IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.11.14

「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由
IoT時代、<学習の動機と手法>が変わる

BY

コーセラ(Coursera)創立者、スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部教授のダフニー・コラー(Daphne Koller)氏(左)と、アンドリュー・ウ(Andrew Ng)氏(右)。(2012年7月撮影、写真:The New York Times/アフロ)

 2012年のTEDカンファレンス*1

 脳科学者・茂木健一郎が日本人として初めて登壇したことが話題になったこの年の世界的な講演イベントで、大きな爪痕を残したのがダフニー・コラー(Daphne Koller:以下コラー)である。

 コラーはスタンフォードのコンピューターサイエンス学部で「機械学習」を担当する気鋭の大学教授。プレゼンテーションのわずか2カ月ほど前、同僚のアンドリュー・ウ(Andrew Ng)准教授とともに、大規模オンライン講座「コーセラ(Coursera:以下コーセラ)」をリーン・スタートさせていた。

 最高水準の教育は、限られた場所で経済的に恵まれた学生にのみ特権的に与えられるのではなく、世界中の向学心の高い人々に対して(しかも無料で)解放されるべきである(“Universal access to the world’s best education”)、というのがコーセラの崇高な理念である。

 コラーはTEDのステージの高みから、世界中の高等教育に関わる大学、機関、その他ステークホルダー(スポンサー候補のIT系企業、VCなど出資者含む)に対して、コーセラの活動への参加と支援を熱く訴えたのである。

【参考】ダフニー・コラー「オンライン教育が教えてくれること」(https://www.ted.com/talks/daphne_koller_what_we_re_learning_from_online_education?language=ja


 現在、コーセラのようなタイプの大規模オンライン講座は「MOOC(ムーク、Massive Open Online Course:以下MOOC)」と呼ばれ、下の表のように「ユーダシティ(Udacity)」「エディックス(edx)」など運営母体になる大学や機関の違いで、いくつかのグローバルMOOCプラットフォームが存在する。

代表的なMOOCプラットフォーム。
拡大画像表示
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

PTC、DX支援を鮮明に--「LiveWorx 19」で見えた“製造業×AR”の未来
IoT市場は今後どうなる? 急速に立ちがるIoTセキュリティの「市場」と「懸念」
ソフトバンクと米VANTIQが資本・業務提携、リアルタイムなデータ処理を行えるIoTサービスを提供可能に
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表
レノボ、厳しい設置状況に対応したエッジサーバー「ThinkSystem SE350」
ニホンミツバチの養蜂IoTにsakura.ioを活用してみた
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第19回)メッシュ前提の転送方式「CTF」を採用した「UNISONet」【ネット新技術】
IoTとものづくり関係者によるビジネスの祭典、来場者募集
スマホ上でIoTデバイスの開発、「obniz PoCキット」+Styleで販売
Society 5.0で加速する「デジタルガバメント」、クラウドこそが成否の鍵だ
「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2019」の応募を受付中、8月20日まで
徐々に広がる産業用IoTとエッジコンピューティング
ドローンやウエアラブル、新時代のデバイス9種を「生かし切る」3つのポイント
IoTの最先端を行き、通信の民主化を果たす――、「SORACOM Discovery 2019」開催 新サービス/デバイスの発表も
「IoT」はなぜガジェットを面白くしていないのか(佐野正弘)

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。