・エイジ」を考える
[武者 陵司] 2015.11.6
人民元不安鎮静化が年末のリリーフ・ラリーをもたらすか [武者 陵司] 2015.10.14 長期展望、日経平均長期上昇シナリオは終わったのか? [武者 陵司] 2015.9.29 外貨逼迫する中国、脆弱な対外金融力、再元安不可避に [武者 陵司] 2015.9.2 中国、たたみ重なる二律背反、悪循環が始まった可能性 [武者 陵司] 2015.8.22 中国の衰弱でグローバル分業参画の機会が高まる新興諸国 [武者 陵司] 2015.7.31 中国、繰り出される究極の弥縫策
"Contingency plan"発動か~高まる存在感とは裏腹に~
[武者 陵司] 2015.7.22
次へ
1 2 3
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR