自衛隊の力を強くする日本の豊富な森林資源

バイオ燃料の生産で国防と経済成長の二兎を追え!

2013.12.17(火) 藤原 秀樹
    http://goo.gl/FqXrRn
  • 著者プロフィール&コラム概要

木材のガス化に使える化学パルプ工場

 木材をエネルギー源として考えたとき、要求される項目は多くない。製材も必要なければ、樹皮の処理も不要である。まして、木材として建材への適性など必要ない。極端に言えば、木を切って放り込むだけである。

 木を切った後、次に何を植えるかを考えればいい。ポプラや場所によってはアカシアなど比較的早く育つものがいいが、場合によっては、雑木林のようなものも考えられる。

 ただし、切るだけと言っても、チリのように山に道を通し、機材による伐採と搬出は必要である。もちろんそれを実行するだけの組織も必要となる。

 組織は民間で行うにしてもリスクは小さくない。また、山に道を通すには行政の力を借りなければならない。すなわち、官民一体となって遂行しなければ実現不可能なのである。

 しかし、上述のスギの価格を見る限り、使用が保証されれば、それほど無理な話ではなさそうである。それよりも、木材を原料にしてガス化し、バイオディーゼルや航空燃料を製造する方が、新たなプラント建設を必要とするので、コスト的にはリスクが伴う。

 世界的に見ても政府(またはEU)の補助を得てプラントを立ち上げている。木材の取り扱いに慣れていることも必要である。

 木材のガス化には、ガスの洗浄のために多量の水が必要であり、排水処理もいる。このような設備を更地から作ったのでは莫大な費用となる。

 しかし、化学パルプ生産設備のある紙パルプ工場では、木材の搬入、製紙のための水利権、排水処理が全て備わっている。すなわちインフラは整っている。そこで、欧米では紙パルプ工場でのバイオ燃料生産に対する補助金への動きが盛んなのだ。

 下図のように、日本には年間約800万トン(世界第5位)の化学パルプを生産する工場が、ほぼ全国に点在する。

2
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

藤原 秀樹 Hideki Fujiwara

 

カーボンニュートラル資源研究所 代表

慶応義塾大学工学部卒・同大学院修了後、十條製紙(現・日本製紙)入社。

米国・ウェスタンミシガン大学留学。工学博士。

日本製紙・取締役・研究開発本部長、関係会社役員を歴任。

TAPPIフェロー(米国紙パルプ技術協会名誉会員)、TAPPI 塗工部門技術賞 (アジア初)

東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部・非常勤講師、タイ国アジア工科大学院・客員教授

米国紙パルプ技術協会・国際研究管理委員会 委員(副委員長)
マルクス・ヴァレンベリ賞(スウェーデン)選考委員会・アジア地区大使を経て、現在は選考委員会のシニアアドバイザー

エネルギー戦略

20世紀の社会を築き、支えてきた石油。しかし世界的な環境意識の高まりの中で、石油依存社会の限界が明らかになりつつある。石油はいまどうなっているのか。石油社会の次を築き、新世紀を切り開くイノベーションは何か。その最先端の姿をリポートする。

>>最新記事一覧へ