2018.8.16

JBpress「プレミアム会員」が続々と増えています。
登録(月額540円、初月無料)はこちらから!

  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

科学技術の現場

日本の国力を根幹から支える科学技術。地球温暖化問題、食糧問題、人口問題など人類全体の問題解決に際しても、その重要性はますます高まっている。企業、大学、研究機関などで研究・開発が進められている先端技術や研究内容を紹介する。

アンドロイドは指揮者の夢を見るか? 国内

アンドロイドは指揮者の夢を見るか?
指揮者が「生きて」いるとオーケストラがシンクロするという発見

国内 7月22日、「日本科学未来館」で開催されたのは、アンドロイドが「指揮者」兼「歌手」を務めるオペラ公演。… 2018.8.2
南極で検出されたニュートリノ、発生源が明らかに 国内

南極で検出されたニュートリノ、発生源が明らかに
30年ぶり3個目のニュートリノ天体発見

国内 2017年9月、南極の氷を利用するニュートリノ観測装置「アイスキューブ(IceCube)」のチームが、ニュートリ… 2018.7.30
小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う? 国内

小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う?
リュウグウは何を語る? 人類未踏の探査、ここに注目

国内 地球出発から1302日、32億Kmの航海を経て、2018年6月27日9時35分(日本時間)、小惑星探査機「はやぶさ2」… 2018.7.4
PR
PR
宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ 国内

宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(後編)

国内 素粒子を研究するための新型加速器、国際リニアコライダー(ILC)。これを東北地方の北上山地に造ろうとい… 2018.6.29
宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ! 国内

宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ!
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(前編)

国内 加速器で素粒子を研究すると何が分かるのか。なぜ日本に国際リニアコライダー(ILC)を造るのか。こういっ… 2018.6.28
PR
アンドロイドは指揮者の夢を見るか?
指揮者が「生きて」いるとオーケストラがシンクロするという発見
[新潮社フォーサイト] 2018.8.2
南極で検出されたニュートリノ、発生源が明らかに
30年ぶり3個目のニュートリノ天体発見
[小谷 太郎] 2018.7.30
小惑星に到着、はやぶさ2の成果が人類を救う?
リュウグウは何を語る? 人類未踏の探査、ここに注目
[林 公代] 2018.7.4
PR
宇宙の謎を解明する基地、造るなら日本だ
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(後編)
[島田 祥輔] 2018.6.29
宇宙に最も近づきたいなら「素粒子」を見よ!
日本に誕生するか、新型の素粒子研究装置「ILC」(前編)
[島田 祥輔] 2018.6.28
スパコン「京」と重力波が明らかにする原子核の世界
存在が予言された新粒子「ダイオメガ」
[小谷 太郎] 2018.6.14
PR
私たちはなぜ眠る? 動物共通の根源的な問いに迫る
働く人1000人規模の睡眠調査へのチャレンジ
[西原 潔] 2018.5.18
さらば物理の世紀、21世紀の主役は分子生物学だ!
日本人の進化の痕、ゲノム解析でどこまで見えた?
[小谷 太郎] 2018.5.16
腰が抜けるほど凄かったホーキング博士の業績
ブラックホールからビッグバンまで、博士の描いた宇宙像
[小谷 太郎] 2018.4.6
PR
「植物肉」が注目され資金が集まる本当の理由
2050年の「タンパク質危機」を藻類培養が救う
[星野 孝仁] 2018.3.28
超新星爆発の瞬間を捉えた確率100万分の1の偶然
物質と生命の輪廻、その転換点に立ち会えるか
[小谷 太郎] 2018.3.16
金・銀・プラチナは宇宙のどこからやってきた?
センター試験の問題を一瞬にして時代遅れにしたまさかの出来事
[小谷 太郎] 2018.2.9
世界の数学者の理解を超越していた「ABC予想」
査読にも困難をきわめた600ページの大論文
[小谷 太郎] 2018.1.5
ディープラーニングで新たに広がる創薬ビジネスの輪
「AI創薬」コンソーシアムで産業競争力と医療が変わる
[町田 誠] 2017.12.27
そのバイオ燃料、エネルギー量が減っていないか?
「エネルギー収支比」で考える藻類バイオマス燃料
[星野 孝仁] 2017.12.18
折り紙で作った三越伊勢丹ショッピングバッグが凄い
『シン・ゴジラ』にも関わった大学教授とのコラボレーション
[五十嵐 悠紀] 2017.12.11
「反物質」も生成、 雷雲は核反応の舞台だった!
冬の遠雷から検出された驚きの現象
[小谷 太郎] 2017.12.6
さよならキログラム原器、単位の改革がやってくる
2018年、単位の定義は基礎物理定数の時代へ
[小谷 太郎] 2017.11.8
ノーベル物理学賞:重力波天文学時代がついに幕開け
重力波検出器「LIGO」と重力波のトリビア6連発
[小谷 太郎] 2017.10.13
3Dメガネは能面型、能とテクノロジーが画期的融合
スペクタクル3D能「平家物語」の映像技術を聞く
[五十嵐 悠紀] 2017.10.10
次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR