2017.5.28

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

科学技術の現場

日本の国力を根幹から支える科学技術。地球温暖化問題、食糧問題、人口問題など人類全体の問題解決に際しても、その重要性はますます高まっている。企業、大学、研究機関などで研究・開発が進められている先端技術や研究内容を紹介する。

6万年前に人類が手に入れた脅異の能力とは? 国際

6万年前に人類が手に入れた脅異の能力とは?
ネアンデルタール人との決定的な「遺伝的違い」が明らかに

国際 たった一種でここまで地球環境を変えた生物は、生命史上初めてだ。わずか6万年で、ヒトはどうやってこれほ… 2016.3.31
4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA 国内

4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA
2ndステージに突入、最大の課題は「ノイズ」と「人手不足」?

国内 時空のわずかなゆがみである重力波をとらえる日本の観測施設「KAGRA(かぐら)」。2015年に施設が完成し、2… 2016.3.24
人工知能は小説家になれるのか? 国内

人工知能は小説家になれるのか?
「星新一賞」に応募したAIの“感性”はいかほどに

国内 人工知能の研究者らがいま取り組んでいるのは、「小説をつくる人工知能」だ。3月21日、ショートショートの… 2016.3.23
PR PR
天文学は新時代へ、なぜ次はKAGRAの出番なのか 国内

天文学は新時代へ、なぜ次はKAGRAの出番なのか
知られざる重力波観測の舞台裏

国内 日本の重力波観測装置「KAGRA(かぐら)」が2017年度中に稼働する予定だ。重力波観測の舞台裏、KAGRAの本格… 2016.3.23
空前絶後の高精度、日本のX線天文衛星がすごすぎる 国内

空前絶後の高精度、日本のX線天文衛星がすごすぎる
30年来の期待を乗せて「ひとみ」が宇宙に飛び立った

国内 先日、重力波検出のビッグニュースが世界を驚かせましたが、実はそれと前後して、もう1つの重大宇宙ニュー… 2016.3.17
PR 6万年前に人類が手に入れた脅異の能力とは?
ネアンデルタール人との決定的な「遺伝的違い」が明らかに
[矢原 徹一] 2016.3.31
4カ所目だから意義がある重力波観測装置KAGRA
2ndステージに突入、最大の課題は「ノイズ」と「人手不足」?
[島田 祥輔] 2016.3.24
人工知能は小説家になれるのか?
「星新一賞」に応募したAIの“感性”はいかほどに
[長倉 克枝] 2016.3.23
PR 天文学は新時代へ、なぜ次はKAGRAの出番なのか
知られざる重力波観測の舞台裏
[島田 祥輔] 2016.3.23
空前絶後の高精度、日本のX線天文衛星がすごすぎる
30年来の期待を乗せて「ひとみ」が宇宙に飛び立った
[小谷 太郎] 2016.3.17
HAL開発者、好循環イノベーションの鍵を語る
産学官金で未来産業の創出に挑む
[堀川 晃菜] 2016.3.2
PR 重力波検出のすごさ、子どもに説明できますか?
ブラックホールは本当にあった!研究者の驚きポイント5つ
[小谷 太郎] 2016.2.20
直下型地震の前触れ?伊豆・相模地域は要注意
「熱エネルギーが間もなく到達」と埼玉大・角田教授が警告
[藤 和彦] 2016.2.12
プリンタブルエレクトロニクスの明日を調べてみた
テキストマイニングで分析、主流になるのはウエアラブルセンサー
[有門 経敏] 2016.2.9
PR 美女の誘惑に「即イエス」の決断は正しいのか
決断力を鍛えるためには「好奇心」と「自制心」
[矢原 徹一] 2016.1.12
最強のイノベーション「生命の進化」に学ぶ3つの掟
社会を変えるヒントは生物の「創造力」にあった
[矢原 徹一] 2015.11.16
日本人にも無関係ではない、今年のノーベル化学賞「DNA修復」 [島田 祥輔] 2015.10.26 魚の油はなぜ体にいいのか? 最新研究で明らかになった「心臓保護」作用 [堀川 晃菜] 2015.10.9 【祝】大村博士受賞!ノーベル生理学・医学賞「ゴルフ場と中国の古文書から見つかった回虫・マラリア感染症治療薬」 [島田 祥輔] 2015.10.6 STAP騒動、Nature誌がつけるべき落とし前
科学的には決着も、自身の問題点に触れず
[詫摩 雅子] 2015.10.5
オスとメスの「利害の不一致」は宿命なのか
人間の常識は非常識?生物の巧みな性戦略とその多様性
[矢原 徹一] 2015.9.7
スーパー乳酸菌は毛がボーボーだった
アトピー性皮膚炎の発症を半減させる「LGG乳酸菌」
[堀川 晃菜] 2015.7.3
富士山の噴火予知は、なぜ難しいのか
富士山科学研究所・火山学者の声を聞く(後篇)
[堀川 晃菜] 2015.6.27
富士山、2001年に活発化するも「いまは平常」
富士山科学研究所・火山学者の声を聞く(前篇)
[堀川 晃菜] 2015.6.19
日本人こそ知っておくべき熱帯林消失の現状
東南アジアの森林を守るために何が必要なのか
[矢原 徹一] 2015.5.16
前へ 次へ
1 2 3 4 5
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
  • 詳細をみる
  • JBpress無料会員のご登録
PR