「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由

IoT時代、<学習の動機と手法>が変わる

朝岡 崇史/2018.11.14

いいね ツイートする
コーセラ(Coursera)創立者、スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部教授のダフニー・コラー(Daphne Koller)氏(左)と、アンドリュー・ウ(Andrew Ng)氏(右)。(2012年7月撮影、写真:The New York Times/アフロ)

 2012年のTEDカンファレンス*1

 脳科学者・茂木健一郎が日本人として初めて登壇したことが話題になったこの年の世界的な講演イベントで、大きな爪痕を残したのがダフニー・コラー(Daphne Koller:以下コラー)である。

 コラーはスタンフォードのコンピューターサイエンス学部で「機械学習」を担当する気鋭の大学教授。プレゼンテーションのわずか2カ月ほど前、同僚のアンドリュー・ウ(Andrew Ng)准教授とともに、大規模オンライン講座「コーセラ(Coursera:以下コーセラ)」をリーン・スタートさせていた。

 最高水準の教育は、限られた場所で経済的に恵まれた学生にのみ特権的に与えられるのではなく、世界中の向学心の高い人々に対して(しかも無料で)解放されるべきである(“Universal access to the world’s best education”)、というのがコーセラの崇高な理念である。

 コラーはTEDのステージの高みから、世界中の高等教育に関わる大学、機関、その他ステークホルダー(スポンサー候補のIT系企業、VCなど出資者含む)に対して、コーセラの活動への参加と支援を熱く訴えたのである。

【参考】ダフニー・コラー「オンライン教育が教えてくれること」(https://www.ted.com/talks/daphne_koller_what_we_re_learning_from_online_education?language=ja


 現在、コーセラのようなタイプの大規模オンライン講座は「MOOC(ムーク、Massive Open Online Course:以下MOOC)」と呼ばれ、下の表のように「ユーダシティ(Udacity)」「エディックス(edx)」など運営母体になる大学や機関の違いで、いくつかのグローバルMOOCプラットフォームが存在する。

代表的なMOOCプラットフォーム。
拡大画像表示