バイオ燃料で世界から取り残され始めた日本

2010年に大きく舵を切った欧米諸国

2013.10.03(木) 藤原 秀樹
    http://goo.gl/2ccPT0
  • 著者プロフィール&コラム概要

なぜかは分からないが、日本における再生可能エネルギーの議論から、すっぽり抜け落ちているものがある。それは、木材(木質原料)を利用したガス化によるバイオ燃料の開発である。

 設備的に大がかりになり、投資リスクもそれなりにあるが、グリーン(カーボンニュートラル)なディーゼルや航空燃料も生産可能になる。言い換えれば、木材を使って重油ができるのだ。

 ヨーロッパでは実証プラントが稼働しているし、一部は本格生産に移行しつつある。米国でもエネルギー省を中心に国家戦略として動きつつある。

 このままでは、欧米を中心とする流れに取り残される危惧がある。世界的なエネルギーの状況をいま一度見直しながら、日本におけるバイオエネルギー、ひいては国内材の戦略的利用を論じてみる。

 バイオエネルギーと言えば聞こえはよいが、その中身は多岐にわたる。例えば、ヨーロッパでは単に木材を燃やすか、燃やしやすいようにペレットにしたものもバイオエネルギーに含まれ、多額の補助金が与えられるらしい(英エコノミスト誌2013年4月6日号)。

 この補助金目的のバイオエネルギーはカーボンニュートラルという名の下に、ヨーロッパの再生可能エネルギーの約50%を占めるそうだ。昔の薪を燃やすのと何ら変わらない。

 何かしっくりこないが、しかし、木材をそれだけ伐採できる能力もあることを物語ってもいる。

 わが日本では、木材を使おうにも伐採するだけのインフラもなく人員もいないであろう。国土に占める森林面積が68%にも及び、先進国ではフィンランド、スウェーデンに次ぐにもかかわらずである。

 フィンランドでは木材が再生可能エネルギーの80%を占めるという(前出のエコノミスト誌による)。

バイオエタノールとバイオ燃料の違い 

 バイオエネルギーと言えば、トウモロコシを原料としたエタノールを思い浮かべる方も多いであろう。木質原料(木材・草など)を使う同様の方法もある。

 しかし、エタノールではバイオエネルギーの主力とはなり得ない。第1に、原料が食料と競合することが多い。第2には、エタノールはガソリンの代替にしかなり得ないのである。

1
スマートエネルギー情報局TOPに戻る
PR
PR
PR
バックナンバー一覧 »

POWERED BY

  • ソーシャルメディアの公式アカウントOPEN!
    TwitterFacebookページでも最新記事の情報などを配信していきます。「フォロー」・「いいね」をよろしくお願いします!
Twitter
RSS

藤原 秀樹 Hideki Fujiwara

 

カーボンニュートラル資源研究所 代表

慶応義塾大学工学部卒・同大学院修了後、十條製紙(現・日本製紙)入社。

米国・ウェスタンミシガン大学留学。工学博士。

日本製紙・取締役・研究開発本部長、関係会社役員を歴任。

TAPPIフェロー(米国紙パルプ技術協会名誉会員)、TAPPI 塗工部門技術賞 (アジア初)

東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部・非常勤講師、タイ国アジア工科大学院・客員教授

米国紙パルプ技術協会・国際研究管理委員会 委員(副委員長)
マルクス・ヴァレンベリ賞(スウェーデン)選考委員会・アジア地区大使を経て、現在は選考委員会のシニアアドバイザー

エネルギー戦略

20世紀の社会を築き、支えてきた石油。しかし世界的な環境意識の高まりの中で、石油依存社会の限界が明らかになりつつある。石油はいまどうなっているのか。石油社会の次を築き、新世紀を切り開くイノベーションは何か。その最先端の姿をリポートする。

>>最新記事一覧へ