2018.10.21
  • 新着一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
  • RSS
  • 会員登録

安全保障を考える

日米安保条約が締結されてから50年以上が経ち、いつしか日米安保は空気のような存在となった。だが中国が軍事力、なかんずく海軍力を大幅に増強、北朝鮮からは核ミサイル発射の危険性も現実のものとなり、国を守ることを国民一人ひとりが真剣に考えなければならない時代を迎えている。

「作戦」の観点から見た「東日本大震災」への対応 政治経済

「作戦」の観点から見た「東日本大震災」への対応

政治経済 軍事行動における「作戦」の観点から特に初動対処は良かったのか、指揮官の位置は如何にあるべきか、緊急事… 2011.4.29
東日本大震災に見る「独裁・統率」の欠如 政治経済

東日本大震災に見る「独裁・統率」の欠如
千載一遇のチャンスを棒に振った菅直人首相

政治経済 危機管理とは、2つの段階からなる。平時から 危機を予測し、危機発生を予防し、危機発生を警戒しつつ発生… 2011.4.22
自衛隊が心強いのは日々の訓練があるからこそ 政治経済

自衛隊が心強いのは日々の訓練があるからこそ
大災害だけでなく「未曾有の侵攻」だって起こり得る

政治経済 被災地を歩いてみると、現場に来てみなければ分からないことがたくさんあるのだと気づかされる。何もかもが… 2011.4.20
PR
PR
事業仕分けの民主党に日本を統治する資格ナシ 政治経済

事業仕分けの民主党に日本を統治する資格ナシ
防衛大学生の任官拒否に、カネで償わせようとする愚

政治経済 例年、防衛大学校の卒業式に当たっては、任官拒否者が何人出たかが報じられる。そして、その者に対しては、… 2011.4.20
災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声 政治経済

災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声
なぜ政府は現場が活動しやすいように手を打たないのか

政治経済 美化することなく、英雄扱いすることなく、感謝も、慰労も求めておりません。ただただ、被災者の安心と被災… 2011.4.14
PR
PR
PR
「作戦」の観点から見た「東日本大震災」への対応 [菅 博敏] 2011.4.29 東日本大震災に見る「独裁・統率」の欠如
千載一遇のチャンスを棒に振った菅直人首相
[冨澤 暉] 2011.4.22
自衛隊が心強いのは日々の訓練があるからこそ
大災害だけでなく「未曾有の侵攻」だって起こり得る
[桜林 美佐] 2011.4.20
PR
事業仕分けの民主党に日本を統治する資格ナシ
防衛大学生の任官拒否に、カネで償わせようとする愚
[山形 克己] 2011.4.20
災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声
なぜ政府は現場が活動しやすいように手を打たないのか
[藤井 源太郎] 2011.4.14
東日本大震災、自衛隊は何をしているのか
陸路が寸断する中で、効果的だった海からの支援
[岡 俊彦] 2011.4.13
PR
少量の放射能は怖くない、百薬の長にもなる
放射線ホルミシス効果を報道しないメディアの重い責任
[織田 邦男] 2011.4.12
これでも被爆国? 幼稚すぎる原発事故対応
核を恐れるあまり対策を怠ってきた重すぎるツケ
[倉田 英世] 2011.4.11
阪神大震災の教訓、中枢は何をすべきか
情報は取るもの、奪うもの
[佐伯 義則] 2011.3.24
PR
防災と経済復興、一石二鳥の多目的シェルター
核防護研究を怠ってきた政府が、国民を危険にさらしている
[平木 善道] 2011.3.23
大震災・原発事故で、パニックに陥った政権中枢
士気高い災害救助・復興現場を邪魔しないために必要なこと
[岩城 征昭] 2011.3.23
一体どこから来るのか、自衛隊員の半端ではない使命感 [桜林 美佐] 2011.3.22 「国家安全保障基本法」の制定を急げ [樋口 譲次] 2011.3.22 「身を賭して活躍する」自衛隊に正当な評価を
政治は今こそ自衛隊に地位と名誉を与えるべきだ
[森 清勇] 2011.3.21
福島第一原発:報道をはるかに超える放射能
死を覚悟する自衛官、国のリーダーにその認識はあるか
[藤井 源太郎] 2011.3.18
朝鮮・尖閣有事に機能せず、日本の兵站
関連する法律が未整備、日本版TRANSCOM策定を急げ
[植木 美知男] 2011.3.17
朝鮮半島有事は天災にあらず
今のままでは甚大なる人災を日本に招く
[松島 悠佐] 2011.3.15
「国家の大本(たいほん)」を忘れるな
日本が正気を取り戻し、元気になるために
[森 清勇] 2011.3.14
海保が苦虫を噛み潰す政府の「海上警察権を強化」発言 [前屋 毅] 2011.3.11 幼稚な政権の政治主導が、日本に危機をもたらす
新防衛大綱の稚拙すぎる「作文」に国を憂う
[織田 邦男] 2011.3.7
前へ 次へ
有料会員のご案内

初月無料 / 月額540円

  •  - プレミアム会員限定の記事を配信
  •  - 人気コラムニストの特別セミナーへご招待
  •  - スマホでの閲読がより快適に
PR