原油価格下落が世界金融危機の引き金に?
次の主役はジャンク債

囁かれる米国経済「大爆発」の危険性

2014.12.16(火) 藤 和彦
    http://goo.gl/QGFL0v
  • 著者プロフィール&コラム概要

「原油価格急落がなぜ次のサブプライム危機のきっかけとなり得るのか」

 12月3日の米ニュースサイト「ビジネスインサイダー」は上記表題の記事の中で、「原油価格急落による米国のジャンク債市場の崩壊が次の金融危機の引き金となる」との警告を発した。

 ジャンク債とは、低格付けのデフォルトリスクの高い債券のことであり、その投資の性格はハイリスク・ハイリターンである(「ジャンク」とはガラクタや紙くずという意味)。

 1970年代の米国で、将来のキャッシュフローに焦点を絞ることにより投資リスク判断の精度を上げる手法が確立されたことから、「ジャンク債」市場は徐々に成長し、30年かけてその規模は1兆ドルにまで達した。

 1980年代に「ジャンク債の帝王」と呼ばれ、最近再び脚光を浴びているマイケル・ミルケン氏は、「1970年から2000年にかけて『ジャンク』企業は6200万人の雇用増をもたらした」として、ジャンク債のことを「繁栄の方程式」と称賛している。

 ジャンク債のデフォルト率は、リーマンショック直後には10%を超えていたが、ここ数年は2%という低いデフォルト率が続いている。

 これに目をつけたのがリーマンショック後の低金利で運用に苦しむ投資家たちだった。高リスクだが利回りの高いジャンク債が飛ぶように売れるようになり、「ジャンク債でも危険はない」との見方が定着しつつある。リスク分散化のための「CBO」()も開発されたため、ジャンク債市場の規模は直近の7年間で2倍となり、2兆ドルに急膨張したという。

)「CBO」とは“Collateralized Bond Obligation”の略称で「社債担保証券」と訳されている。リスクの高い債券を束ね、破綻時に優先返済するものを高い格付けにし、破綻したら返済しないものを低い格付けにするなど、格付けごとに輪切りにした債券である。今年の年間販売額は史上最多の1000億ドルに達すると言われている。サブプライムローンの場合、CDO(Collateralized Debt Obligation:債務担保証券)が多数組成されたことが金融危機の要因となったが、CBOの組成に関与する金融機関は「リーマンショック前より担保審査が厳格化したのでバブルではなく問題はない」としている。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

 

経済産業研究所上席研究員。1960年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー・通商・中小企業振興政策など各分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(エコノミック・インテリジェンス担当)。2016年から現職。著書に『日露エネルギー同盟』『シェール革命の正体 ロシアの天然ガスが日本を救う』ほか多数。

USA

20世紀の世界秩序を築いてきた超大国、米国が揺らいでいる。世界はこのまま多極化へと向かうのか。政治、経済、金融、外交、軍事…。豊富なネットワークと独自の情報網を持つ執筆陣が、米国の現状と今後についてあらゆる角度からJBpressならではの切り口で論じる。

>>最新記事一覧へ