Digital Experience! TOP>JBpress>マーケティング道場

タブレットは媒体と広告に創造的破壊をもたらす

従来の「メディア担当制」では通用しなくなる?

2013.01.09(水) 本間 充
    http://goo.gl/16hZG
1
nextpage

 マーケティング領域にとって2013年はどのような年になるのだろうか。今年もさまざまな環境変化があり、その変化はマーケッターにはチャンスとなるだろう。新しい挑戦ができること、それはチャンスだからである。

2013年、メディア間の境界破壊が始まる

 年末年始にタブレット端末を新たに手にした読者も多いのではないだろうか。ところで、このタブレットとは何をもたらすものか。PC並みのスクリーン、モバイル並みの運びやすさ。そして本も、音楽も、映像も楽しめる。

マイクロソフト、Windows 8 Pro搭載の「サーフェス」を米国で1月に発売

昨年11月29日、米マイクロソフトは「Windows 8 Pro」を搭載したタブレット端末「サーフェス」の新モデルを、米国で本年1月に発売すると発表した〔AFPBB News

 タブレットの出荷台数は、これら幅広いユーザーの支持を受けて急増している。「まもなくタブレットの出荷台数がノートPCを上回る まずは北米で今年10~12月期にも、米社の予測」という2012年11月27日の記事が示すように、タブレットはノートPCの出荷台数を超える勢いである。

 タブレット上のサービス提供者も、アプリや新たなサービスの競争を行っている。例えば、アマゾンがクラウドプレイヤーを提供したのは記憶に新しい。書籍販売大手のアマゾンが、満を持して音楽や映像サービスに本格参入したように思える(参照:「さっそく物議醸すアマゾンの新サービス 音楽をネットに保存する『クラウドドライブ』とは?」)。

 新たなデバイスの従来にない使われ方は、当然メディアにも影響する。タブレットで本も、音声も、映像も楽しめるということは、すなわち1つのスクリーンでテキスト、音声、映像を組み合わせて再生できるということであり、今までの紙媒体、ラジオ媒体、テレビ媒体といった境界を感じさせない。

 これまでもPC用のWebサイトでテキスト、音声、動画の配信はできていたが、新聞・雑誌メディアの電子化(スマートフォン、タブレット対応)により、紙媒体、ラジオ媒体、テレビ媒体の境界の破壊は加速すると思われる。

媒体ではなく、コンテンツから考える

 さて、皆さんは青春時代に音楽をどの媒体で聴いていただろうか。私はFMラジオでサウンドチェックし、ラジカセで気に入った曲を録音して繰り返し聴き、気に入ったらアナログレコードを買いに行った。大学に入るとCDデッキを購入し、CDを買い、CDをテープにコピーし、ポータブル・ミュージック・プレーヤーに入れて大学の行き帰りに聴いていた。

 10年ほど前にはMP3プレーヤーを買い、パソコンでCD音声をMP3に変換して会社の行き帰りに聴いていた。それが今では、スマートフォンのアプリ「TuneIn Radio」でネットワークを経由して、インターネット放送局から流れる音楽を会社の行き帰りに聴いている。

 最初にラジカセを買ってもらったのは小学6年のクリスマスだから、約30年間で音楽というコンテンツの媒体は、テープやアナログレコードからCD、MP3データ、ストリーミングされる音声データへと変わってきている。しかし音楽そのものは聴き続けているし、今後も聴き続けるだろう。

 そして音楽産業はこの媒体の変遷を乗り切り、今も産業として生き続けている。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

 

本間 充 Mitsuru Honma

 

1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター 企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。

社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアム メンバー

マーケティング道場

現在のマーケティングの課題、デジタルマーケティングの最新手法、マーケティング投資の考え方とは? 確実に顧客に届き、アクションを促す新しいマーケティングのあり方を探る。

>>最新記事一覧へ