自衛隊の力を強くする日本の豊富な森林資源

バイオ燃料の生産で国防と経済成長の二兎を追え!

2013.12.17(火) 藤原 秀樹
    http://goo.gl/FqXrRn
  • 著者プロフィール&コラム概要

これまで、石油に変わり得るエネルギーを考えるときには、ディーゼルや航空燃料そして化学製品の原料としてのバイオエネルギー(バイオ燃料)を考える必要があるという観点から主に海外の動向をお伝えしてきた。

 また、前回の「世界有数の森林資源を利用していない日本」では、スウェーデン、フィンランドなど先進国で森林面積比率が日本と同様に高い国(67%以上)、またチリのように山がちな国でも林業は十分に機能していることを述べた。

海外林業国と日本の木材価格差はさほど大きくない

 それでは、世界の木材価格はどの程度なのであろうか。下図はブラジル・フィブリア社の調査したパルプの製造価格である(和訳は著者)。

 この図では木材の価格とその他価格に分けて記載してある(図の濃い緑が木材価格)。ブラジル(図ではフィブリア社で表示)、チリが105~129ドル/トンであり、他国に比べて競争力があることを示している。他の国々は概ね200~250ドル/トンである。

 一方、日本のスギの価格は1万2300円/m3となっている(平成23年度、林野庁)。ヒノキはこの2倍ほどの価格であるが、エネルギーの原料としてはスギもヒノキも同等であるのでスギで代表する。

 容積重(1m3あたりの重さ)を0.38トンとすると、1万2300円÷0.38≒3万2000円/トンである。一方、200~250ドル/トンは、1ドル≒100円とすれば、2万~2万5000円/トンである。

 すなわち、それほど大きな差ではない。なぜ日本の林業が衰退しているのかは価格のみが原因ではなさそうであるが、それについての考察は専門家に任せよう。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

藤原 秀樹 Hideki Fujiwara

 

カーボンニュートラル資源研究所 代表

慶応義塾大学工学部卒・同大学院修了後、十條製紙(現・日本製紙)入社。

米国・ウェスタンミシガン大学留学。工学博士。

日本製紙・取締役・研究開発本部長、関係会社役員を歴任。

TAPPIフェロー(米国紙パルプ技術協会名誉会員)、TAPPI 塗工部門技術賞 (アジア初)

東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部・非常勤講師、タイ国アジア工科大学院・客員教授

米国紙パルプ技術協会・国際研究管理委員会 委員(副委員長)
マルクス・ヴァレンベリ賞(スウェーデン)選考委員会・アジア地区大使を経て、現在は選考委員会のシニアアドバイザー

エネルギー戦略

20世紀の社会を築き、支えてきた石油。しかし世界的な環境意識の高まりの中で、石油依存社会の限界が明らかになりつつある。石油はいまどうなっているのか。石油社会の次を築き、新世紀を切り開くイノベーションは何か。その最先端の姿をリポートする。

>>最新記事一覧へ