ディスカウントスーパーマーケットのオーケーが東京都中央区銀座に「オーケー銀座店」をオープンした。出店場所は銀座西通りに面した商業施設「マロニエゲート銀座2」。今ではファーストリテイリングのグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」も入店しているが、周囲は高級ブランドショップなどが集まる高級ショッピングエリアだ。なぜ、ディスカウントスーパーマーケットがそうした立地に出店したのか。

シリーズ「日本を代表する2大コングロマーチャントの歴史に学ぶ」
【前編】コンビニのセブン&アイ、生活フルカバーのイオン、両者が違う道を歩んだ理由

【後編】セブン&アイとイオン、「五重苦の日本市場」で進める成長戦略はどこが違う?

シリーズ「なぜ、今、新フォーマット開発が必要なのか」
誕生するたびに企業が強くなる、ワークマンに業態開発の取り組みと成果を学ぶ
大創産業「スタンダードプロダクツ」に学ぶ、強みを生かした新業態の作り方

シリーズ「業界を代表するチェーンの強さの秘訣はどこにある」
売上高1兆円を突破、ウエルシアHDはなぜ業界1位の規模になれたのか
32年連続で増収、ベルクが「業界の優良堅実企業」であり続ける理由

シリーズ「絶好調企業の最新戦略をひも解く」
ディスカウントスーパーマーケットのオーケーはなぜ銀座に出店したのか(本稿)


<著者フォロー機能のご案内>
●無料会員に登録すれば、本記事の下部にある著者プロフィール欄から著者フォローできます。
●フォローした著者の記事は、マイページから簡単に確認できるようになります。
会員登録(無料)はこちらから

 オーケー(本社:神奈川県横浜市、二宮涼太郎社長)はディスカウントスーパーマーケットの代表的企業だ。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に142店舗(2023年3月期)を展開する。

 日本生産性本部(JCSI)が毎年実施する顧客満足度調査で、オーケーは2023年度まで13年連続でスーパーマーケット部門の1位を獲得。オーケーが継続して高い支持を得ていることが分かる(この調査はインターネット調査で、「顧客期待」「知覚品質」「知覚価値」「顧客満足」「推奨意向」「ロイヤルティ」の観点から評価。2023年度のスーパーマーケット部門では2位に業務スーパー、3位にイオンが選ばれている)。

 高い人気を博しているとはいえ、ディスカウントを掲げるスーパーマーケットが銀座という日本屈指の一等地に出店したのだ。テレビのニュースでは、オープン日に大量に並べられた299円のロースかつ重を買い求める顧客の姿が報じられた。しかし、これはオープン日だけの特売商品ではない。オーケーでは定番で品揃えし、いつもこの値段で販売しているのだ。

オーケーのEDLPの3つの特徴

 オーケーのディスカウントに対する執着ぶりは「高品質・Everyday Low Price」という企業方針に象徴される。

 この方針を実現するために、商品構成と価格政策に特徴を出す。

 商品構成では、毎週1回行われる商品会議では担当役員、担当バイヤーなどが集まり、バイヤーが新規導入を提案する商品を試食し、食品添加物使用の有無などをチェックする。オーケーでは使用を禁止する食品添加物を決めており、取引先メーカーにも周知。それがハム・ソーセージの発色剤不使用の商品中心の品揃えにつながっている。

 また、価格政策では「特売日」を設けず、EDLP(Everyday Low Price)の「毎日が特売日」という考えだ(毎週月曜日に「オーケー商品情報」というB4サイズのチラシを発行しており、新商品や値下げ商品を告知している)。