IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.11.14

「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由
IoT時代、<学習の動機と手法>が変わる

BY

「マルチステージの人生」とは、自分らしさを追い求め、積極的にあるべきライフスタイルを模索し、生涯に2つもしくは3つ以上のキャリアを持つこととされる。

 これは、教育→仕事→引退、と誰もが同じような時間軸で人生を送っていた「3ステージの人生」と対照的な概念である。

 キャリアのロールモデルの例として、本の中で紹介されているのは、自らの志を探索する「エクスプローラー」、専門性を武器にフリーランサーとして活躍する「インディペンデント・プロデューサー」、多様な仕事や活動を組み合わせる「ポートフォリオ・ワーカー」の3タイプの生き方だ。

 そして、これらの生き方を組み合わせて「マルチステージの人生」を生きるための条件として、タイプの異なるキャリアの節目節目に、自分自身への投資と「リ・クリエーション(再創造)」の機会を増やすことが不可欠だ、とグラットンやスコットは言う。

 しかし、長い会社勤めが身に染み付いたミドルやシニア層の場合、言うは易く行うは難し、だろう。

 改めて次の就労に生かすための学び直し(いわゆる「リカレント教育」)のために、勤務外に社会人向けの大学院や専門コースに通ったり、ソーシャルの団体に入り込み自分にふさわしい居場所を探したりすることは、そう容易なことではない。

 強いモチベーションと持続エネルギーがなければ、到底、持続不可能だ。

 まず学び直しのための時間的な制約や金銭面の問題で出鼻をくじかれ、課題を先延ばしにしてしまう(つまり「迷える子羊」状態に陥る)に違いない。

 そのような場合、まさに「渡りに舟」となるのが、コーセラに代表されるMOOCの存在なのである。

*2:前者のグラットンは、前著『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>』(プレジデント社、2012年)出版以来、人材論・組織論の論客として日本でも注目されている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【CES Asia 2019】開幕。自動車技術の出展に日産やデンソーが初参加
マクニカ、IIoT×AIを活用したセンシングを提案
日立がIoTプラットフォームLumadaを使って2年で2兆円を目指す
ビジネスプロセス変革の最前線に「変貌するBPM」─iBPM、そしてケースマネジメントへ | IT Leaders
今さら聞けないIoTの裏の“裏”
Cognitive Servicesに3つの新サービス
5G今秋プレサービス開始のドコモが目指すMaaS…NTTドコモ執行役員IoTビジネス部長谷直樹氏[インタビュー]
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第14回)柔軟さと相互接続性を確保した工場向け通信規格「ISA100.11a」【ネット新技術】
シスコ、産業用IoTのセキュリティなど手がけるSentryoを買収へ
Interop Tokyo 2019出展製品から探る、IoT/エッジ、SD-WAN、LAN関連のトレンド
1週間分のクスリを管理。薬飲み忘れ防止IoTデバイス『Memo Box』
スマホ連携可のカメラ付きのチャイム、安価に安心を買えるけど設置がネック(すずまり)
電池寿命が約20%向上したIoT紛失防止デバイス
タクシーを活用したAI危険予測サービス、JapanTaxi × ottaが2019年度中に提供
App Service on Linuxに期限なく無料で使える「Free料金レベル」
IoTを生かすAIは「Actionable Insights(実用的なインサイト)」ではないか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。