IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2019.01.18

CESで体験したカスタマーエクスペリエンスの近未来
IoT時代、<時間や空間の概念>が変わる

BY

 しかし、近未来、5Gの超高速・大容量というケイパビリティを活用して「時間や空間の概念」を超えることがいつでもどこでも可能になれば、「Humanability」を実現するお客さま体験創出と堂々と宣言できるだろう。

*2:ハンス・ベストベリは2018年8月、長年CEOを務めてきたローウェル・マクアダム氏(現ベライゾン非常勤会長)を引き継ぐ形でCEOに就任した。

サバイバルレースの中で行われる5G基地局インフラの整備

 実は、ベストベリが社運をかけ、全方位的に5Gに舵を切らなければいけないのには理由がある。

 ベストベリの前職は、スウェーデンの通信大手エリクソンのCEO。業績低落に歯止めをかけられなかったという理由で2016年7月に解任され、その後、ベライゾンに入社して最高技術責任者(CTO)を務めていた。

 かくいうベライゾン本体も、モバイル通信市場の同質化・成熟化が進む中で格安の競合他社に顧客を奪われており、約1200億ドル(約13兆円)近い債務を抱えているのが現状だ。

 競合に目を転じても、AT&TはディレクTVの買収(2015年)に続いてタイムワーナー買収を決め、モバイル通信領域以外のコンテンツ収益の確保に躍起であるし、日本のソフトバンクが噛んでいるTモバイルUSとスプリントの合併劇も進展中で、モバイル通信業界全体が生き残りをかけた戦いのさなかにある。

 そのような中で、経営的手腕には毀誉褒貶あるものの、デジタル技術に精通した印象の強い人物を経営トップに据えることで、5Gをブランドの差別化ドライバーとして位置付けるとともに、付加価値性の高い収益源に育成したいというベライゾンの戦略が透けて見える。

 もっとも、ベストベリの構想が「絵に描いた餅」にならないためには、ベライゾンにとって、早急な5Gの基地局インフラの整備と継続的な投資が急務であることは間違いない。

 実際にベストベリ自身や壇上に上がったパートナー企業のトップからは「プロジェクトの成果は来年発表します」「来年もこの場でお会いできることを楽しみにしています」というコメントが判で押したように繰り返された。

 CES 2019で、これまで曖昧模糊としていた5Gソリューションの輪郭は見えた。

 IoTが、BtoB・BtoCを問わず、お客さまに<時間や空間の概念を超えた>エクスペリエンスを日常的に提供できるようになるまでには、まだ1年以上の時間が必要なこと、そして、ひょっとすると民生技術よりも軍事技術で5Gの導入と活用のスピードの方が速いことを我々は頭の片隅に止めておいたほうが良いかもしれない。

 次回は、CES 2019における自動運転、AI/IoT、ドローン/8Kの動向について見ていくことにする。

続く

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?

東芝デジタルソリューションズの倉庫管理ソリューション、パスコのクラウド型動態管理システム「PLS」と連携

新ゲストモード搭載で進化! 学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」

エレコム、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載NAS全20製品を発表

しっぽ付きのクッション型セラピーロボット「Qoobo」【8/26体験展示】

スマホで簡単に作れるオーダーメイドインソール【8/26体験展示】

【これは】世界のメイカーズが注目するM5Stack本社に行ってきた!【勝てない】

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(番外編1)UNISONet 7つの特徴、今後と海外への展開は? ~ソナスインタビュー前編【ネット新技術】

話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線

USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」

アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」

遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち

ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ

トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート

仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】

中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑

なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか

IoT・AI技術にまつわるオープンイノベーション最前線を知る【8/26セッション観覧募集中】

本当に使えるビッグデータはどこにあるのか?-倶楽部情報局

IoT機器の見守り駆けつけサービス「IoT Saver」

ロシアNo.1キャリアのビッグデータ活用術「340万人の批判者を原因別に分類」

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

東芝デジタルソリューションズの倉庫管理ソリューション、パスコのクラウド型動態管理システム「PLS」と連携

新ゲストモード搭載で進化! 学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」

エレコム、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載NAS全20製品を発表

しっぽ付きのクッション型セラピーロボット「Qoobo」【8/26体験展示】

スマホで簡単に作れるオーダーメイドインソール【8/26体験展示】

【これは】世界のメイカーズが注目するM5Stack本社に行ってきた!【勝てない】

【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(番外編1)UNISONet 7つの特徴、今後と海外への展開は? ~ソナスインタビュー前編【ネット新技術】

話題の統一QR「JPQR」の実際をローンチ初日の和歌山で見てきた:モバイル決済最前線

USB充電にも対応の進化した学習型IoTアルコールガジェット「TISPY2」

アクセルラボ、不動産会社と入居者が使用できるプラットフォーム「SpaceCore」

遠隔地と“窓”で繋がる新しいビデオ通話のかたち

ビッグデータやAIを活用してドライバー不足などの問題解決 セイノーHDが長崎に拠点開設へ

トークイベントにフリマも開催!「Engadget 夏祭り」イベントレポート

仮想通貨やIoTに留まらないブロックチェーンの活用法【8/26セッション観覧募集中】

中小企業のクラウド活用を促進する日本商工会議所の思惑

なぜ「5G」がバブル気味の盛り上がりを見せるようになったのか

IoT・AI技術にまつわるオープンイノベーション最前線を知る【8/26セッション観覧募集中】

本当に使えるビッグデータはどこにあるのか?-倶楽部情報局

IoT機器の見守り駆けつけサービス「IoT Saver」

ロシアNo.1キャリアのビッグデータ活用術「340万人の批判者を原因別に分類」

IoTニュース

クラウド化やIoT化が進む日本市場にUbuntuを広げる--Canonical
ブラウザ経由でスマート家電など全IoTデバイスを制御・管理可能にするMozilla「WebThings Gateway」バージョン0.9が公開中
「日本はハッカーの試験場」、セキュリティベンチャーCEOに聞く日本特有の事情
自動で野菜を収穫するAIロボット「inaho」【8/26体験展示】
研修と考えて参加すべき“カフェ”という名の全く新しいスタイルのセキュリティセミナー
竹芝が"未来都市"に!ソフトバンクの次世代街づくり
IoT市場には「データエコシステム」の形成が必要 IDC調査結果
NEXCO中日本、オープンイノベーションで道路関連の課題を解決 交流会を新設
IoTセマンティクステストのためのオープンソースのテストウェア: Eclipse IoT-Testware
カーナビのアルパイン、イーサリアム活用のシステムログ管理基盤を発表 〜フリービットと共同開発。分散ストレージ用キー情報をブロックチェーンで連携
日本企業を「ノキアの二の舞」にしないためにできることは?
積極的な取り組みが相次ぐ「MaaS」で日本の移動は本当に変わるのか:佐野正弘のITトレンドウォッチ
IDC Japan、国内でIoT事業を手掛ける企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第20回)単三で20年の電池寿命、最大150kbpsのIoTアプリ向けネットワーク「Milli 5」【ネット新技術】
DHT、IoTシステムの保守や連携検証などを行える月額制のマネージドサービス
製造業におけるERP-MES-FA間の「垂直統合」、代替できない“あの業務”がカギとなる

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。